スポンサーサイト

Posted by minotti on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume 23歳

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

『音楽と人』を読んでいて衝撃を受ける。

Perfumeに初めて楽曲提供したときの
中田ヤスタカ、23歳。

23歳!!!

ストレートなら大卒1年目の新人社員です。
いやはや… A^^;

そんな中田ヤスタカ君に託されたのは、
広島から上京してきた中学3年生の女の子。

お互いに未知との遭遇。

電池を食べてそうなお兄さんに
アクターズで培った音楽表現を否定されて…
というPerfume側の葛藤に思いを寄せていたけれど、
よく考えれば、23歳にも相当な困惑があったはずで。

15歳とはいえ数々の競争をくぐり抜け上京、
どこかギラついたところのあるPerfume
中田さんにとっては相当やりにくい相手だったと思われる。
様々なエピソードから推測するに、
反抗的な雰囲気を感じることもあったろう。

それでも、出し惜しみすることなく楽曲を提供し続けた。
そして、彼の音楽に対する姿勢や感性は、
いつ頃からかちゃんとPerfumeにも伝わった。
もとは素直な子達だからね。

いつの間にか愛されるキャラクターとして
電池を食べる人と言われるようになったとき、
中田さんもほっとしただろう。

安易に彼女達に合わせることもなく
じーっと成長を見守った中田さんは
思っているよりも大人だったのかもしれない。

にしても23歳は若いよね〜。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/166-2af73551
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。