スポンサーサイト

Posted by minotti on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume ロキノン2013 VOL.427 #3

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

のっち

のっちのっち
三つ子の魂はずっと彩乃ちゃんなんだろうね。

ロキノンのインタビュー、御三方の中で個人的には
一番共感できるところが多いです。
(ずっと勘違いは自分にはないけど^^;幸せなやっちゃ。)

Perfumeを大きく包んでるような視点であったりとか、
あ〜かしにはない大らかさがのっちらしい。
素直だし、柔軟なんでしょうね。きっと。
そういうところが子供のっちと言われる所以なのかなと思います。

上京までは”順風満帆”だったのか・・・
”もっと勘違いのやつです。私は行けるみたいな”
チョコスナックパンかじりながら「うん、入る入る」って言ってそう。
これがのっちじゃなかったら、もうちょっとシリアスで
忘れられない出会いの物語があったのかもしれません。
でも、このラフさがね、Perfumeらしいなとも思っちゃうんです。

スタンスは違えど、のっちに限らず三人とも
Perfumeに対して献身的であり健気だなといつも思います。

あ〜ちゃんはPerfumeに何が求められているか、
かしゆかはPerfumeに自分がどう役立つか、
のっちはあ〜かしをどう支えていけるか。

のっちの視点はPerfumeのメンバー
あ〜ちゃんとかしゆかに向けられていて

"私しか持っていないところで支えられたらいいですけどね"
"共有したいし、『幸せでいてほしい!』みたいな"

そういうところに、のっちのいじらしさを感じます。

あ〜ちゃんとかしゆか大好きだし、
自分自身にももちろん愛があるし、
そういうありのままを大事にできる人がのっちだと思っています。

懐が大きい。

あ〜ちゃんとかしゆかを大事そうに見つめるのっちは
本当に優しい表情をするのですが、そんなところに
子供の彩乃ちゃんが一身に受けてきた
大きな人達からの愛のまなざしを感じてしまうのです。

というわけで、これからも二人をよろしくね。
のっち。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/296-d054841f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。