スポンサーサイト

Posted by minotti on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume 『アナと雪の女王』見ました!

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

「ありのままの」を聴いてみたくて行きました。
私が見たのは、”日本語吹き替え版”です^^

序盤の展開がちょっとあっさりしている感じたのですが、
劇的で華やかな音楽とディズニーの作風が合わさって、
終始楽しい魅力に溢れた映画でした♪

ディズニー映画はあまり見ない方にもおすすめです。

日本語吹き替えのキャスティングもすごく良かったです。
松さん、神田さんはもちろん
ピエール瀧さんも素晴らしかったです。
(エンドロールで配役を知ってびっくりしました。)

ところで、松さんの「ありのままの」。

"A"という開放的な音から始まるこの曲、
松さんの力強くストレートな歌い方と相まって
とても自然で聴きやすく

何より、役の心情に聴く者を引き込む歌だったと思います。
(私は女王エルサのような経験はありませんが、
 それでも彼女によって歌われる心の動きは
 身に覚えがある気がしてしまいます。)



聴く者を深く引き込む何か。

それはPerfumeの歌にもあるものです。

自分に覚えのある感情を呼び覚ます。
または、まだ感じたことの無い感覚を自分のなかに探す。

曲と言う外からの刺激を受けているのに、
自分のなかにあるものを掘り起こしている。

Perfumeの曲を聴いているとこういう感覚に襲われます。
それは外からは破ることが難しい厚い殻を、
内側から叩かれているようなものかもしれません。



"ストレートで力強い歌"
"感情や抑揚を極力排した歌"

これらは全く異なるものですが、
「この音楽で何が伝わるのか?」
そこに真っ直ぐ踏み込む人達が見据えているのは

「伝えたい」よりも「引き出したい」なのではないかと

ふと思ったのです。



アナ雪から強引にPerfumeに繋げたわけですが^^;
能書きはさて置いて、

あまり深く考えず映像と音楽を感じてもらいたい映画です。

そういえば、今週のTV Bros.でも話題になっていましたよ^^

まだの方は是非楽しんできてください(´▽`)/


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/442-e1de89fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。