Perfume ピュレグミCMで変なことを考えてしもうた


news_large_Perfume_pure_poster_1.jpg
ハート型カプセルの中のPerfume見ていたら。


三人はそれぞれがフレーバーの象徴だから、


紫、黄色、ピンク・・・

グレープ、レモン、ピーチ・・・

あ〜ちゃん、のっち、かしゆか・・・

∑(・_・)!!

グミを噛み締めながら、三人に思いを馳せろということか!

芳醇な葡萄、爽やかな檸檬、やわらかな桃…それ以上は言うまいよ。

ただグミを味わうだけでなく、五感でPerfumeを感じるとき

人は変態と呼ばれるのです。


「あ、Perfumeの味がする〜。」



こんなグミもあるらしいですよ♪
products_item_05-1
products_item_06-1.png


スポンサーサイト

2 Comments

There are no comments yet.

ロボトリア  

あはははは

おもしろいですね(笑)

でもこれって広告戦略として、本当に考えられているかもしれませんよ。
「食」と「性」というのは、しばしばお互いに暗喩として用いられますし、
ましてや「グミ」という食感を強調した商品となると・・・

そういった潜在的な本能に、いかにそれとは分からせずに、
なおかつ品良く伝えることの出来る媒体として、
Perfumeが選ばれたんではないでしょうか?

minottiさんの記事を読んで、そんな事を思いました(*^^*)

2013/03/28 (Thu) 23:53 | EDIT | REPLY |   

minotti  

> ロボトリアさん

コメントありがとうございます^^

> 「食」と「性」というのは、しばしばお互いに暗喩として用いられますし、
> ましてや「グミ」という食感を強調した商品となると・・・
ロボトリアさんのこの一言でさらに変な方向に行ってしまいそうです^^;
これがビスケットやクッキーだったら、想像もこうは広がらないですよね。

> そういった潜在的な本能に、いかにそれとは分からせずに、
> なおかつ品良く伝えることの出来る媒体として、
> Perfumeが選ばれたんではないでしょうか?
その辺は品でしっかりオブラートに包んだ三人ですよね。
雰囲気で語らせたらピカイチとでも言いましょうか。
カンロさん、Perfumeを分かっていらっしゃいます。恐るべし!です(><)

2013/03/29 (Fri) 22:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment