Perfume 『情熱大陸』真鍋大度さん。

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

この方も本当すごいですね・・・。
Perfumeってまだ見たことのない可能性の集合体だと
思うのですが、その一つが真鍋さんです。

いわゆる技術屋的な側面を強く感じていましたが、
真鍋さんご自身が一人のアーティストでもあることを
今回の番組で再認識しました。(もしくは"マエストロ"。)

「もともとそんなに価値がないものに価値をつけるみたいな
 こととか結構好きで」

これに中田さんの発言を思い出しました。
MIKIKO先生や関監督も含めて
Perfumeをとりまくマエストロには
奇抜とはまたちょっと違う独特の切り口があって、
すでによく知っていると思い込んでいたものに
新しい美しさを発見させてくれます。

どこか懐かしいのに見たことがない世界。
そして美しい。



焼き鳥職人をプログラミングされたロボットアームと
鶏にかぶりつく真鍋さんが単純に面白かったです。
なんだこれは!?・・・しかも炭火焼よ、おいしそう。
ふむふむ、夜食は巻寿司なんですね。



東京都現代美術館に出典された作品
リアルタイムで変動する株式指数、美しかったですね。
宇宙のような生き物のような(微生物っぽいなぁ…なんて)
ぼーっと眺めていたい。

「難しいのは自分たちでもどういう絵がでるのか
 分からないとこですよね」

素人なのでこの発言の意味するところは全然分かりませんが、
手探りのところから作品が出来上がる過程が
真鍋さんが面白いと感じる部分なのかな、と思いました。



口笛が『Party Maker』だったり、
作業BGMが「LEVEL3」からの選曲だったりと
Perfumeファンとしてはうふふ((^^ 
な小ネタもあって有難かったです。
あとはシャカシャカ着てらっしゃいましたね。
流石、筋金入りのPerfumeファン!



真鍋さんがいてくれるから、Perfumeの新しい可能性を見ることが出来た。
そして、Perfumeがいてくれるから真鍋さんの作品にも
興味を持つことが出来た。

こうやって可能性が広がっていく光景を目撃できるって
本当にすばらしいことだなと思います。



ところで、あの作品はこちらで見ることができるのでしょうか?
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/148/1



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/302-6706546c