Perfume WT3rd以来思うこと

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


突然ですが、私ディズニーリゾートに行ったことのない少数派でした。
今日までは。

ですが、
「男もすなる日記というものを女もしてみんとてするなり」

ということで、土佐日記ではございませんが
今日初めて皆が訪れるというディズニーシーに行ってきました^^♪

最初は慣れない空気にどぎまぎしていましたが、そこは流石の夢の国。
段々と楽しくなってきて久しぶりの遊園地を堪能しましたよ。

さてさて、Perfumeとディズニーと言えば記憶に新しいのが
こちらBIG BAND BEATとのコラボです。

NHK130814_red_2.png

この本物を(Perfumeはいません^^;)今日は鑑賞しました!!
プロの演奏。そしてダンス。ずっと舞台に釘付けでした。
歌も演奏もダンスもすばらしく、とても良かったです(*´∇`*)

キャラクターの作るディズニーの世界と
BIG BAND BEATの音楽が相俟って完成されていて、
初めてミッキー・ミニーらのキャラクターを良いなと思えました。

そして舞台を見ながら
Perfumeから感じるものと同じ部分と違う部分があるなと思いました。
(ディズニー見ながらこんなことを考えるってアレですが…)

同じだなと感じたのは、質や完成度といった部分。
長年積み重ねたところから生まれる上質さ、
小手先では決して対抗できないところ。

Perfumeの精緻で芸術的な面、
しっかりとした基礎があることを感じさせる表現…
私はいつもそれに魅了されてやまないということ。
そのことを改めて感じました。

その一方、Perfumeのライヴは
芸術を鑑賞するときの感覚とはまた違う部分もあります。

World Tour 3rdのLV鑑賞以来ずっと思っているのが、
Perfumeのライブは
"Perfumeというエネルギー溢れる存在との出会い"であるということです。

そこには、Perfumeでないといけない理由があり、
同じ表現ができる他の存在ではダメなのです。

そして、このことを考えるとき
Perfumeはアイドルなんだと改めて思うのです。

Perfumeとその表現は現実的には不可分です。
ひっくるめて"Perfume"ということになるのだと思います。

でも、BIG BAND BEATの素晴らしいエンターテインメントを
目の前にしながら、私はこの人達を追いかけることはしないだろうと
確信を持って感じました。

なかには人間性や魅力ある存在として賞賛される方々もいますが、
芸術家というのは本来、表現という作品そのもので評価されるものだと思います。

でも、私にとってPerfumeは、存在そのものにも価値がある。
決して表現だけに魅了されているのではありません。

今日はそんなことを考えながら、舞台を眺めたのでした。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/571-7092c559