capsule『STEREO WORXXX』

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

かつて、ナタリーにてゆかちゃんが
「アルバムの曲順には意図がある」
「アルバムは1枚通して聞く」と話していました。

制作する側としては、オリジナルも含めて
アルバム単位で一つの作品、ということ。

Perfumeはもちろん完璧なのですが、
capsuleについてはつまみ食い状態だったので
手始めに『STEREO WORXXX』を聴いてみました。

・・・すごく、いい。

『Feelin' Alright』『Step on The Floor』
くらいしか聴いてなかったのですが
結構もったいないことをしていたと反省です。

アルバムとして聴くと一曲の意味が全然違うものになる。
それも楽しいですし、曲間も練られているので
繰り返し聴くうちに次の曲が来るタイミングも
ぐっとくる対象となってきます。

あと、隠れた良曲を発見できる!

特にしっくりきたのが
『In The Rain』と『Transparent』の2曲。

曲名もろくに見ずに流し聴きをしていて、
水紋とか霧とか、そういった連想を抱いた曲の題名が
『In The Rain』。
なんだか思惑に嵌ったような感がありました。
でも、すごく好き。これ良い。

『Transparent』はcapsuleっぽいと感じる曲。
こしじまとしこさんのすき透るような声がよく合う。
何色にもなれる。でも何色でもない。
曲名が透明なのでそのまんまな感想です。てへ。

バッキバキと称される鋭角な曲や音作りも
中田さんの魅力なんですが、
輪郭のぼんやりとした音楽の持つ
特徴的な浮遊感に今回はやられました。

自分の思考を探るときのような、そんな感覚。
何者にもなれる。でも何者でもない。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mushimedzuru.blog.fc2.com/tb.php/140-5251c87b