Perfume WHITE SCREEN 2015.05.01

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


投稿したつもりが下書き状態でしたorz
Mv『Pick Me Up』について児玉監督のインタビューが公開されていたようです。

------------------------------------------------------------------------------------------------

誰か私を連れ出して!
児玉裕一監督によるPerfume最新MV「Pick Me Up」!
児玉裕一監督、VFXの格内俊輔、プロデューサーの加島貴彦のインタビュー!


http://white-screen.jp/?p=54074

児玉監督からのネタばらしです♪
以下、自分用のメモ。

●5年ぶり4回目のPerfume MV監督について
・児玉監督のPerfume MVは、4本とも撮影は同じスタッフ
 撮影は内田将二さん、美術は山村一智さん

●ストーリーMV作成の経緯
・伊勢丹のキャンペーンJAPAN NEW POWERで紹介しているデザイナーの服を
 MV内に登場させるという約束事はあった。
・洋服とPerfumeを魅せて欲しい、というのを言われていた。

・児玉監督が思うPerfumeの魅力の1つに“切ない”というキーワード
・“Perfumeが持つ、テクノロジー感と商品を結びつけるストーリーを考えた時に、
 物欲って引力みたいなものなんじゃないかって。
 実はそこに公式めいたものがある、科学的な何かが潜んでいるんじゃないかって仮定して、
 そういうことを表現したいなって思いました。 ”
・“このMVは、やっぱり全てPerfumeによって表現するべきですからね。全部Perfumeです!”

「全部Perfumeです!」だそうで^^
児玉監督は、被写体としてのPerfumeを見ているのでしょうか。
関監督とはまた違うPerfumeの魅力があるような気がします。

『Pick Me Up』MV
・自分がマネキンとして中にいて、そこに吸い寄せられるように
 運命的な出会いを果たす。
・他の洋服には一切目がいかなくなる。1対1の関係の世界
PMU_MV_cap_15.png
PMU_MV_cap_16.png
PMU_MV_cap_17.png
だから一人に一つの世界になっていたんですね。
PMU_MV_cap_21.png
のっちの奥に見える、本来ならかしゆかがいるはずのショーウィンドーに
誰もいない理由もここにあるようですね^^!

・洋服“Pick me up 私をここから連れ出して”
・暗いラビリンスをくぐり抜けてでも、運命の相手をお家に連れて帰るんだっていう心境

あの真っ暗な世界が描かれる理由がやっとわかりました。
こんな意図があったんですね~。

・ダンスをしている3役目のPerfume;買い物引力の磁場を司っている女神
PMU_MV_cap_13.png
なるほど、神!?
PMU_MV_cap_23.png
え、もしかしてのっちが重要な役割を任された理由って・・・噛みだから!?
もしかして、もしかしないか・・・^^;

その他、『Pick Me Up』の歌い分けについても書かれていました。
なんとなく予想?とあっていて嬉しい^^♪

その他、撮影裏話などもありまして読み応え十分でした!!


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/611-a3e2769b