スポンサーサイト

Posted by minotti on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume WT 2nd @London #5

Posted by minotti on   8 comments   0 trackback

汗だくになったあ〜ちゃん、のっち、かしゆかが
笑顔で舞台から去っていく。
そして、終礼の鐘のように、
無情にも『Spending all my time』が流れる。

ここで多くのお客さんはぞろぞろと幸福感を抱えながら
ライブ会場を後にしようとしていた。
そんななか、ステージの前に、帰るに帰れない人たちがいた。

Perfumeへのお礼の歌を企画されていた方々。
海外ツアーの恒例となったお礼の合唱をしたいのだけれど、
予定外のBGMとそれに促されるように帰っていくお客さんに
困惑している様子(´・_・`)

個人的には、恒例の合唱は素敵なプレゼントだと思うけれど、
それが必須事項になることには抵抗があるのです。
お礼のカタチは、自然な流れの中で存在していて欲しい^^
だから、もしロンドンで"合唱"がなかったとしても
それも良いんじゃないかなと思ってました。

それと同時に、『The best thing』の歌詞が載った
手作りの(気合いの入った!)びらを配っていた彼の気持ちを考えると
『Spending all my time』が一瞬でも止まればいいのに
とも思いました。

一緒に聴いていたKさんに
「ことの顛末を見届けたいので、もう少しいたいです。」
とお願いして、二人でPA横からその光景を見ていました。
ちょっとはらはらしながら。

戸惑いのなか、でももう待てないとでも言うように
ふわふわじゃないかしゆかパートが始まる。

言葉じゃ うまくいえないの
ぬくもりだって足りないの


彼らは本当に頑張ったと思う。
ずっと違う曲が流れる中、感謝の気持ちを伝えたい一心で
あの至極やりづらい空気に立ち向かったんだから。

あ「ありがとう〜」

その声が聞こえたとき、ほっとしたのがこちらにも伝わってきました。
届けられて良かったね。。。




終演直後
Perfume_WT2nd_03.jpg

外は、名残惜しくて帰れない人たちがうようよ。

日本人のかわいいお嬢さんに、シャッターを押して欲しいと頼まれて
彼女と海外おじさんファンの2ショットを撮る。
ついでにこちらもお願いして、ずっと一緒にいてくれたKさんと
海外おじさんファンの方と3人の写真を取って貰う。

海外おじさんファンさんに、写真に入ってもらうよう頼んだときの
一言「イインデスカ?」がなんだか嬉しかった。

それからKさんともお分かれして、
後ろ髪を強く引かれる思いで帰路につく。



再び、"Shepherd's Bush Market"駅。
まだまだ会場に残っている人の方が多かったので
駅にいたのは、親に「早く帰ってきなさいよ!」と言われたような
中学生のPerfumeファン。

ぼーっとしながら彼らの会話に耳を傾ける。

男の子3人、女の子1人の4人組。
非公式グッズであろうアー写入りのカードを首から下げて
今日のライブについて思い思いの感想を話している。
ちょいちょい聞こえてくるメンバーの名前。
Aa-chan!」「Nocchi!」「Kashiyuka!
(かしゆかは、"yu"にアクセント)
は彼らの憧れであり、ミューズなのかもしれない。

それにしても異国の中学生を虜にするとは、Perfumeやるな〜
なんて他人のふりして会話を聞いてたら

あいうえお かきくけこ さしすせそ
そして、「ねぇ、ねぇ ねぇ、ねぇ♪

あんたら五十音、どこで習ったのよ!?
日本語の声だしをしてから、Perfumeの歌を歌ったんです(T T)
愛されるってこういうことなんですね。



昨日書かなかったMCの話。
(この中間のMCが、最後のMCだったのかどうも思い出せない。)

あ〜ちゃんが英語で訴えたこと、
理解しようとしてくれることが、本当に嬉しいんだということ。
私達は、同じ音楽を聴いて一つになれるということ。
そして、"Please keep loving Perfume."

初めての光景だった。

あ〜ちゃんの「Perfumeを好きでいてください」に
手で作ったハートマークが次々に挙げられる。
初めて見たの、ハートマークがあがるPerfumeライブを。
お客さんの笑顔とあのハートマークは、
きっとPerfumeにとっても一生思い出に残る光景だと思います。

言葉じゃうまくいえないから。
いえいえ、言葉はもうなくても良かったから。
"ちゃんと伝わってるよ"



それは、4人組を見ても明らかなことでした。

ちなみに彼らと彼女は電車に乗ってからも
アー写を穴が空くほど眺めたり、嘆息を漏らしてみたり、
買ったばかりの赤Tを袋から出してみたり、
Perfumeを初めて見た夜をいつまでも味わっておりました。

余談ですが、一足先に電車を降りる彼女と
男子3人がそれぞれに固いハグを交わす姿が
なんとも微笑ましかったです。
Perfumeがミューズなら、彼女はマドンナ^^



ということで、Perfume WT2nd @London はこれにて終了です。
随分と長くなってしまい、更新もまったりでしたが
ここまで読んでいただき本当に有難うございます^^!

どうか、Perfumeと愛すべき人々が幸せでいられますように。
できることなら、またライブの場で再会できることを
楽しみにしています(*´∇`*)




余談。
DSC01047.jpg
バッキンガム宮殿前の噴水に、「こりゃちょうどええ」と
ほるっふーしている鴨が2羽おりました。(左下です。)

ライブ待ちのとき、例のロンドンの彼に
色々観光したことを説明中・・・

私「Two birds がいたよ。」(デジカメを見せながら)
ロンドンの彼「Birds?」  (怪訝そうな表情をしながら)

私(発音が悪いのかな?写真が小さいのかな?(´・_・`))
ロンドンの彼(もっと拡大して、とジェスチュア。
      「(´・ω・`)!! Oh, ducks!

鴨は鳥と違うんか〜い!

お勉強になりました^^;



---------------------------------------------------------------------

Kさんへ
もしブログを見てくださっていたら、ここでお礼申し上げます。
ライブ中一緒にいて貰えて、とても心強かったです。
もし本当にずっと一人での参戦だったら、
ロンドンの彼に話しかけることも出来なかったと思いますし
ライブ中も落ち着いてこんなに見ていられなかったと思います。
色々と助けて頂いて、本当にありがとうございました!


スポンサーサイト

Comment

セラミックおじさん says..."最高に面白い…"
あのね…おっさんは朝早くこの記事(遡ってはじめから)を読んで

本当に涙を流しちゃったんですよ 布団のシーツに濡れたあとが残るくらい

なんなんだこの多幸感…

子供の頃、青年の頃…音楽の力を純粋に信じていた頃

音楽が人類を繋げることができるツールになるのだと信じていた頃

それを思い出してしまいました

なにより、京都から東京でも大変なのに

京都からロンドンに旅した少女の気持ちを考えると…

なんか、大袈裟ですが「生きている」って良いですね…

2013.07.17 06:19 | URL | #- [edit]
Coo says..."はじめまして"
Twitterから飛んできました。いいレポを読ませていただきありがとうございます。LVの興奮を思い出しました。

こういうのを含めて、Perfume関係ので最近よく泣いちゃうんですよ、いいおっさんが。だから映像とかは私専用の屋根裏部屋でないと見られないという状況でして。最近ファンになったのでDVDは1stしか持ってないんですが、しかしBDは現在リビングでしか見られないという…。来月までにPCで見られるように、こっそりBDドライブを買う予定です(汗)
2013.07.17 09:36 | URL | #- [edit]
あ〜クリオネ says..."結局またコメントしちゃいました"
5回に渡るレポお疲れ様でした〜
本当にいい遠征でしたね。読んでいるこちらまで幸せな気分になりましたよ(^.^)

今回のTbtの話は泣けますね。どこの会場でも最後のサプライズはメンバーに気持ちが届いたようで、本当に良かったと思います。

中学生四人組の話も泣けるじゃないですか。外国にまでそんな熱い子供ファンがいるなんて胸熱ですね〜

と思いきや、最後にほるっふーが出てくるとは不意打ちでしたよ(笑)

しばらく筆を休めて頂こうと思ったのですが、今度はつま恋レポがありましたね( ̄▽ ̄)
遠征出来ない辺境の民のためにもう少し頑張ってください〜と圧をかけて終わりとさせて頂きます( ̄+ー ̄)
2013.07.17 12:38 | URL | #- [edit]
minotti says..."> セラミックおじさん"
コメントありがとうございます^^

> あのね…おっさんは朝早くこの記事(遡ってはじめから)を読んで
> 本当に涙を流しちゃったんですよ 布団のシーツに濡れたあとが残るくらい
> なんなんだこの多幸感…

結構な長文なのに、はじめから読んでもらえて光栄です。

ロンドンでの出来事は夢のようでした。
私がblogで書けるのは、その一部分でしかないのですが
あの日見た光景を伝えられて良かったです^^

今回は、どんなライブ(空気、お客さんの反応)なのかを
直接見て伝えたかったので、そんな反応を頂けると
行った甲斐があったなと思います。

> 子供の頃、青年の頃…音楽の力を純粋に信じていた頃
> 音楽が人類を繋げることができるツールになるのだと信じていた頃
> それを思い出してしまいました

純粋な気持ち、今もちゃんとありました。
音楽の力も、人の喜びも。世界はまだまだ捨てたもんじゃありません。
それをこれからも信じていたいですね。

> なにより、京都から東京でも大変なのに
> 京都からロンドンに旅した少女の気持ちを考えると…
> なんか、大袈裟ですが「生きている」って良いですね…

身近な人には唖然とされました(. . )ゞ
でも、何かに心を動かされる衝動は、なるべく大事にしたいですよね。。。
ほんと「生きている」って幸せなことです。

ところで、"少女"は私のことですか!?
えええ、そんな年じゃないんですよ・・・やだ照れちゃいます("▽"*) ♪
(真に受けて良かったでしょうか?^^;)
2013.07.17 23:53 | URL | #- [edit]
minotti says..."> Cooさん"
こんにちは。はじめまして^^

> Twitterから飛んできました。いいレポを読ませていただきありがとうございます。LVの興奮を思い出しました。

Twitterから来ていただいたんですね!
こんな辺鄙なところに足を運んで貰えるなんて嬉しいです(> <)
ありがとうございます。

> こういうのを含めて、Perfume関係ので最近よく泣いちゃうんですよ、いいおっさんが。だから映像とかは私専用の屋根裏部屋でないと見られないという状況でして。最近ファンになったのでDVDは1stしか持ってないんですが、しかしBDは現在リビングでしか見られないという…。来月までにPCで見られるように、こっそりBDドライブを買う予定です(汗)

Perfumeを見ていると、色んな気持ちが押し寄せてきます。
嬉しいことも悲しいことも。本当しょっちゅうウルウルしています。
最近は、Perfumeについて人に説明するときですら^^;

CooさんはBDを購入予定なんですか! いいですね〜^^
映像化されたPerfumeの軌跡は、それはそれは美しいです。
良かったらまた感想をきかせて下さいね!
2013.07.18 00:04 | URL | #- [edit]
minotti says..."> あ~クリオネさん"
2度目のコメントありがとうございます^^

> 5回に渡るレポお疲れ様でした〜

予想通り長編になってしまいました。
最後までお付き合い頂き、こちらこそありがとうございます!

> 本当にいい遠征でしたね。読んでいるこちらまで幸せな気分になりましたよ(^.^)

そう行って頂けると嬉しいですし、本当に行った甲斐があったと思います。
ファンとってPerfumeは、世界への入り口なのかもしれません。

> 今回のTbtの話は泣けますね。どこの会場でも最後のサプライズはメンバーに気持ちが届いたようで、本当に良かったと思います。

本当にそう思います。
最初はね、もしかしたらやらないかな〜と思ったんですけどね
ちゃんと持ちこたえてましたよ!

> 中学生四人組の話も泣けるじゃないですか。外国にまでそんな熱い子供ファンがいるなんて胸熱ですね〜

特に日本語の声だしは衝撃でした。
聴いた瞬間、これは絶対blogに載せよう!と思いました^^

> と思いきや、最後にほるっふーが出てくるとは不意打ちでしたよ(笑)

脳みそがPerfumeで埋められているので、つい。
あ〜ちゃんネタを仕掛けてみました。

> しばらく筆を休めて頂こうと思ったのですが、今度はつま恋レポがありましたね( ̄▽ ̄)
> 遠征出来ない辺境の民のためにもう少し頑張ってください〜と圧をかけて終わりとさせて頂きます( ̄+ー ̄)

圧、いただきました^^
あ〜クリオネさん、段々あ〜ちゃんみたいになって来てませんか!?
その煽り、有難く受け止めました。でも、少々お時間をば。
2013.07.18 00:17 | URL | #- [edit]
のりのりあん says..."はじめまして"
初めてコメントいたします。

ロンドンレポ読ませていただきました。
ライブ以外のレポもとても面白く、
ところどころうるうるいたしました。

その行動力と熱意、尊敬します。

私も2年ほど前からPerfumeにはまってしまい
DVDやCDなど大人買いいたしました。
好きすぎて武道館ライブにいったりして
家族にひかれ気味のアラフィフでございます。

仕事と家事以外は人様のブログを読ませていただいたり
飽きもせずに動画を眺めている日々です。

なんだかminottiさんの行動力に触発されて、
英会話勉強して、ドームライブに行ければ
外国の方に話しかけてみたいなぁなどと
ぼんやり考えております。

これからも時々書き込ませていただきます。
どうぞよろしくお願いします。
2013.07.19 17:30 | URL | #- [edit]
minotti says..."> のりのりあんさん"
こんにちは、はじめまして。
コメント有難うございます^^

> ロンドンレポ読ませていただきました。
> ライブ以外のレポもとても面白く、
> ところどころうるうるいたしました。

どうも有難うございます(_ _)
Perfumeに起こることって、些細な出来事も
大事なことに思えてしまいます。

> その行動力と熱意、尊敬します。

いえいえ・・・^^;
むしろあまりの熱波に我を忘れていないかと
はっとするときもあります!

> 私も2年ほど前からPerfumeにはまってしまい
> DVDやCDなど大人買いいたしました。
> 好きすぎて武道館ライブにいったりして
> 家族にひかれ気味のアラフィフでございます。

同じく、身近な人には「またかいな」という目で見られます。
blogを始めてからは、記事で感じたことを書けるので楽になりました。
のりのりあんさんも、よかったら是非^^

> 仕事と家事以外は人様のブログを読ませていただいたり
> 飽きもせずに動画を眺めている日々です。

大分、はまってますね〜♪

> なんだかminottiさんの行動力に触発されて、
> 英会話勉強して、ドームライブに行ければ
> 外国の方に話しかけてみたいなぁなどと
> ぼんやり考えております。

それ、とっても素敵なお考えだと思います!!
お忙しいと思いますが是非、がんばってください^^

> これからも時々書き込ませていただきます。
> どうぞよろしくお願いします。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
またお気軽にコメントしてください!
2013.07.20 10:32 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/214-df357be7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。