Perfume リリースと向き合う

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

2005年、9月。
2006年、1月・6月。
2007年、2月・9月。
2008年、1月・7月・11月。
2009年、3月。
2010年、4月・8月・11月。
2011年、5月・11月。
2012年、4月・8月。


これはPerfumeのシングルリリースがあった月です。

売れない時も売れている時も、
リリースペースは大きく変化していません。

持久走型の安定したペース配分です。

いつもまったりとスローペースで新曲を出している
印象があったのですが、スローというよりも
コンスタントと言うべきでしょうか。
なんだかんだで地道に持ち曲を増やしています。

そして、ここにオリジナルアルバム(2008年・2009年・2011年)
を加えると、彼女たちがレコーディングもまたコンスタントに
こなしていることに気づきます。

“歌って録ること”これがPerfumeにとっての
仕事の基本部分となっています。

ライブとテレビ露出のないとき、地下活動しているとき、
おそらく我々がちょっと寂しくなっているとき
そんなときPerfumeは、大概レコーディングに勤しんでいるんですよね。

新曲がリリースされ、少しずつ情報が解禁されると
ついついその情報にばかり目が行ってしまいますが
その新曲の始まりは“彼女たちが歌うこと”
レコーディングにあると思います。

我々が盛り上がるずっと前から
Perfumeは録音・ダンス・PVを準備しています。

なのでね、大切に新曲と向き合いたいと思います。

特に今回はじっくり温めて温めて。
たっぷりもったいをつけて。

5月22日。
『Magic of Love』のその蓋を開けるとき、
新曲にかけた時間と思いも受け取れたらいいですね。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/170-0c69d750