女子フィギュアのこと #1

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

女子フィギュアに熱心だった時期がありました。
浅田選手を応援していたのですが、
不調が続く姿を見ていられなくて
一時期からちょっと距離を置いていました。
ニュースのチェックをする程度に抑えて。

昨日の朝、出勤前にテレビをつけたら
女子フィギュアの速報をやっていました。
いつもだったら帰宅して心を落ち着けてから見るのですが、
なぜ昨日は「今、見よう」と思ったんですよね。

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番第1楽章
重苦しい空気を切り開くように滑り出した真央ちゃん。

私が見たのはダイジェストでしたが、
全てを出し切るように懸命に滑る彼女の姿に
かつて自分がなぜ浅田選手を応援したいと思ったのか
その答えを教えて貰いました。


6種類、8回の3回転ジャンプ。
誰もができる構成ではなく
もちろん浅田選手にとっても難しいプログラム。

でも、どんなに高い目標でも、
自分にしかできない技で結果を残したい。

そんな姿勢に心を動かされて応援していたんですよね・・・。


3ループからのステップ
ラストに向けての生き生きとしたスケートは
キレがあってしなやかで、本当に力強くて美しかったです。
有無を言わせぬ圧倒的な演技でした。

これがずっと見たかった浅田選手自身の望む構成。
その挑戦と実現を見ることが出来て本当に良かったです。


そう、最後のオリンピックであり、集大成と言われていますが
個人的にはこれからも活躍する姿を見たいところです。

でも今はゆっくりして欲しいかな。

心からありがとう、真央ちゃん。


ところで、浅田選手もキム選手もまだ23歳!
この年齢でああいう風にメディアに煽られたり
あーだこーだと騒がれて・・・いやいや
もうちょっと他の見方や報道の仕方があるんじゃないか?
と毎度思ってしまいます。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/387-ff0e6333