Perfume まだまだ終わらない『LEVEL3』


だってつい聴いちゃうんだもんね。
懲りずに書く。
変貌していく感想も残しておきたい。



中盤を埋めるオリジナル曲の薄暗い感じが好き。
中田さんの作るしみじみとした曲、
キャッチーなメロディよりも音と展開が印象に残る曲、
そういうのが充実しているせいかな…
妙に色っぽい。

あ〜ちゃんのちょっと翳りのある表情とか
のっちの『1mm』PVのあの横顔の成熟した感じとか
かしゆかの投げかける意志の強い瞳の光とか
そういうのをイチイチ思い出しました。

私が中田さんの曲から感じる特徴に"切なさ"があります。
切なさにも色んな味があると思うのですが、
「LEVEL3」の切なさは、
若者的な手の届かない感じではなくて
欲しいものを手に入れたのに完璧には満たされない感じ。
よくも悪くも、何かを“知ってしまった”切なさです。

たぶんそれは大人の味だと思うんですよね。

ただ、「LEVEL3」はそれを嘆かない。
そのちょっと苦い涙も愛してるし、
二度と戻らないものがあるから、未来も真っ正面から見据えられる。

大人になったPerfumeが見つめる道。
お花畑じゃない、茨の生い茂る道なき道。

それでもPerfumeは進んでいけると思うのよ。
そういう決意も感じたりしたのよ。


スポンサーサイト

2 Comments

There are no comments yet.

セラミックおじさん  

そうですね!

さすが!はんなり京美人らしい感想ですね

そういう視点で見ると(聴くと)、解釈の幅がどーーん!と広がりました

私はLEVEL3をコンセプトアルバムと勝手に解釈しています

そして、勝手に思い描いているテーマがminottiさんの解釈で確信に変わりました(^_^)

2013/10/04 (Fri) 07:36 | EDIT | REPLY |   

minotti  

> セラミックおじさん

コメントありがとうございます^^

> さすが!はんなり京美人らしい感想ですね

あらやだ、お恥ずかしい(^^*) ♪

> そういう視点で見ると(聴くと)、解釈の幅がどーーん!と広がりました

色んな人のレビューを読むのは楽しいですよね〜
今回のアルバムは衝撃的な作品なだけに
賛否両論どちらも楽しく読んで回っています。

> 私はLEVEL3をコンセプトアルバムと勝手に解釈しています

それは間違いないと思います^^
そのコンセプトが本当に気になりますが、
自分たちで広げてみんちゃいと言われている気がしてなりません。

> そして、勝手に思い描いているテーマがminottiさんの解釈で確信に変わりました(^_^)

それは昨日今日とブログで書かれている
Perfumeの隣で企んでいる中田さんの妄想記事に関連しますか^^?
セラミックおじさんのなかに広がる「LEVEL3」の世界も読んでみたいです。

2013/10/04 (Fri) 22:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment