Perfume スティーブさんってどなた?

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


先日のLOCKSで驚いた。
アルバムの製作に関わっていたユニバのアメリカ人、
スティーブさん。

・見た目は超日本人
・マインドは外国人
・母国はアメリカ

たこ焼きとお惣菜を差し入れ・・・いいな。
Perfumeのお腹のことを考えてチョイスした感じがいいな。

Perfumeの音楽は、中田ヤスタカ×Perfumeという
イメージがとても強くて
彼ら以外の制作スタッフがあまり想像できないのですが、
こうやってお名前や作品との関係を聞くと
その存在の重要性を感じます。

『 Spending all my time 』出て来た時、ビックリしたもんね。
『 あ~、スティーブ、やっちまったな。オーダー間違ったな。 』
って、みんなが思ったよね。


今では、Perfumeと世界を繋ぐ曲といった意味合いを
持つようになりましたが、
登場したときは多くの波紋を呼んだよね・・・。
自分たちの曲に強く戸惑うPerfumeを少し心配したのも
今となっては思い出です^^

ユニバが彼を起用したのは意図があったのかな。
いきなりの全編英語詩。結構な博打と私なら思うけれど、
スティーブは確信していたのかも。

海外でも受け入れられやすい曲を。
ノリやすい曲を。
ストレートに英語でもいいんじゃない。
だってその方が伝わりやすいから!

そんな感じだったのかな?安直な想像ですが^^;
でも、こういうPerfumeにはない直球が
新しい風を運んできて実を結んだ。
"日本語を歌わないとPerfumeじゃない。"
そんな枷を外した曲。
(日本語もちょびっと入ってるわけですが。)

ありがとう、スティーブさん。
そんでもってアメリカ支部(?)をよろしくお願い致します。
こりゃ環太平洋ツアー(!!!)もあるかな〜♪


スポンサーサイト

Comment

セラミックおじさん says..."スティーブはアメリカで何をするのか!?"
アメリカに帰ったということですが… アメリカに何をするために帰ったか?が気になりますね(^_^)

アルバム制作で「ふりかえるといるよ」状態だったということなので、ひとつの仕事を終えたと考えるよりも

その制作したアルバムをどうするのか?のために帰ったのではないでしょうか

もしかしたら… グラミー賞あるかも(^_^)
2013.10.20 16:04 | URL | #- [edit]
minotti says..."> セラミックおじさん"
コメントありがとうございます^^

> アメリカに帰ったということですが… アメリカに何をするために帰ったか?が気になりますね(^_^)

ただ帰っただけでは無さそうですね。
きっとアメリカでのプロモーションに関わっているのでしょうね。
流石は世界企業です(@ @;)

> アルバム制作で「ふりかえるといるよ」状態だったということなので、ひとつの仕事を終えたと考えるよりも
> その制作したアルバムをどうするのか?のために帰ったのではないでしょうか

あ〜ちゃんの最近の発言から、
海外進出最大の砦(と勝手に想像する)アメリカに
ついに挑むときがきたと思っちゃいますよね^^
堅実なPerfumeらしく、盤石の布陣でじわじわ行くのでしょうか!?
行け行け、スティーブ!!!(> <)

> もしかしたら… グラミー賞あるかも(^_^)

アメリカでライブして、またまた内輪を増やしてくれたら
私なんかはそれで十分と思ってしまいますが。
でも、受賞できたら・・・Perfumeがそういう風に
世界的な記録で人々に認められたら・・・
きっと最高でしょうね。
2013.10.20 21:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/290-e570a5a7