Perfume がのぼる階段

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


イギリス公演来LV & カンヌ広告フェス招待
という昨日の重大発表に、まだワクワクが収まりません〜。

そわそわしながらネットで情報を集めていたら、
こないなもんがありました。

在英国日本国大使館のwebmagazine
http://www.uk.emb-japan.go.jp/en/wm/2013/05.html
http://www.uk.emb-japan.go.jp/en/webmagazine/2013/05/perfume.html

内容は、なんとなく分かった程度です^^;
ここに全訳のっける能力はないのです。悪しからず。

すでに各誌で語られていますが、
ヨーロッパに合わせたLIVE構成にする旨の内容。
それからイギリスにちなんで、
イギリスの音楽聴く?
今まで、英語話すことあった?
イギリス来たことある?
等々の質問。
そして最後に、これからのPerfumeについて。

それにしても、こういうところにPerfumeが登場するのは
とっても嬉しい(*´∇`*)

でも、大使館HPって、イギリス在住の日本人は読んでも
イギリス人はあんまり読まないんじゃないかな…^^;

折角のインタビュー記事ですので
もっと現地の人に読んでもらいたい!

今時ならば、Twitterでリンクを付けて呟く、とか???
その辺、さっぱり分からないのですが
もし良い案ありましたら、どんどん広めてください (>人<)



それから、カンヌライオンズを彷徨いて真鍋さん発見!
ちゃんと「M」の欄にいらっしゃいました^^
http://www.canneslions.com/the_festival/speakers/speakers.cfm
真鍋さん紹介
http://www.canneslions.com/the_festival/speakers/inc_speaker.cfm?speaker_id=961
真鍋さんのトークが聞けるセミナー
http://www.canneslions.com/the_festival/programme/event_detail.cfm?event_id=823

あ〜、真鍋さんだ〜w
と親しい知人を見つけた気分です。

ところで我らがPerfumeは、
いつ・どんなかたちでこのフェスに登場するのでしょうか?
"招待"の意味するところが気になりますね。



そうそう。
大使館webmagazineのPerfumeの紹介には
ちゃんと"from Hiroshima that formed in 2000"とありました。
ここ、私個人としてはすっごく大事なことなんです。

日本の地方都市、広島。
そこから始まった3人組の夢が13年をかけて
今、世界に広がっているのです。

ぱふゅ〜むのときから、コツコツ貯めたもの。
それは、機が熟すのをまっていた。
今なんだ。

いつか英英辞典に"Perfume"なんて項目ができたりしてね。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/188-293529d2