スポンサーサイト

Posted by minotti on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume 『いじわるなハロー』の彼女

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


最近のPerfumeはニュースが次々降ってきて、受け止めるので手一杯でした。
ということで、今日は別なお話を^^



無性に聴きたくなる一曲、前回シングルのラスト『いじわるなハロー』

これを聴いていると、なぜか片思いの気分になります。
歌詞を追うと、付き合っている人いるじゃん?と合点がいかないのですが。

曲からはあんまり幸せなカオリがしないんですよね。
すごく切ない。

主人公のお姉さん。

ツンデレなのか小悪魔なのか分かりませんが、
相手を自分に惹き付けるのに結構頑張っている感じがします。

一見、主導権があるようだけれど、
本当はいい女になろうともがいているんじゃないでしょうか。
(そう思うと、間奏のカンフーシーンも分かる気がします。)

いじらしい・・・。

中田さんの描く"不器用な彼女"。
満たされない感じにぐっと引き込まれます。

踊るPerfumeはキラキラしてかわいいんですけどね^^


スポンサーサイト

Comment

おひさま says...""
こんにちは。お久しぶりです。
Perfumeはアイドルなんですが、女性性を表面に出すと、不思議と印象が冷たくなる特徴があります。
例えば、徳間時代のアルバムで一番寒色系なのがトライアングル。なぜかといえば、女性が主人公の歌詞の割合が高いんですよ。Take off,NIGHT FLIGHT,Kiss and Music,I still love U,などなど。これらが色合いを決めてしまっているんですね。

歌詞で言えば、Perfumeの王道は「僕とキミ」でして、中性的な立場で人の繋がりを歌うのが必殺技でした。
一応、「僕キミ作品群」という分類もありまして、歌詞の中で「僕」「キミ」の両方が使われたものは例外なくPerfumeの代表作になっています。
コンピューターシティ、エレクトロワールド、Twinkle Snow Powdery Snow、ポリリズム、Dream Fighter、VOICE、GLITTER、未来のミュージアム、Dream Land.....これが僕とキミの両方が使われた曲です。

こんな観点でもう一度歌詞カード読むのも面白いと思いますよ。長文失礼しました。
2015.04.14 21:04 | URL | #F4mscU5. [edit]
minotti says..."> おひさまさん"
お久しぶりです。コメントありがとうございます^^
とても興味深いお話です!!

私は『⊿』大好きなアルバムですが、"寒色系"に同感です。
昼じゃなくて夜。色ならシルバーやブルーグレー。とても冷たいイメージです。
Take off,NIGHT FLIGHT,Kiss and Music,それから個人的にはThe best thingも
夜のイメージです。(NIGHT FLIGHT,Kiss and Musicは明白ですが。)
Perfumeの女性性は、抑えたときに独特の雰囲気があるように思います。
アンドロイド感が引き立つとでもいいましょうか。

「僕キミ作品群」あ〜〜〜納得ですΣ(゚Д゚)!!!
架空の人物の心象をPerfumeが歌っている(と私が感じている)曲です。

中田さんは曲に音を載せて作詞しているのかもしれませんが、
彼自身のなかにPerfumeが歌うときのイメージがあるんだと思います。
きゃりーやこしこさんとはまた違うPerfumeらしさを感じています。

Perfumeの歌詞。ちょっと注目してみますね^^
2015.04.17 01:26 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/603-45ea9d18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。