スポンサーサイト

Posted by minotti on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume World Tour 3rd #03 LV@TOHO渋谷③

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


「P.T.A.」のコーナー

World TourでもP.T.A.のコーナーを外さなかったPerfume。
我々が思う以上に、Perfumeにとってこのコーナーは大切なもの
ということなのでしょうね^^

NYは寒いという話から、突然のあ〜ちゃん「Let it go」。
あ〜ちゃんは歌い上げる曲が似合います!
そして、2014年にアナ雪という万国共通ネタがあって良かった(笑)

あ〜ちゃんエルサ(お姉ちゃんだもんね。)、
かしゆかアナ(妹だもんね。)、
そしてのっちはと言うと・・・三本の指をぱたぱたさせて

の「オラフだよ」。

道化役のオラフも楽しんでくれるところ。
のっちのこういうところがかわいいですw

あ「(鼻にくっつけていた拳を指して)それなに?」
の「にんじん。」

完全にのっちのターンでしたね^^

その後は「ウルトラソウル」「はみがきできるかな」。
この定番ぶりに、私はPerfumeの本気を感じました。

その他、『チョコレイト・ディスコ』の声だし、
内外内内・外内外外、1握る321、の練習もありました。
『MY COLOR』の伏線ですね。

あ〜ちゃんの「括弧、括弧」にええ!!Σ(゚Д゚;)となりましたが、
ちゃんと伝わってましたね♪

M10 Party Maker

ぐるんぐるん以来のショートヴァージョンです。
リフトなしのフルはやっぱり長いのかなぁ・・・。
「Party Maker」好きとしてはフルがいいなぁ^^

ここで黒衣装を脱ぎ捨てます。
下からは打って変わって、ふわふわのペールグリーンの衣装。

この曲は自分の身体を動かすか、Perfumeを凝視するか
毎度悩みます。
だって、踊るPerfumeがかっこいいんですもの("▽"*) ♪

M11 GLITTER

レーザーも飛びますし、一応"かっこいい"曲の扱いでしょうか。
私にとっては"頑張ろう"と前向きにさせてくれる曲です。
「だって」「でもね」と、歌詞はぐだっとしているけれど^^;

海外ファンにはどう聴こえているのでしょうか。

強いきらめきを放つ笑顔と、美しい舞。
それだけで本当は十分なんですよね。

M12 チョコレイト・ディスコ

海外ファンのなかには、Perfumeのライブが初めてなら
「ディスコー!!!」のかけ声も初めての人
いらっしゃるでしょうね。

Perfumeとファンが一緒に楽しめる曲。
日本だけでなく、どこへ行っても
この曲の巻き込んで行く力は本当に強いです!

言葉も文化も関係なく、「ディスコ!!!」のかけ声で
盛り上がれるって、本当に素敵。

-MC-

あ「次が最後の曲です」

普段聞き慣れたこの言葉、
私たち以上に海外ファンには重みがあるんでしょうね…。

アンコールを含めない場合、
ぐるんぐるんツアー16曲、World Tour13曲。
いつか海外でも、もっと色んなライブができるようになったら良いな。

M13 ポリリズム

最後の曲はこれしかないです!
日本でも、アメリカでもPerfumeの背中を推してくれた曲。

「とても大事な キミの想いは無駄にならない 世界は廻る」

この歌詞も、Perfumeと一緒に歴史を重ねたんだなと
そんなことを思ってしまいました。

ポリループ明けの間奏、ライブの終幕を感じます。
このタイミングで、抑えきれない涙に気づくことが多いからかな。

EN01 FAKE IT

そして来ました、アンコール!
こちらもかなりお久しぶりのキラーチューンです。

ところで本ツアー、最近あまり見かけなくなった
アルバム「JPN」からの選曲が印象的でした。

『FAKE IT』は強めの曲調と、Perfumeの女性らしさの対比が
何とも言えません(*´∇`*)

テンション上がりますね!!!

EN02 MY COLOR

あ〜ちゃんの「せーのっ」で始まる最後の曲。
よく考えたらこれ徳間時代の曲なんですね(T T)

Perfumeにはかわいい曲もかっこいい曲もありますが、
最後をしめくくるのは"みんなで一緒にできる曲"であることが多く
Perfumeにとってライブとは何か、ファンとは何か、
それを表しているように思います。

*
*
*

最後のMC

あ「たくさん待たせてごめんね」 この一言に、
海外に行くことをためらっているように見えたあ〜ちゃん
海外ファンへの感謝の気持ちを感じ

ライブの間、終始喜びを隠しきれずに笑みをこぼし、
最後のMCで涙をこらえるかしゆかに
みんなでWorld Tourという大きな山を越えた喜びを感じ

そして、

いつもと変わらない(様に見える)のっち
舞台に立つ人としての誠意と矜持、
そんな彼女達の変わらないものを感じました。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/532-6b3b6d7e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。