Perfume シングル『Cling Cling』最近の感想 #1

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

ツアーに向けて、シングル『Cling Cling』聴き込んでいます♪

聴き込むといっても、ぼんやりしながら聴いているので
何かがビシビシ頭に入ってくるわけじゃありません^^;

でも、このぼんやり聴きのいいところがあります。

ぼんやり聴いていても、
必ず「おおお!」っと引き込まれるところがちゃんとあって、
まぁそれが大体同じところ。

Perfumeが好き過ぎて、ちょっと混乱気味の自分の趣向を
再確認できます^^

『Cling Cling』なら

・"I will cling to your chest"〜間奏部分
 特に後半、ちょっと緊張が高まるところ

・"見上げて何かをいう"の音にのっかる声の感じ

・同じく"優しくあたしを包むの"
 ここの分かりやすい進行も三人の声と相まってワクワクします

ですとか、

・イントロのインスト部分、オケ自体も好きですし、
 これに"Cling Cling"がのると重厚感!
 Cling Clingワールドの灯りのような、鈍くて重たい光を感じさせるところ

あげると限りがありませんが^^;
しかも細かい(. . )ゞ

『Cling Cling』については、
歌詞がナゾで変わった歌やなぁ〜という感覚はまだあります。

とはいえ、三人の声とオケの重なった感じが
今回の4曲のなかでは一番きれいです^^

また、インストを聴いていると『Cling Cling』
アジアンな楽曲というパッケージに収まっているものの、
ひねりのある楽しい曲という印象の方が強くなります。

軽快なサビ、ややしっとりしたイントロや間奏を聴くと
私は、夏祭りの夜を思い出しますよ。

夕暮れ時、浴衣姿の三人が神社のお祭りに迷い込む。

出店の明りに浮かぶ横顔の陰影にドキッとしたり、
子供みたいにはしゃぐ姿に目を細めたり・・・
で、繋ぐ裾をつんつんつんするわけですね♪

そんなPVでもしっくり来そうだな〜と思いながら聴いています。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/482-5ba14981