Perfume 『Perfume WORLD TOUR 3rd』Blu-ray感想①

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

WT3rdジャケット

WORLD TOUR三部作の最後。
WT1st、2ndにあったメイキングの代わりに"世界ご当地ダイジェスト"が入ってます。

これがまた面白かったです^^

おおまかな内容は、LVで感想を書いたので割愛して、ここでは
あのときは気づかなかったことをちらほら・・・


●本編

・『Cling Cling』のかしゆか

LVでは『Cling Cling』そのものは印象に残っていましたが、
メンバーごとのインパクトはそれほどありませんでした。

が、

かしゆかがすごく良かった・・・(よく映ってたというのも一因でしょう^^)

かわいくて色っぽい。

自然に踊り子になっているといいましょうか。
最初の間奏とか、"月のように"の部分とかとか。
彼女の魅力とダンスがすごくはまっていました!

あれ、優しくてかわいい曲だなーとも初めて感じました。
今まではそういうイメージじゃなかったんですよ。
そういう意味で、『Cling Cling』の新たな見方も発見させてもらいました。

あ〜ちゃんの『待たせてごめんね』

これはLVでの感想にも書きましたが、一番心に刺さった言葉です。

Perfumeも海外のファンもずっと会いたかった。
でも、海外ライブは、思った以上に(特に、興行的な成功を前提とすると)大変・・・
それがPerfumeのWORLD TOURを通して感じたことでしょうか。

"会いたい"という気持ちだけでは、簡単にできないこと。

Perfumeの海外公演を成功させるために、日本のみならず海外も含めて
どれだけのスタッフが汗を流したかと思うと、熱いものがこみ上げてきます。

そして、あ〜ちゃんの言葉は
海外が苦手、というご本人の素直な一言なのでしょうが、同時に
海外公演に尽力した全ての方達
・・・Perfumeを是非ライブで見せてあげたい、会わせてあげたい、
そういう思いを持った人達の思いの丈のようにも感じます。

「やっと会えたね。」と画面を見つめて、涙腺崩壊です。

PerfumePerfumeらしかったこと

実は、WT2ndから連続でWT3rdを鑑賞しました。

3つのWORLD TOURそれぞれに代え様のない思い出ですが、
WORLD TOUR 3rd in N.Y.は一番いいWTライブだったと思います。

Perfumeが一番Perfumeらしかった。
ライブの緊張感もほころぶ笑顔も、三人らしいなと思えるものでした。
テンションも終始高かったですしね(笑)

・徳間ジャパンのこと

婉曲ながら言及されていた徳間ジャパンさん^^

改めて、徳間ジャパンからユニバーサルへの移籍と言う2012に立ち返り、
そういえばWT1stは2012年だったから移籍後すぐだったなー
そういえば『Cars2』で移籍を決意したなんて話しもあったなーと昔を思い出すのでした。

海外公演の話を遡れば『GAME』の頃には海外ファンからの要望があったそうですから
6年越しの話しでもあり、それはPerfumeのメジャー化と同時期ですから、
徳間ジャパンさんの存在なしではWORLD TOURは語れないなと思うのです。

あ〜ちゃん、ゆかちゃんの涙とED『Dream Land』

のっちが心の中で涙している隣で、涙を隠しきれないあ〜ちゃん、ゆかちゃん。
三人のやりきった感のある表情は、初武道館や初ドームに匹敵するんじゃ
なかろうか…。

そして、そこで流れる曲がどうしてこうして『Dream Land』なわけです。
全然、セットリストにも入っていなかったのに、ね^^

それはもちろん、この公演のあとでファンが歌った曲が
『Dream Land』だからなのでしょうが
これはWT1st、WT2ndの映像化ではしていなかったこと。

いいんですよ、この『Dream Land』がまた。

Perfumeは夢の国


その他些末なことですが、

・『ねぇ』がセットリストに入ったのは、WT2ndでアンコール3択で
 『GLITTER』と並んでお客さんの反応が良かったから、なのかな?

・エンドロールのスポンサーに、DELTA、Panasonic、そしてYKKが入っていてびっくり。
 YKK!! 単発的な契約かと思いきや、こんなところで支えていただいていたとは。


そして最後になりましたが、



  To the memory of Fumi Sassa
  You will always be in our hearts

      Team Perfume
                   」


Team Perfumeだけでなく、世界中のいちファン達もまた
佐々ふみさんを決して忘れることはないでしょう。


スポンサーサイト

Comment

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.08.26 05:54 | | # [edit]
minotti says..."> chiyoさん"
すっかりお返事が遅くなり、申し訳ありません!
いつも一見冷静で実は熱いコメントありがとうございます^^

佐々さんに捧げられた『Dream Land』。そういう面もありますね。

一緒に歩んできた大切な仲間ではありますが、公に語られることは少ない裏方でもあります。
(たぶんチームPerfumeの構成要員って、ある程度固定された方もいるものの
流動的なグラデーションではないかと思うので…。)
そのため、どう哀悼の意を示すか、むしろ公式には示さない可能性もあるかと思っていた私としては
あのエンドロールはかえって胸を打たれました。

ライヴを支えてくれた方を、ライヴ映像で送る。

内部では音響スタッフであること以上のつながりもあったと想像されますが、
あくまで公式では音響スタッフという姿勢を崩さなかったことにも
佐々さんへの最大限の敬意を感じました。

彼女がいてくれたから、WT3rdがあり、今のPerfumeがある。
改めてそう思わせてくれたように思います。
2015.09.06 19:35 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/637-20d91aef