Perfume 「Cling Cling」MV(short ver.)を見て

Posted by minotti on   4 comments   0 trackback


「Cling Cling」!
だんだんハマってきました。MVにも曲にも♪
もうPerfumeの歌以外には聴こえません^^

ということで、MVの個人的なツボをピックアップ。

まずは導入部。
ClingCling_short_01.png
「Perfume」のロゴの自体と背景がかっこいい。
なんだかお洒落な海外写真集みたいです!

そしてアーケードをバックに「Cling Cling」の文字。
ClingCling_short_02.png
こちらもロゴと背景と組み合わせが絶妙です^^
何かが始まりそうな予感がぷんぷんしませんか?


そしてのっち登場!
ClingCling_short_03.png
何やら気怠そうにラーメンをかき混ぜています。
・・・一体、どういうシーン???
女戦士の休息。でも、食欲が無いの…といった感じでしょうか?
このアンニュイで気怠い雰囲気に、なんだか生々しい生活感を
感じてしまうのは私だけでしょうか?

お次はかしゆか。
ClingCling_short_04.png
灯籠?を回しながら、こちらも悩ましげです。
妖しげな灯りとかしゆかの変態丈が妙にマッチしています。
良い感じ^^

そして、あ〜ちゃん登場。
ClingCling_short_05.png
こちらも本を読みながら、ちょっと気怠い雰囲気。
あ〜ちゃんものっちに引き続き、食べ物担当でしょうか?
最初は、魔法の薬でも調合しているのかと思いましたが、
横に春巻きの皮らしきものがあるので
中の具の準備中なのかもしれません…。

というか、のっちとあ〜ちゃんは一体どういう設定なのでしょう?
食べ物と灯籠じゃあちょっと設定が違いすぎるような…^^;


そしてここからダンスシーン。
ClingCling_short_06.png
こういう振り付け、かわいらしくて良いですね〜。

ちなみに一番ツボにハマったのはこのダンス
ClingCling_short_07.png
「夢で踊りましょう」のところの動きです!
ここの部分の曲とダンスの調和が大好きです^^
何度も再生して見てしまいました(笑)

ちなみに、このあとの「つなぐ裾にも」の振り付けも
Perfumeらしく歌詞をベースにしていて、私のツボです!

「Cling Cling」なんだか良いわぁ・・・♪

と言う感じで、曲×ダンス×MVの合わせ技に心をくすぐられて
段々ノって来ましたよ〜(*´∇`*)

ちなみに朝の情報番組によれば、

(めざまし)
・コンセプト=オリエンタル
・艶やか 豪華 大胆 お茶目でかわいらしいパフォーマンス
・三人の設定は、暗くあやしい世界に住む歌姫

(ZIP)
・美術担当は、「思い出のマーニー」の美術監督である種田陽平さん。

だそうです。

"暗くあやしい世界に住む歌姫"。
これ、Perfumeのお人形のようなところに少し通じるような気がします。
夜のPerfumeですねぇ。


スポンサーサイト

Comment

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.07.06 09:00 | | # [edit]
minotti says..."> chiyoさん"
コメントありがとうございます♪

私も「もののけ姫」見ました!夏が来たな〜って感じです^^
あの背景きれいですよね。
ちなみに私、男鹿和雄さんの画集を持っています。
アニメ映画の背景って本当に大事です(><)

種田陽平さんは、この後ググってみたら
「借りぐらしのアリエッティ」の他に
私が見たことある作品には「花とアリス」「死国」がありました。
ちなみに「スワロウテイル」という映画もあるのですが、
(これはちゃんと見たことありません^^;)
確かそれは今回のMVのように退廃的な近未来アジアが
舞台だったように思います。

Perfume今までにない方向の力の入れ具合だなと思っています。
こういうのも好きです^^

> 7/27~9/15まで江戸東京博物館
> 「思い出のマーニー×種田陽平展」

東京にいてすみません。おいしい思いさせて貰ってます、ハイ(笑)
折角教えていただいたので、機会を作って足を運んでみようと
思います^^
2014.07.09 00:10 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.07.09 06:31 | | # [edit]
minotti says..."> chiyoさん"
追記ありがとうございます^^

ジブリ絵が欲しくなって、最初に買ったのが男鹿さんでした。
リアリティを追求した画とはまた違うと思うのですが
すごく瑞々しくてアニメの世界なのに
本当にスクリーンの先に描かれた風景が存在するような
気がしてしまうんです。

ポスターカラーと水彩だけでも
表現の限界ってないのかな、と思います。
2014.07.11 01:13 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/461-3f749b88