Perfume 夏の恋はイメージ


都会の熱気から逃げるように、電車に飛び乗った。
ここ数日の仕事の疲れだろう。瞼の重みに耐えられず、
心地よい揺れに誘われるがまま眠りについた。

車窓からの光が明るい緑に変わるのを感じて目を覚ますと
車両には私一人だった。
どこかの無人駅で停車しているらしい。
窓の外には、青い山脈と波打つ稲がどこまでも広がっている。

ふと足音がして振り返ると、若い女性が一人乗ってきた。
袖口から伸びた白い腕、つやつやとした黒い髪と美しい耳。
こちらに一瞬視線を向けた彼女と目が合った。

「あ、○○。」
私は思わず彼女の名前を呼んだ。
でも、そんなはずはない。
だって彼女は、

あの夏、幻のように始まり終わった恋の記憶だから。



『微かなカオリ』PVは宮崎駿監督の作品によく見られる
願望的なノスタルジーを感じます。

避暑地、淡い思い出のなかの彼女。
このPVの三人はまさにそんな感じ。特にのっち。

私には、別荘も避暑地も縁がないんだけども
ましてや一夏の恋なんて…ねぇ。^^;
ということでただの想像です。

関さんは長野のご出身らしいです。


スポンサーサイト

2 Comments

There are no comments yet.

あ〜クリオネ  

こんにちは

一夏の恋ですか。そう考えながら久しぶりにこのMVを見ると、実に清々しいものを感じますね( ´ ▽ ` )ノ

白い衣装で清潔感溢れる三人の姿には心洗われます。

冒頭の物語はminottiさんの実体験ではないのですか?
乗って来た女性の方かと思いましたが(^^)

今からでも一夏の恋したいな〜
ダメですか? ダメですよね(笑)

2013/08/14 (Wed) 10:28 | EDIT | REPLY |   

minotti  

> あ~クリオネさん

コメントありがとうございます!

> 一夏の恋ですか。そう考えながら久しぶりにこのMVを見ると、実に清々しいものを感じますね( ´ ▽ ` )ノ

はい、清々しいです。でも直球すぎてちょっと照れます(*´∇`*)
これは関さんの願望かなと思って見ています^^

> 白い衣装で清潔感溢れる三人の姿には心洗われます。

サイバーも似合いますが、清楚もいいですよね。
今時、あんなに白衣装が似合う20代は貴重です!

> 冒頭の物語はminottiさんの実体験ではないのですか?
> 乗って来た女性の方かと思いましたが(^^)

こんな映画みたいな経験はないですよ(笑)
だから憧れています。

> 今からでも一夏の恋したいな〜
> ダメですか? ダメですよね(笑)

あ〜ちゃんに「ばかちんが!」と言われそうですね^^;
もしかして、それを想像して頬がゆるみましたか?
たぶんそれは恋ですよ!
すいません、今更でしたね・・・(´▽`)

2013/08/15 (Thu) 00:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment