スポンサーサイト

Posted by minotti on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume 東京ドームについて。振付師の竹中夏海先生の記事

Posted by minotti on   4 comments   0 trackback


竹中夏海 先生。

ご存知の方も多いと思うのですが、アイドルの振り付けをされている方です。

埼玉県出身の振付師・女優。
PASSPO☆・アップアップガールズ(仮)の振付を担当している。
(Wikipediaより)

よくブログでPerfumeについて言及されているようなのですが、
東京ドームの記事があったので転載します。
Twitterでも流れているみたいなので既出かもしれませんが^^;


まずはクリスマスのPerfume@東京ドーム

仕事おわりに駆け込んだのですが
本当に観れて良かった。


あ~ちゃんがいつにも増して絶好調ハイテンションだったり(頭の回転キレッキレ)

ゆかちゃんのサンタさん衣装でフードかぶるゆかちゃんちゅっちゅだったり

のっちのダンスはドームの距離でも最高なのが肉眼で確認できたり

そもそも東京ドームが今回、全然、もう全然、大きく見えなかったりと

感激しっぱなしのステージだったけど


たぶん10年後も20年後も思い出すであろうことはふたつ。


『Clockwork』の振付と、アンコール。



『Clockwork』は、タイトルの通り
ぜんまい仕掛けとか歯車とか振り子とか
終始時計モチーフの歌詞が散りばめられていて、振付もその詞を動きで表現しているわけなんですが

もうそのひとつひとつの動きがね。

情報量がね。

凄まじくてね。


私も秒針の進む振りは好きでよく入れるのですが、


なんかもう

あぁ、まだこの表現が残ってたか
これもあったか、あぁこれもか
これはこう出来たんだな

って目から鱗がボットボトボットボト落ちるんです。

Perfumeの振付はいつもそうで

私は見れば見るほど自信喪失して死にたくなります。

もう才能の質とか量の違いに愕然とさせられます。


でも同時に、その感覚を忘れるのも怖くて

だからPerfumeには、ずっと自信喪失させてほしい。自信をなくしてぼろぼろになって立ち上がれなくなるような気持ちに、ずっとさせてほしい。
Perfumeというチームの前では私、もうマゾの塊でいいんだ~ えへへ~




そしてアンコール。

アンコールと言いながら、これはアンコールではなく、エンディングでした。


こんな綺麗なエンディング、見たことない。



歌ったのはたった一曲、『Dream Land』のみ。


それはもう、エンディングというより
まるでオープニングの演出なんです。

風が吹く中で浮かび上がった3人の白い衣装が揺らめいていて。


そして最初に出てきた、繭玉のような白いドームの中に3人が戻っていき、そこが閉じて。


最後の最後に『SEE YOU NEXT LIVE』と映し出されて
お客さんはみんな察してドームを後にしていました。

あの規模で、「え~まだ出てきてよ~」とばかりにWアンコールを要求するひとが1人もいないんですよ。東京ドームで。

Perfumeファンの察しの良さも半端じゃない…!



本当に起承転結のある美しいLIVEだった…



アイドルのコンサートで定番の、
何度も何度も出てきてくれて「ありがとう!ありがとう~!またね~!」
っていうアンコールは、嬉しいけど、正直、

もういいよ、休んでくれよ、何度も出させてごめんよ

という気持ちで心も痛かったので
この演出は余計に痺れた。



以上、Perfumeの部分を抜粋しています。
本文およびその他のライブの感想はこちらです。

↓↓↓↓↓

http://ameblo.jp/takenakanaketa/day-20140127.html



という記事を拝読しまして、何度も頷きました^^

嬉しいですね、自分が応援している人達が
こういう風に取り上げてもらえるのって。

それから

Perfumeは、その道を生業とする人、そして私のような全くの素人
どちらの感性も揺さぶることができる。

正道ってこういうことなのかな。

なんて思ったのです。


スポンサーサイト

Comment

セラミックおじさん says..."正道…"
流石、京都のはんなり美人のminottiさんです

仏教用語の正道という言葉が、そっと書き添えられています

正道とは「正しい道理。正しい道。また、正しい行為。」を意味しています。

これは理屈や理論や技術で感じるものではなく、素直な「こころ」で観ることができるものです

合掌
2014.01.29 10:35 | URL | #- [edit]
minotti says..."> セラミックおじさん"
コメントありがとうございます^^

> 仏教用語の正道という言葉が、そっと書き添えられています

流石、北のお父さん!仏教用語なのは知りませんでした。

> 正道とは「正しい道理。正しい道。また、正しい行為。」を意味しています。

ちゃんと創られた物が、ちゃんと評価される。
この現象がPerfumeなのだと思います。

> これは理屈や理論や技術で感じるものではなく、素直な「こころ」で観ることができるものです

素直なこころ・・・はっとさせられますね。
Perfumeにうるうるしているときは、素直になれていると思います。
だって、あんな美しいものを見せられたら。ねぇ。

では、私からも(- 人 -)。
2014.01.30 22:09 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.01.30 22:48 | | # [edit]
minotti says..."> chiyoさん"
いつもコメントありがとうございます♪

私も他の方の仕事に「負けた」と感じること多々あります。
ほんと超々未熟者です(;^^A

竹中先生もPerfumeも、負けたことを糧に変えられる人は
自分たちのやっていることや置かれた環境に
感謝や愛情があるような気がします。
自分が腐っていたら、周りに申し訳ない。自分も嫌だし。
そういう捉え方なのかな、と。

すみません。
先輩に対して、私のような若輩者がこんなことを書いてしまって(><)

のっち最強のダンサーや不自然なガールPVの感想などなど
竹中先生もPerfumeが大好きなんですよね。
結構ベタ褒めの記事もあります。
感じることに素直でありたい方なんでしょうね、きっと。
2014.01.31 22:03 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/370-3fe7b1b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。