Perfume 5thアルバムでしょ!?

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

自分のメモにこんなものを見つけた。
“『GAME』『⊿』『JPN』・・・そろそろエレガンスが欲しい。”

『GAME』がめいいっぱい弾けたPerfumeの詰め合わせ、
『⊿』は内省的でどこか寄せ付けない雰囲気のミスティックサウンド なら、
『JPN』の持ち味は洗練された温かみと三人の奏でる今。

じゃあ『LEVEL3』はなんよ?

世界と日本の音楽界にスパンと突き刺さる
"切り札"

たぶん、エレガントなジョーカー。
main.jpg



///(*´∇`*)

『LEVEL3』の妄想がなかなか終わらない^^;
まだまだリリースは先なのにね。
とりあえず『1mm』はリリースまでちょっと我慢しまっす。
リセットです。
やっぱり新鮮な気持ちで聴きたいじゃない♪


スポンサーサイト

Perfume の新たなアルバムが待ち遠しい。

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

ずっと期待していました。

Perfumeの曲には、”バッキバキ”や"歌もの"と呼ばれる
ファンの嗜好で分けられたいくつかの路線があります。
で、過去の曲が好きな方の中には、こういった既存路線の延長にある曲を
期待している方もいると思うのです。

もちろん私も過去の曲を聴いて、
またこういうの聴きたいな〜と思うことは多々あります。
それだけイイ曲が多いってことで。

でもその一方で、歌ものとか音ものとかバッキバキとか
そういう既存のキャッチコピーで語られない
新しいPerfumeを提示して欲しい。
そういう期待も持っていました。

この1年でリリースされた曲には
今までに無い方向の音楽もPerfumeとして成立させるための
伏線を感じるものがいくつかありました。
(『Spending all my time』『だいじょばない』『Handy Man』
 特にこの3曲。)
試みなのか?迷いなのか?
ヤスタカ枯れたのか?
シングルリリースの度に、こんなんPerfumeじゃないとか
やって欲しいのとは違うとか・・・色々ありましたね。

そして、求められる路線に一旦回帰するかのように
リリースされた『Magic of Love』。
久しぶりの王道・ドPerfumeといわれた曲です。

この曲が出たとき、感じたんです。
「次の準備が整いました」と言われているかのように。

バッキバキ派?キャッチー派?ポップ派?
いやいや、路線なんて何でもいいのです。
そういうのに捕われない次のPerfumeが見たいでしょ?

みたい(‥ )/

10回目の『1mm』を聴いたとき
「LEVEL3」は大作になる予感がしたのです^^



そういえば、こないだ夢に中田さんが出てきましたよ。
虫の知らせだったんでしょうか。


Perfume 『LEVEL3』の収録曲

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

過去の記事: Perfume 『LEVEL3』はどんなのか?

再度披露するのが非常に躊躇われるのですが、
以下が私の予想。

01.
02. Spending all my time(-mix)
03. Magic of Love
04. Hurly Burly
05. だいじょばない
06.
07.
08.
09.
10. Handy Man
11. Spring of Life(Album-mix)
12. ポイント
(13.)
(14.)


『LEVEL3』

01. Enter the Sphere
02. Spring of Life (Album-mix)
03. Magic of Love (Album-mix)
04. Clockwork
05. 1mm
06. 未来のミュージアム
07. Party Maker
08. ふりかえるといるよ
09. ポイント
10. だいじょばない
11. Handy Man
12. Sleeping Beauty
13. Spending all my time (Album-mix)
14. Dream Land


予感が当たったこと。

・『コミュニケーション』は入らない。だけ。てへへ("▽"*)ゞ

予測されたこと。

・『Spending all my time』のリミックス
 これは、カンヌとWT2ndがあったのでほぼ確定。
 
・『Spring of Life』のリミックス。
 これにはちょっと訳があります^^
 結構前にそれらしきものを聴いてしまいまして…。
 どこでとは言いません。
 で、それがすごく良かった!
 是非アルバムに収録してほしいと思ってました(><)
 それと同じリミックスとは限りませんが、
 より音を生かした造りになるのではないでしょうか。

意外だったこと。

・『Hurly Burly』が入らなかったこと。
 あり〜(. . )ゞ
 これは固いと思ってたんですが、見事に切られましたね。

・『ポイント』が入ったこと。
 好きな曲だから嬉しい!!!
 ファンの希望はきかないんじゃなかったの(。・ε・。)
 もう、ニクいことしてくれるんだから。
 本当ありがとうございます(*´∇`*)
 
 しかも、お次が『だいじょばない』!?
 それ絶対いい("▽"*) ♪

外れたこと。

 私のセンスの9割(. . )ゞ
 特に『未来のミュージアム』てっきり入らないかと思いました。



昨日のLOCKSで『1mm』を聴きました。
すでに何度もリピートしました。

結論。
『LEVEL3』には待ち望んでいたものがあります。
それを確信しています^^


Perfume 『1mm』LOCKS初聴

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

『マカロニ』っぽく柔らかくなる予定だったのね。
わかるわかる。
時間帯かな。『23:30』みたいな、おわりの空気。
でも『だいじょばない』と『Handy Man』の成分も感じる。
音のせい?
イントロがかっこいい。で、長い。
サビは今までにない感じ。
これ、毎回言ってるような・・・「今までに無い感じ(`・ω・´)キリッ」

アルバムらしい一曲。

でもまだ、ピンときていない。・・・これも毎度のこと。



追伸

あ、ピンときた・・・
音と歌が沁みてきた。


追伸 2

前奏でうるっとくる。
このテンポがいい。

いい曲きかせるねぇ。


Perfume 『LEVEL3』情報解禁!

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

や!

や!

やったー!!!


日本のみならずアジア、ヨーロッパと、
世界を席巻しつづけるPerfumeが満を持して放つ

最新鋭サウンド!!!


の中身がついに解禁されました!

<CD>
01. Enter the Sphere
02. Spring of Life (Album-mix)
03. Magic of Love (Album-mix)
04. Clockwork
05. 1mm
06. 未来のミュージアム
07. Party Maker
08. ふりかえるといるよ
09. ポイント
10. だいじょばない
11. Handy Man
12. Sleeping Beauty
13. Spending all my time (Album-mix)
14. Dream Land


うわ〜〜〜〜〜っ♪♪♪♪♪♪
この刺激はやばいです!

ぜんぜんだいじょばない。

新しいアー写もうつくしい。本当にきれい(嘆息)
あ〜ちゃんのウエストラインの細いこと…
そして、かしblogのあの自撮りはこれのことだったのかな。
でこだしとウェーブ。通常盤にかしゆか警報です!
のっちも安定のクールビューティー。

今日のLOCKSで披露されるのは
やはり『1mm』なのでしょうか!?
こちらはMVもあるようですね。ふふふ(*´ω`*)

DVDには麺カタの何かも収録されるようです。
ああ、ほんとうれしい(T T)

初回番の水紋のようなモチーフは"sphere"なのかな。
球、天体、領域…
最初は地球のイメージかなと思ったのですが、
ここはもっと大きく宇宙もしくは無限に広がる
Perfumeの音の波ということで。

それは幸せで刺激的な空間。

01. Enter the Sphere

さあさ、みなさまご一緒に^^


おっと、その前に♪
久しぶりにリアルタイムでLOCKSを聴きます。


Perfume 女性誌がまたもや!

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

CanCamの連載、あ〜ちゃん、のっちときて
かしゆかの号も発売されて、ほっと一息。
と、思いきや


おお(‥ )!

■09/23(祝・月)「CanCam」2013年11月号  NEW!!
※撮り下ろし&インタビュー



おおおΣ(゚Д゚;)!!!

Perfumeが「VOGUE JAPAN」に登場!
10月号では FASHION'S NIGHT OUTオフィシャル・ガイドブック別冊内に、
11月号ではインタビューやビジュアルストーリーとともに登場予定です。

■8/28(水)「VOGUE JAPAN」2013年10月号  NEW!!
※FASHION'S NIGHT OUTオフィシャル・ガイドブック別冊内撮り下ろし

■9/28(土)「VOGUE JAPAN」2013年11月号  NEW!!
※撮り下ろし&インタビュー



『VOGUE』さーん、良いんですかー?
確かに、我らの愛すべきPerfumeなんですけど、
そんなハイセンスでハイレヴェルなセレヴと違いますんよ〜。

それに、Perfumeのファンに若い女性が増えているとはいえ
『VOGUE JAPAN』を愛読している人は多くないと思います。

Perfumeと『VOGUE』はその個性も読者層も
随分違うと思っていたので、
まさかこんなに短期間で“2度目”があるとは、びっくりです^^;

と、ここに一つの推測が生まれます。
昨年10月の『VOGUE JAPAN』Perfume掲載が、
何らかの効果・影響をもたらしたのではないか?

雑誌の売り上げがなぜか伸びたり(特にwebでの購入)、
VOGUEのHP閲覧数が激増したり…とかね。

はたまた、Perfumeを経済的に支えているであろう
収入の安定した壮年期を新たな市場と察知した!?

(@_@;)

真相は定かではありませんが、
Perfmeの違った一面をまたも見られるなら
ドームまでの楽しみが一つ増えるということ。

やっぱりあ〜ちゃんとか、
トップスの変態丈とか、鎖帷子などなど、
Perfumeの新たな一面を見られた前回。

(ちなみに私は、安定のPerfumeクオリティに
 むしろほっとした口です。)

Perfume_vogue2012Nov.jpeg


さてさて次回はどうなることやら^^



おまけ。
“FASHION'S NIGHT OUT”へのリンク。
http://fno-c.vogue.co.jp/fno/2013/
同イベント2012のレポート。
http://www.vogue.co.jp/fashion/news/2011-11/05/fno2012

ますます自分とは縁遠い世界に感じます…
Perfumeファンじゃなければ、一生知らない催しかも。


あと、こちらもお忘れなく。
■08/30(金)「ROCKIN'ON JAPAN」 2013年10月号
※RIJF2013速報レポート掲載

■09/10(火)「ROCKIN'ON JAPAN10月増刊号 ROCK IN JAPAN FES.2013」
※RIJF2013レポート掲載



スローペース、マイペース

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

よく記事のタイトルに①とか#1とかつけて、
続きを書かないことがあります。
忘れていたり、気が変わったり理由は様々です。

小さい頃、家に帰るなり身につけていた物をほっ散らかして
よくしかられたことを思い出します。。。

「カバンをしまいなさい!」
「制服のまま昼寝をしない!」
「習字の筆はすぐ洗いなさい!」

あ、今は随分大人になりましたよ^^



つい最近、カウンターが10000を越えました。
ブログ始める前は、3日で終わるかなと思っていたのですが^^;

こんな僻地にある肩凝りブログがこうして続いているのは
ひとえに皆様のお陰です。

のぞいて下さる方、コメント下さる方、
はたまた実際にお会いできた方…
いつもお世話になってます。本当、ありがたいです。

初めの頃とはまた違って、"誰か"が読むことを
想像するときがあります。

でも、お陰さまでのんびりと好きなことを書ける環境に
置かせて貰っています。



このくらいのタイミングで、記事を一旦整頓しようと思います。
タグを付けたり、カテゴリを整理したり。

ということで、これからもこんな感じで
ぽちぽち書いていきます。

改めまして、どうぞよろしくお願いします(_ _)



Prfm_AC CM
そういえば、Perfumeを初めて見たのはこのCMだった。


Perfume 中田ヤスタカとChangemaker#2

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


ちゃんと#2も書こう。



http://special.nikkeibp.co.jp/as/201201/changemakers2012/changemaker03.html

●「枠」を楽しむのがプロデューサーの仕事

プロデューサーの仕事、大好きです。

オーダーと「枠」を前提として、最大限いい曲をつくること。
これは、プロとしての面白さでもありますね。

このアーティストにしかできない面白さを持って世の中に出るには
どうすればいいだろう?それを考えて曲をつくっていきます。

お客さんがどう感じるかを考えるより
まずアーティストや、映画なら作品がどう魅力的になるかを考えることが
先だからです。

もちろん、自分のユニット=capsuleで音楽を続けています。
人から依頼されてつくるのではなく、
自分のアイデアを提案し、実行する場として、
僕にはなくてはならないものです。
アマチュア的な砦。これが僕の音楽の核です。
つくりたいものを、つくれる環境をつくる。

そのうえで、オーダーがあったり、「枠」があったりして、
いろいろなかたちで作品を世に出していく。

つくりたいものをつくること自体を諦めてしまっては負け。

自分のやりたいことと、相手から求められていることのバランスがとれたとき、
ほんとうに新しいものが生まれると思うんです。

だから、これからもアマチュアのように、
つくりたいものをつくりたいときにつくっていく。
そのうえで、枠にもオーダーにも楽しんで応える。

かっこいい、とたくさんのひとに聴いてもらえる、は、両立する。

僕はそう信じています。

作曲家、音楽プロデューサー 中田ヤスタカ(capsule)




長くなっちゃっいました。抜粋なのに^^;

『LEVEL3』オリジナル曲が、来週のLOCKSで宇宙初オンエアのようです。
こんなに早くから解禁されるとは思ってませんでした。
よ、太っ腹!

で、こういう風にアルバムが出るとなると
やっぱり中田さんのことが気になってきます。
そういえば最近、きゃりーと同じワーナーに移籍しましたね。
名前も大文字になったし。

Perfumeに中田さんが曲を提供するとき、
CMタイアップの有無に関わらず
意図的にPerfumeという「枠」を設けていると思います。
Perfumeのためであり、自分のためであり。

Perfumeと長年関わっても、
いまだに新たな試みを提供してくれる。
中田さんからPerfumeに手渡される曲は、いつも挑戦状のようです。

そして、その曲の評価は中田ヤスタカにかえってくる。
これ、怖いな。

でもきっと
"かっこいい、とたくさんのひとに聴いてもらえる、は、両立する。"
これを言い切ることが出来る中田さん。

我々の願望なんかすっかり置き去りにして下さって結構です。
そんで、こーしてあーしてwと言ったことを、後悔させて欲しい。

つまるところ、やっぱり新アルバムに期待しているのです。



中田さんには、その先だけを見ていて欲しい。これからも。
彼が拓く、未来。

・・・果たして私は、ついて行けるのかな^^;


Perfume アルバム『JPN』振り返り

Posted by minotti on   6 comments   0 trackback


アルバム『JPN』のオリジナル曲

『MY COLOR』
『時の針』
『心のスポーツ』
『Have a stroll』

『時の針』以外の3曲は、初めて聴いたとき
似ているなと思いました。
特に『MY COLOR』『心のスポーツ』

ツアーでのセットリストもラスト&アンコール。
あの白い衣装が懐かしい〜(*´ω`*)

そんな『MY COLOR』『心のスポーツ』
かわいいくて元気が出る曲です。

そうそう、元気が出るんです。

笑顔で皆を明るい気持ちにしてくれるのがアイドルなら、
Perfumeのそんな一面を強く感じさせてくれる曲。

テクノポップユニットとしてデビューして
不思議な歌も色々歌ってきたけれど、
アイドルとして生まれたPerfumeが最初に思い描いていたのって
実はこういう曲なんじゃないのかな。

と、JPNツアーの三人を見て思いました。

"愛のメロディー詰め込んだまま、今日も会いにいくよ"

LIVEで見る三人は、ほんとこんな感じ。
クールでカッコいい演出があっても、変わらぬ笑顔。
こちらも笑顔でこたえたくなる。



そんな私は『MY COLOR』の振り付けが苦手。
「3・2・1」は特に。
運動神経に気合い入れをしないとできません(´・_・`)
それこそ頭のスポーツ^^;


Perfume 魅せよ、LEVEL3!

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

「第2回 Perfumeダンスコンテスト
 〜魅せよ、LEVEL3〜」開催決定!!


完全コピーの「(きわみ)」部門と、
オリジナル創作ダンスとコピーを融合した「(そう)」部門の
2部門に分けて募集!!



だそうです。
しかも、課題曲は『Spending all my time』

ええ〜、これ〜〜〜〜〜Σ(゚Д゚;)
全開の『GLITTER』から3段階程、LEVELアップしてませんか!?
見てるだけで、頭こんがらがりそうなのに^^;

しかも30秒という短い時間です。
これは熾烈な頂上決戦になりそうな予感。

そして、今回は『インターナショナル』部門も新たにできて
海外のファンには嬉しいことです!

し、か、も!
優勝したらPerfumeと一緒に踊れるんですよ!!!

そりゃあもう、最高ですよね。
振りコピされる方にとっては、これ以上ないくらい
嬉しいことだと思います^^



本気のお祭り。Perfume攻めてます。

なんだかワクワクしてきますね!
やけに気合いが入ります。(私は、見て拍手する専門ですが…^^;)

参加される方の熱い思いが
しっかりPerfumeに届くことを祈って。

応援していますよヾ(*^^*)


Perfume みんなをつなぐ魔法のメロディー#2

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

で、後半は噂の画像通りのメイド服。
もちろん、安定の短いやつ。

ビッグバンドのときと違って、三人とも声がかわいい!
大人な雰囲気とはがらりと趣が変わります。

薄暗がりに、メイド姿の三人が出てきたと思ったら、
陽気音楽が始まって!

「よぉー」「こぉー」「そ♪」
「どうぞ、大事なおっきゃくサマ♪」

がめちゃくちゃ楽しくてカワイイ(T T)
ちゃんと演出に合わせて、表情や振り付けもコミカルに。

の「首にナプキンをかけて」
 「ごゆっくり♪」

こののっちが、かわいかったです。
こっちが恥ずかしくなるくらい。
(家族・親戚の前で、楽しそうになりきって歌う
少女彩乃ちゃんが見え隠れするんですよね。本当かわいい。)
いつもの鬼気迫るのっちとはえらい違い^^;
そこに歌と踊りがあれば、色んな引き出しを持ってるんですね。

あ「どれもお味は天下一品!」

あ〜ちゃんの表情が完璧!
というかノリノリ(笑)
メイドというか、人気者の町娘っぽい。おきゃんな感じ。
見てるだけでこっちも楽しく幸せな気持ちになります。

か「お疑いなら、お皿に聞いて」

あの役割配分はずるい・・・
首の傾げ具合とか、腕の組み方とか!
ちょっと強気な感じとか!!
ゆかちゃんにやらせたら、あか〜ん(*>艸<)刺激が強過ぎです。
めっちゃかわいい("▽"*) ♪

いかん、楽しすぎる。。。
もうこのままPerfumeワンマンショウが見たい。
まさに、夢の国。ディスニーっぽいです。(行ったこと無いけど。)

と思ったら、いきなりリアル人間がピアノを弾いてます。
ここの演出もいいですね〜。
去り際に手を振るあ〜ちゃんがまたかわいいw
彼はきっとブルーレイ6作品を買うでしょう。

そしてラストは、豪華なコーラスとダンス。
Perfumeのラインダンス初めて見ました。
安定のそろいっぷり^^

そしてフィナーレへ。

HNK130814_maiden_last.png

もちろん、拍手喝采!

ということで、いいもん見させてもらいました。
Perfumeはもちろん、一緒に踊るダンサーやバンドマン、
そしてロウソクの精に至るまで
夢の国を完璧に演出されていました^^
流石はプロの集団です。

紅白に続き、ディズニーとのコラボは
Perfumeが培ってきたものや可能性を新たに知ることができて
とても良かったです。

何より、三人が楽しそう!
やっぱりこれが一番でしょ^^


Perfume みんなをつなぐ魔法のメロディー#1

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

見ました!
聴きました!!
惚れ直しました!!!

当初は、あのメイド服画像にやきもきしてました。
今や大人のPerfumeにミニスカートのメイド服って
ちょっと恥ずかしいんじゃないかと…(‥ *)

でも、蓋を開けたらそんな心配はどこへやら^^
素晴らしいショウを見ることができました〜。
こんなん見られるなら、一度くらいはディズニーに行っても良いかも!

最初は、赤い衣装でビッグバンドとの共演。
NHK130814_red_1.png

NHK130814_red_2.png

『右から2番目の星』
『ララルー』

●安定のダンス

ちょっとした振り付けもきれいで揃っています。
繊細な手先の表情とか、しっかり揃う角度とか…ため息ものです。

長年の訓練のたまもの!
美しい動きが身体に染み付いてるんですよね。
簡単な振り付けだからって適当に流さない。
だから完成度が高いんです!

あ「その世界を完璧に演じるのが基盤にある」(『Switch』)
だからいつもハイクオリティなんですよね。

●未加工のPerfumeの声

中田さんがいつもこれを好きなだけ聴けるのか。
…そうか。

独占禁止法じゃ〜〜〜〜〜!!!

それくらい良かったです。
ちょっと緊張してる印象もありましたが、
三人のハーモニーがバンドに合ってました。
意外!

『右から2番目の星』ではソロを披露。

のっちの歌声は柔らかくて軽い。高い音も柔らかい。
音の運びも自然な感じ。
そのせいか、10代の少女の声のような印象を受けます。
のっちのこういうギャップは結構好きです。

あとは、とにかく歌うときに楽しそうなところがかわいい(*´ω`*)
嬉しい楽しい気持ちが全開で。
舞台に立つことが天職なんですよね、きっと。

それからかしゆかの歌声…
正直、初めはヒヤヒヤしてたんです!
ジェニー歌っているとき、芯の無い声で頑張ってる感じがして
いつも少ししんどそうなんだもん。

だから、今回一番の衝撃でした!
アルバム『JPN』の加工の少ないかしゆかの声とは違う。
奥行きがあって甘くて優しい。
大人の声です。
あえて挙げるなら、LOCKSでぼそっと呟くときの声。
それに近いでしょうか?(音域が低かったからかな。)

やばい〜〜〜〜〜めっちゃいい!!!!!
何度もリピートしてしまって先に進めないよー。

個人的には、あの声で子守歌等歌って頂きたいです。
語りかけるように優しく。そんで、背中トントンとかしてね。
全然、寝られそうにありませんが^^;

あ〜ちゃんの歌声も、いつもと違う印象。
芯があって強くて温かい声。うん、あったかい。
人となりに繋がりそうな安定した歌声です。

のっちと同様に歌が上手いあ〜ちゃんですが、
あ〜ちゃんの方が歌い方に技がある気がします。
ちょっとしたところに抑揚がある。

aikoさんの歌とかたくさん歌って、
どうしたら歌が上手くなれるのか考えて…
Perfumeで生かしきることは難しいのでしょうが
あの歌唱力は、歌が好きで努力を怠らなかった彼女の一番の強みです。

そんな三者三様の声が合わさった"VOICE"
これが一番良かったです。
まっすぐでキラキラしてて純粋で。
Perfumeの"VOICE"に対する明確なイメージを共有している。
長年一緒にいて、一緒に作ってきた音。
それに対するプライドみたいなもんも感じました。

三人とも全く異なる音を持っている上、
ともすれば声量で不利になるかしゆかがいます。
(声が通りやすく、ともすれば力強い響きになるあ〜ちゃん
 特に気を使っているのかなと思います。)
それだけに、繊細なバランスを常に取っているんでしょう。
一人じゃ生まれない響きがあるから、Perfumeの声は美しい。
だからあの三人じゃないとダメなんだな。。。


Perfume 『GLITTER』の疑問と自分なりの答え

Posted by minotti on   4 comments   0 trackback


Perfume『GLITTER』
東日本大震災に対する祈りの曲だと思っています。
JPNツアーでは、そのような演出でしたし
PVにも祈りのシーンが見られます。

でも、サビ以外の歌詞は直接的に祈りを表現していません。
中田さんの日常は見え隠れするのですが・・・

"カロリーは減んないけど、
冷蔵庫で冷えてるビールがあるから頑張れるの。""

それ、あんたの私生活描写やないの^^;

とツッコみたくなるんですが、
そんなヤスタカ日記然とした歌詞ってつまり、
震災以降中田さんが感じたことなのかなと思っています。

数多の曲に登場する乙女ヤスタカさんじゃなくて
ビール片手にした三十路の素の思い。

あの歌詞に感じるのは、日常の大切さ。
何でも無い日のふとした幸せがあるから
長く険しい道のりも歩いていける。

明日も明後日も頑張るよ。
転んだってちゃんと起き上がるし、
急がなきゃ行けないのも分かってる。
だから、ちょっとだけ一息つかせて。

立ち上がるのには必要な光るもの。

それは日常のちょっとした幸せ。

そしてもう一つ・・・キミとの思い出。



この曲を歌うと、前を向いて頑張ろうという気持ちになります。
PerfumeのPVはサビのところが大好きです。

”キラキラの夢の中で 約束したね
 その日が来るまで 泣かないよ
  キミと笑いあったこと 思い出すよ”



あのキラキラの笑顔に力を貰える気がします。
私にとっては、勇気や希望をくれるGLITTERです。

Perfume 夏の恋はイメージ

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


都会の熱気から逃げるように、電車に飛び乗った。
ここ数日の仕事の疲れだろう。瞼の重みに耐えられず、
心地よい揺れに誘われるがまま眠りについた。

車窓からの光が明るい緑に変わるのを感じて目を覚ますと
車両には私一人だった。
どこかの無人駅で停車しているらしい。
窓の外には、青い山脈と波打つ稲がどこまでも広がっている。

ふと足音がして振り返ると、若い女性が一人乗ってきた。
袖口から伸びた白い腕、つやつやとした黒い髪と美しい耳。
こちらに一瞬視線を向けた彼女と目が合った。

「あ、○○。」
私は思わず彼女の名前を呼んだ。
でも、そんなはずはない。
だって彼女は、

あの夏、幻のように始まり終わった恋の記憶だから。



『微かなカオリ』PVは宮崎駿監督の作品によく見られる
願望的なノスタルジーを感じます。

避暑地、淡い思い出のなかの彼女。
このPVの三人はまさにそんな感じ。特にのっち。

私には、別荘も避暑地も縁がないんだけども
ましてや一夏の恋なんて…ねぇ。^^;
ということでただの想像です。

関さんは長野のご出身らしいです。


Perfume 中田ヤスタカとChangemaker#1

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

ちょっと古い記事。

http://special.nikkeibp.co.jp/as/201201/changemakers2012/changemaker03.html



最近思ったことと絡めて、ちょっと抜粋。

●シンセサイザーを新しい楽器ととらえよう

シンセサイザーは生楽器の代用品として
開発されてきた側面もあります。
結果、軽んじられていた。ほんものじゃない、と。

つくる側が「ほんもの」の楽器の代わりとしてつくった。
それは事実かもしれないけれど、使う側までもが、
「ほんものの代わりに使うもの」として、
当初はシンセサイザーを扱っていた。
その発想では、たしかに代用品以外のなにものでもありません。

そんな新しく生まれた楽器の、新しい魅力を、新しい使い方を考えて、
実現して、まわりになじませていく。
それって、すごく楽しい仕事だと思いませんか?


ちょっと前に話題になったテレビ局による
音楽番組の口パク禁止路線。

つまり、Perfume生歌可能な曲でしか出られない!?
(あ、でもジェニーをやるのは楽しそう^^♪)

確かに、生歌には生の良さ、力があるし
発端のプロデューサーとしては、ちゃんと練習した
歌唱力のある人を出したいが故なのでしょう。

ただ、これが生歌至上主義みたいになるともったいない。
生歌じゃなくても、いい音楽あるよって
気付いている人はいっぱいいると思うのです。



中田さん風に言うなら
歌唱力がない歌手の「かわり」として利用するなら、
確かに「ほんもの」の生歌には適わないのかもしれません。

大事なのは、「ほんもの」になると信じて
真っ向から作ったものならば「ほんもの」になるということ。

だから胸張って歌ったらいいんだよ。



Perfumeが加工された声に涙した後に
気付いたのは、そういうことだったのかな・・・。



『GAME』を聴きながら。


Perfume と一緒にいると

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

昨日は録画していたMJを見ました。
本当にひさびさ。
録画して安心して、ついそのままにしてしまう…

昨日の放送については、Perfumeは夏休みだったのか
楽屋訪問以外は出番なし!ちょっと寂しい^^;
代わりに吉田アナが仕切ってましたね。

さてさて、Perfumeの三人が
MJの司会になってから5年目(2009年4月~)ですが
最近はすっかり落ち着いた雰囲気です。
にこにことゲストの話に相槌を打ったり、
優しいツッコミを入れたり。
まあ24歳だからね。NHKさんだしね。
いつまでもキャイキャイするわけにもいかないか。

ラジオの方も昔に比べると
暴走する頻度も、大笑いする頻度も随分少なくなってます。
だから、最近のPerfumeのイメージで
昔のラジオを聞くと、びっくりすることも多々。



これは2012年、
Perfumeは知っているけれども
ファンでも何でもない同期に言われたこと。

同「昨日、たまたまPerfumeのラジオ聞いたよ。」
mi「LOCKSだね。で、どうだった?面白くなかった?」
同「…うるさくてびっくりした!」

あ、うるさかったのね^^;

たぶん、最近では稀になった暴走回だったと思われます。
あの支離滅裂な。
リスナーを半分ほったらかしで、三人が盛り上がっちゃうやつ。
でも個人的にはあの賑やかさが好きなんです。

ただ、謙虚控えめおっとり…
といったイメージが一般には浸透しているようなので
それからすると随分ギャップがあるのでしょうね。
それでも、昔の放送からすると大人しい方だと思いますが。



そんなことを思いながら見ていたMJで
ちょっと気づいたこと。

Perfumeと対談するアーティストが“いい人”に見える不思議。

もともと、派手だったりギラギラした雰囲気の芸能人には
苦手意識がありました。
でも、Perfumeと話しているとあら不思議。。。

なんだか、猛獣も草食動物に見えてくることがあるのです。

そりゃあ、あんな三人に見つめられて
にこにこしながらウンウンなんて頷かれたら
こっちもにこにこしちゃうよね。
つい穏やかな空気に便乗しちゃうよね。



もちろん、彼女たちがいい子だから成せることなのですが、
状況にふさわしい雰囲気を察知して演出することも
経験的にできる人たちです。
そういう意味で、Perfumeは賢い。




爪のアカ、くれんかな。。。(変な意味でなく)


Pefrume スパークリングなCMが来た!

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


ついにエーザイのCMが来ました!
Prfm_エーザイ_pic-niacin01_02


0:09〜がCM本編です^^


こちらはエーザイさんのHP
http://www.chocola.com/entertainment/cm/cm11.html

いいCM。やっぱ炭酸やなぁ…(*´ω`*)
私の煩悩がシュワシュワと昇華されていきます〜♪

三人がチョコラBBを飲む姿勢もきれいです。
背中〜腰の流線が美しい・・・

Perfume不足の乾いた心に染み渡りますねぇ。



さてさて、
CMが流れるということは、曲もお披露目ということ。
このことをすっかり忘れていたので、喜び倍増!

新曲『Party Maker』

おお!おお!!おおおおおお♪
わくわくすします。早くフルで聴きたい!

こちらは、アルバム『LEVEL3』に収録の予定だそう。
『NIGHT FLIGHT』みたいな扱いですね。


活動開始した途端の情報連投、夏はまだまだこれからですね^^
(のっち曰く、9月までは夏ですし。)



Perfume 不思議な存在

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


『ROCKIN'ON JAPAN』や『音楽と人』を読んで、
ロンドン公演の光景を思い出す。

スクールの発表会向けに組まれたユニット"ぱふゅ〜む"が
何年も月日をかけて世界の舞台に立つなんて
一体誰が想像できただろう。

当の本人達も、こんなに長く一緒にいるなんて
思ってなかったんじゃなかろうか。



Perfumeの三人を見ていると、
彼女達が出会ってきた人たちから受け取った思い
そういったものを強く感じるときがある。

ずっと見守ってきた家族、
練習に明け暮れた広島時代のライバルや恩師、
BEEHIVEの仲間や先輩、
上京後に支えてくれた人たち、スタッフ、
関監督やMIKIKO先生、そして私たちファンも。

辛いことも嫌なことも大事な思い出にできる。
Perfumeが受け取ってきた気持ちを大切にできる。

それは本当はとてもきついことだと思う。
Perfumeが大きくなった今なら尚更ではないか。

でも、この3人ならきっと大丈夫なのだろう。

あ〜ちゃん、のっち、かしゆかから生まれる
不思議な安定感は、柔らかな水のように色々な思いを受け取って行く。

そしてそれが、どこへ行っても
あのまんまで愛される所以なのではないか。



Perfumeもまた、世界を愛している。
彼女達が客席に向ける笑顔は、いつでもとびきり美しい。

出会って、伝えて、繋がること。
そんな経験を数えきれないほどしてきた彼女達だから、
今のPerfumeがあるんだと思う。


Perfume 久々のstaff blog更新

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


帰ってきたら、部屋の気温は32℃・・・暑い。
ファンクラブページにログインしたら、STAFF BLOG更新。

おお、いつもの三人組!

ひさしぶり。元気にしとった?
のっち、ちょっと焼けた?
あ〜ちゃん前髪切っとる!似合う似合う。
ゆかちゃん、ん〜あんたはあんまり変わらんね。

出演前?の一枚。
夏休み明け、久しぶりにクラスメイトの顔を見たときの気分^^

Perfumeのいる日常がまた始まる。
やっぱり3人が見られるっていいよね。

prfm20120806.jpg
(RIJ 2012)


Perfume RIJ FES.2013 クイックレポート

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


本日は出先なので、blogはお休みの予定でしたが
(東京にはいますがフェスじゃない^^;)
RIJのクイックレポートに心打たれたので出てきちゃいました。

http://ro69.jp/quick/rijfes2013/detail/86272


あ~ちゃん

「今、お世話になっているマネージャーさんは、
売れなくて広島に帰されそうになったときにも繋ぎ止めてくれたんだけど、
メタルが好きでね。

でも、かっこいいものはかっこいいんだよって言ってくれて、
信じてくれたから、ここまでやってこれました」



ありがとう、もっさん・・・
あるときは衣装を繕い、あるときは食事を調達する。
マネージャーとして、人生の先輩としてPerfumeを支えてくれた人。

Perfumeのスケジュールに初めて"OFF"と書かれたときは、
彼も言葉少なに喜んだのだろうか。
そして、広島に帰されるかどうかの崖っぷちから、
今や世界にまでその輪を広げたPerfumeに何を思うのだろう。

三人をずっと見守ってきた金髪のマネージャー。

もっさんに拍手を。


Perfume iTuneでごそごそ

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


疾走感と溢れんばかりの思いが詰まった
あのセットリストが忘れられなくて・・・

初めてプレイリストを作りましたのよ。

01 GLITTER(Album-mix)
02 Spring of Life
03 ねぇ
04 ワンルーム・ディスコ
05 Have a Stroll
06 パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
07 コミュニケーション
08 VOICE
09 スパイス
10 レーザービーム(Album-mix)
11 ポリリズム
12 FAKE IT
13 エレクトロ・ワールド
14 セラミック・ガール
15 チョコレイト・ディスコ
16 MY COLOR
17 Perfume
18 心のスポーツ

ふふふ(*´ω`*)

でも、なんとあれがないんだな。あれが(´・_・`)

TSUTAYAでPrima Box借りてくる?
んでも、若いジェニーも良いけど
大人のジェニーでコール入りライブ録音ってのも乙よね。。。