Perfume Amuse Fes 2014 BBQ in つま恋(140719)#2

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


さてさて昨年のBBQ in つま恋以来、密かに好きなmonobright!
その演奏後、Vo.桃野さんが客席後方へ走り抜けて行くのを見送る頃には
レフトステージは次の準備が整っていました。

●コラボ企画"THANKS"

T:辻村さん(HaKU)
H:晴一さん(ポルノグラフィティ)
A:あ〜ちゃん
N:のっち
K:かしゆか
S:杉本さん(WEAVER)

語呂がすごくいい^^

Perfumeは衣装が変わってひらひらの緑へ。
裾に白っぽいモジャモジャが着いていました。
これはMETROCKの衣装にも着いていたやつでしょうか???

曲は、trf「survival dAnce 〜no no cry more〜」。
PTAのコーナーでもお馴染みのやつですね♪

news_xlarge_BBQ_THANKS_01.jpg

晴一さんは、trfのDJ KOOさん風の出で立ち("▽"*) ♪
ポルノグラフィティではギターを弾いているのですが、この日はドラム。
軽〜く「やりたい!」といって担当したそうですが、
思いがけず「これ、難しいわ」とのこと。笑

news_xlarge_BBQ_THANKS_02.jpg

Perfumeは主に歌とダンス担当。

Perfumeのtrf、めちゃくちゃ良かったです^^

歌はこの部分(だったはず…)を、

喧嘩ばかりだよ あの頃も今だって
相変らずの 笑い声と さみしげなあいつはきっと
なつかしい草原を 君と2人で歩く
夕陽が傾いても 暗やみが訪れても 映画の幕の様に
終わらない 続いてゆく survival dAnce!!


のっち→かしゆか→3人→あ〜ちゃんの順に歌っていました。

このときの三人には、ASHの印象をつよく感じます^^
歌、普通に上手いんです!
のっち、あ〜ちゃんはもちろんのこと、かしゆかも良かったです。

あとはダンス
T.M.Revolutionもそうなんですが、基礎があるので何をやってもきれい!

特に、いつものPerfumeダンスとは違う、trfのダンス
遠目にも身体の動きのしなやかさが伝わって来ました。
気のせいか、いつもより大人っぽく感じましたよw

ちなみにこのときのかしゆかは変態丈ではなく
サイドが長めのスカート。
あ〜ちゃんも膝丈。
揺れ動くスカートにうっとり(*´∇`*)
もう大人なので、こういう優雅な動きが今の三人によくハマります。

そんな感じで、Perfumeのいつもとは違う側面が見られて
非常に貴重な時間でした!



そして、PerfumeのあとはBIGINさん。
めちゃくちゃ良かったです…歌も自然体でまったり面白いトークも。
やっぱり長く続けられる方には、それだけの実力があるんでしょうね。

で、MAHIROさん、オオトリのポルノ兄さんと続きます。
ポルノグラフィティさんは昔すごく好きだったので、
初めてライブが見られてテンション上がりました♪


●進藤晴一さん×あ〜ちゃん「それを強さと呼びたい」
news_xlarge_BBQ_last.jpg

ほんのりソワソワしていたあ~ちゃん歌詞。
ストレートな歌詞にあ〜ちゃんの人柄を感じたように思います。

あ〜ちゃんの気持ちであり、メッセージは
ライブのMCなどで受け取ってきました。
そして、Perfumeの歴史みたいなものも情報として知っているだけに
歌詞に歌われる"誰か"にあ〜ちゃんやのっち、かしゆかを
重ねてしまうんですよね。

"それを強さと呼びたい"

割とひねた私ですが、不覚にもウルっとしてしまいましたよ(*;_;*)
あ〜ちゃんの書いてくれた詩だから、
というのもあるのかもしれませんが^^



とまあ、こんな具合に掛川の夜は暮れて行きました。

レポは書いてみたものの、wowow放送されていたので
正直なくても良いような気もするのですが^^;
まぁ、そこはご愛嬌ということで。

お付き合いくださりありがとうございました!




おまけ。天気のこと。

当日は、ライトファンな友人と二人、こだまに乗って掛川へ。
掛川に着いたときはくもり。

ちょっと湿度が高くて暑いけど、カンカン照りよりは過ごしやすいね〜
と会場でタコ焼きを頬張りながら、のんきに考えていたのですが…

ふと、テントの外を見ると空が暗ーくなってきて、
雨がぽつぽつ
遠くでピカリ
そして、あれよあれよと言ううちにゲリラ豪雨の襲来でした!!!
雨粒が大きい!

その後は、テントから追い出され(落雷すると危険だからだそう。)
係員に従って、降りしきる雨の中ライブエリアでただうずくまっていました。
滝行のよう^^;

幸いカッパは持参していましたが、足もとが水浸し。
なんだか怒濤のライブが幕開けしたな、とちょっと遠い目(- -;)

雨のフェスは初めてだったのですが、えらいこっちゃでした。
観客もそうですが、これはスタッフさんもかなり大変だったと思います。
本当にご苦労様でした(;^^A

何にせよ、とりあえず無事に終わって良かったです。


スポンサーサイト

Perfume Amuse Fes 2014 BBQ in つま恋(140719)

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

Amuse Fes 2014 BBQ in つま恋
 ~僕らのビートを喰らえコラ!~


に行ってきました^^

実はwowowで放送されていたんですね!
ノーマークでした^^;(最近、情報拾い漏れが多い…)

では、早速Perfumeのライブのことをば。

ちなみに私、CブロックのPAサイドのっち側でした。
三人ともマッチ箱のように小さかった。笑



レフトステージのHaKUさんが終わった時点で、
メインステージを見るとマイクスタンドが3本!
これで思い出したのは「Puppy Love」と「マカロニ」。
ぐるんぐるんツアーに向けて昔の曲をやってくれるかな?と期待は
していましたが、まさか後でアレが聴けるとは。


●M01 ポリリズム
news_xlarge_BBQ_Perfume.jpg

最初が「ポリリズム」は珍しい!
この時点で今回は何かあるかも!?と期待が膨らみます。

今回の衣装は、「Cling Cling」の青緑の色違い。
明るい色なので、かわいらしくて良い感じ!
そういえば去年、つま恋?で男性が多いフェスだから
女性らしい色を着たとか言ってたような。今年も意識したのかな???
ちなみに、かしゆかは夏仕様のハーフアップ、
あ〜ちゃんのっちは安定のポニーテールとボブでした^^

●M02 Spending all my time

無印の「Spending all my time」は去年のMETROCK以来。
この曲はイントロでおお!ってなりますね。
身体の動きが毎度ながら美しい…。特に白くて細い腕。
この曲はピンク衣装のイメージがあるので、
今日の衣装ともあまり違和感はありませんでした^^

●MC(相当うろ覚え。)

かしゆかあ〜ちゃん→のっちで自己紹介。
 「Perfumeです!よろしくお願いします。」

あ〜ちゃん(MCはニュアンスのみ^^;)
 みんな大丈夫?大丈夫じゃないよね。 本当よく残ってくれたね。
 ありがとう。 それだけ音楽が好きなんじゃね。 音楽のコア。

・直前のコラボ企画、ポルノグラフィティの岡野さんが浴衣で大股開き
 パンツが全開だったことについて、
 のorか「パンツ丸見えじゃったね。」
 あ「あれはサービスよ、ベテランはサービスのレベルが違う」

・今日の衣装について。
 あ「新曲出したんよ。知っとる?
   さりげなく新曲と衣装が色違い。アピールしている」

・毎度ですが、あちこちから女子の「かわいい〜」「かわいい〜」
 の声が聞こえてきます!

●M03 Cling Cling
news_xlarge_BBQ_Perfume_01.jpg

あ「ライブ初披露です!」

ということで、早速生で見てきました。
やっぱりテレビとは全然、印象が違います!!
個人的には、数十倍ライブの方が良い、です(*´∇`*)

ちゃんと全体が聴こえる音響とダンスがないと
良さが伝わらない曲だと改めて思いました。
(音は位置のせいか何なのか、やや割れ気味でしたが。)

そして曲の頭、かしゆかの横座りポジションにくらくら("▽"*) ♪
何があれって、横座りするときの仕草や
スカートの裾を直す手つきのしなやかさに雰囲気があります!
ちなみに隣の女子2人がその光景に「かしゆかやばい」と言っていました。笑
と言う感じで、私もKOされていましたよ。

●M04 マカロニ

!!!!!!!!!!

私、初めてだったんです。生でマカロニ聴くの!
ずーっと夢見ていた光景がそこにありました(T T)

本当にいつ聴いてもいい曲です。

最近、昔の曲をやるとPerfumeが大人になったと
感じることが多いのですが、
25歳の「マカロニ」はそういう昔の曲とは何かが違いました。

今の、25歳のPerfumeが懐かしい。
目の前で「マカロニ」を歌う彼女達がすごくきれいで、
かわいらしくて、涙が出そうでした。
この曲には、今この瞬間を美しく切り取る力があるのでしょうか。

"マ マ マ マカロニ"のところで、のっちがカメラに抜かれたんですが
そのかわいらしいの何の(*;_;*)
のっちだけじゃなくて、あ〜ちゃんかしゆかも。
今思い出しても、胸がじーんとします。

●PTAのコーナー

・"カラダが夏にナル カゲキで最高"
 T.M.Revolution「HIGH PRESSURE」
 (リリース当時、よく友達が踊ってました^^)
 PTAコーナー初出。

 あ「カラダが?」「夏にナル」(3人とも振りをしつつ)
 
 Perfumeが他の人の曲をやるときに思うのですが、
 ダンスの基礎があるので
 何をやってもサマになっていてカッコイイんですよね^^♪

 ちなみに、どんくさい私は振りが覚えられずあたふた^^;

 あ「TMさん、サイコー!大好き!」「アミューズじゃないけどね。笑」

・その後は、サバイバルダンス、ウルトラソウルと
 あ「他の人の曲が続きます」

 ウルトラソウルは地面がびっちゃびちゃなので、
 私の周囲ではあまり飛ぶ人はいませんでした(;^^A

・歯磨きもあった。

・あ「私たちの曲もやります。」「チョコレイト?」

●M05 チョコレイト・ディスコ

ということで、PTAの流れで「チョコレイト・ディスコ」。
チョチョチョのやつでした。

これは毎度ながら、フェスでは最後の〆って感じですね。
皆で楽しく盛り上がれるで、有難い曲です^^

そして、最後にあ〜ちゃんから「新曲よろしくね」の一言があって
Perfumeのステージは終わりました。

その後も、周りの女性が「かわいかったー」「かわいかったー」と
漏らしていましたよ^^



以上、ライブ本編でした。
コラボやその他のことはまた明日に続きます^^


Perfume SAYONARA国立 2014/05/29

Posted by minotti on   4 comments   0 trackback

SAYONARA 国立競技場FINAL WEEK『JAPAN NIGHT』

に行きました^^

直前まで新宿伊勢丹にいたため、PerfumeTシャツではなく
もっぱら普通の恰好で千駄ヶ谷へ。←後で後悔

電車のなかはそれほど混んでなかったのですが、
ホームから改札に向かうにつれ、人、人、人…
6万人の大移動ですΣ(゚Д゚;)
この時点で17時くらいでした。

それからお手洗いに並んでいたら、案の定
オープニングとMAN WITH A MISSIONの最初の曲を聞き逃しました。
うーん、残念(T T)

ちなみに私はアリーナのかしゆかサイドでした^^

ライブ2日目は" JAPAN to the World "がテーマということで
パンフレットには出演アーティストの海外ライブ暦が記載されています。



今日のPerfumeは、
MAN WITH A MISSION、SEKAI NO OWARIに続く三番手。
今日の出演者のなかでは唯一、楽器を演奏しないので
舞台がきれいさっぱりになった時点でPerfumeの出番と分かります^^

舞台のセッティングが終わると
手拍子を始める人が現れて、私もそわそわ・・・
(あの手拍子、昂る気持ちを運動エネルギーで
 発散しているのじゃないかと思っています。
 というか、自分がするときはそういう一面があります^^;
 しないと、落ち着かなくって多弁になるのよ。)

そしてSEが止まって、来るか!まだか!来るか!まだ〜〜〜
と思ったら、

まずは 

● ライゾマ仕様の映像 

見たことのあるような部分(たぶんドームのオープニング)
もありましたが、たぶん初出の映像だったと思います。

この映像がかっこよかった(> <)

ラスト、3人の3Dスキャンデータがヒール、足…
と徐々に形成されて、完成した3人の胸に赤く光る鼓動。

そこから驚きの

● 01. edge(ASIA ver)

驚きと喜びで、今日一番テンションが上がった瞬間です!
まさかフェスで『edge』やるの!?!?

news_large__IG32659.jpg

自分の位置からの死角だったのか、むしろ
『edge』なんてやらんだろうという精神的な死角だったのか
3台のハコには全く気づきませんでした。

最初から飛ばします!
何をって、自分の気合いです!!あと、身体。
そして、レーザーも飛ぶ飛ぶ。

Perfumeファンはもちろん歓喜の声。
ちなみに私の後ろにL'Arc-en-Cielファンと思われる
女の子2人組がいらしたのですが、

「Perfumeかわいい!」「すごくない?」

という話し声は、興奮の真っ最中とはいえ
しっかりキャッチしました。

曲、ダンス、演出のスクラムで
観客の掴みは間違いなくばっちりだったとおもわれます。

● 02. Spring of Life(国立 ver)

国立Ver.???
最初はてっきりアルバムVer.かと思ったのですが、
言われてみれば、イントロとアウトロが無かったような。
(アルバムVer.の0:30から始まったはず。
 で、最後の「恋しようよ〜」からシングルVer.の終わり方。)

『Spring of Life』はリミックスの方が
勢いがあるので、フェスには持ってこいな気がします。
というか、Perfumeがすでに汗だく。
やっぱり、M01のせいか・・・^^;

私の後悔は、かしゆかの見せ場を見逃したこと。
うーん失敗。

● 03. Magic of Love(Album-mix)

そして、畳み掛けるようにこの曲へ。

news_large_IMG_1121.jpg

news_large__IG20631.jpg

アルバムを聞き慣れているせいもあるかもしれませんが、
テンションを保ったままの強力な流れ。

M01からの勢いあるムードが持続しているところがすごい!

ちなみに後ろの女の子2人の

「(周りを見渡しながら)すごくない!」
「ここにいるのってPerfumeファンだけじゃないのにね」

からも、ファンでないお客さんにも
しっかり楽しんでもらえているのが伝わりました。

Perfumeの一元のお客さんを掴む力は安定のようです。
曲とダンスの力を実感しますね。

● MC1

ここでやっとMC。
当たり前ですが、三人とも汗だく。

お決まりの「Perfumeです!よろしくお願いします!」。
そして安定と信頼のあ〜ちゃんのトーク^^
場の空気が完全にコントロール下に。

こういう風に淀みなく、話のオチもつけつつ喋れるのは
ライトファンも多いフェスでは本当に強みですね。

あ ライブも後半戦に差しかかってきました
  持ち時間30分
  なのに最初の曲で7分使いました!

そういえばそういう曲だったな。これは笑うしか無い^^♪

一旦、給水。(この辺りの流れからちょっと曖昧)

まずはのっちが出てきます。

の こくりつぅっ!!!
客 いえーい!

満面の笑顔でくねっとして

の もっかいやって貰ってもいい?

で、「こくりつぅっ!!!」「いえーい!」をリピート。

追いかけるように、かしゆかもトトト・・・と出てきたと思ったら
慌ててクルッと来た道を戻る。
再度、トトト・・・と小走りに出てきて、

か マイク忘れてきちゃった(照)。

歩く度、効果音が聞こえそうなかしゆかに悶える私。

か 私もやりたい!
  こくりつぅーっ!!!(←ああ、かわいい…)
客 いえーい!

そして、ラストはあ〜ちゃん

あ こーくりつぅ!!!
客 いえーい!!!

あ〜ちゃんの声の魔法は健在。煽られます!
それから、今日のライブの出演者がすごいよね!という内容へ。

の 次のラルクさんとかね!

に反応するかのようにスタンドから黄色い声援。

の 黄色い声援いいね〜〜〜!!

最近はのっちのMCも安定しています。

● P.T.A.のコーナー

あ 声を出していきたいと思います!

から始まったサバイバルダンス、ウルトラソウル。

あ これ全部人の曲なんだけどね!

こういうオチの持っていき方は流石のあ〜ちゃん。
そして、演技指導ののっちも良いのです^^

の 飛ぶよ〜!
  次は、4回飛ぶからね〜!

これで一見さんも迷いません。

ちなみに、のっち、かしゆか共にこのときはサイドに移動。
かしゆかサイドの私は、ゆかちゃんを堪能w

ちなみに、今日のゆかちゃんは、
前髪が少し短く、軽くなっていましたよ!
早めの段階からパラパラっと乱れておりました。

そして、声出しの最後は「チョコレイト・ディスコ!」

● 04. チョコレイト・ディスコ(2012-Mix)

news_large__TK35005.jpg

知っている曲で、且つノリが分かりやすいというのは
一見さんには重要だな〜とフェスに行くと実感します。

私の場合、うっすら知っている曲でもノリ方が分からないと
上手く盛り上げられずにわたわたしてしまいます(. . )ゞ

● 05. ポリリズム

あ 最後の曲です。

ここで観客の「え〜」という声が入ります。
国立への感謝とともに、

あ 私たちにとっては最初で最後の国立ですが、
  また7年後に新しくなったときも
  同じように代表として呼ばれるように、
  ちゃんと活動をがんばります

というファンにとっては
ちょっと食い付きたくなるメッセージを残しました。

そして「思いは巡り巡るよ」ということで『ポリリズム』。

news_large__IG10500.jpg

国立競技場という場所でPerfumeを見られるのは最初で最後。
そう思うと、非常に貴重な機会でした。

でも、また新たになったこの場所で
再びPerfumeが見られることを期待していいということですよね…

最後に、ツアーと今後の活動についての宣伝もしっかりしつつ
Perfumeの舞台は終わりました。



Perfumeの次は大御所、L'Arc-en-Ciel。
のっちの言う通り、あちこちから黄色い声援!!!

私が中学生のときには、既にメジャーなグループとして
J-POP界にいらしたわけですが
未だに勢力的に活動しているのは本当にすごいと思います。
そして、今も女性ファンを魅了し続けていることも。
(もちろん、男性のファンもいらっしゃいました。
 が、声援は圧倒的に女性が多かったです。)

ボーカルのhydeさん。
声にオーラがあるというのか、言葉数は少ないものの
しっかりお客さんを引きつけていたと思います。
歌っているときはもちろん、一言喋るだけでカリスマオーラ、
歩いてもカリスマオーラ・・・(適切な表現が出てこない^^;)
圧倒的でした。

また、Perfumeの前に出演された
MAN WITH A MISSION、SEKAI NO OWARIも良かったです!
マンウィズさんは楽しいロックバンド♪
SEKAI NO OWARIはフェスでも独特の雰囲気でした。



ちなみに私、国立競技場に行くのは今回が初めてでした。
もともとスポーツ観戦はあまりしないので
Perfumeが出なければ、一度も訪れることはなかったであろう場所です。

縁遠かったとはいえ、もう無くなると思うと寂しいものですね。
東京オリンピックに始まり、幾多の選手の思いを見届け、
またライブ会場としても多くの人に愛された建物です。

そんな国立に足を踏み入れる最初で最後のチャンス、
それが得られて本当に良かったなと思います。

これで私にも国立競技場との思い出ができましたよ^^


Perfume JPNツアーを振り返る #2

Posted by minotti on   4 comments   0 trackback

書きっぱなしにしていた記事の続きです。
今更のJPNツアー振り返り記事です^^

ちなみに、その1はこちら↓
http://mushimedzuru.blog.fc2.com/blog-entry-68.html



私がPTAに入会したときには、
ツアー本体のチケット先行はすでに終わっていました。
なので、広島は一般人として普通に電話してゲット。

当時は初心者だったので、追加公演あるなしとか深く考えず
いずれ良いことあるかな〜くらいに思っていたら、
武道館4daysの発表が有りました。

PTA会員になれたわけじゃしアリーナだったらええな〜
くらいの緩いノリだったのですが、
ほんと有難いことにそのお願いが叶いました(T T)

で、都から都へ上京。
当日は、銀座Appleで相棒となるiPod classicを買い
ルンルンでいざ武道館へ。

人生初、日本武道館。
有名な場所なのでさらに気分が上昇↑↑↑
お堀と立派な門があって、お城みたいだなと思いました。
(と思ったら、本当にお城の一部だったんですね。
 今日はじめて知りました…。これじゃけえ田舎もんは。)

九段下から武道館への道のりは、
ダフ屋あり、チケットを求めるプラカあり。
武道館の"JPN"模型の周りには写真撮影をする方、
フリコピされている方、、、安心のPerfumeライブの雰囲気。

お手洗いにてツアーTに着替えた後、アリーナ内部へ。
広島グリーンアリーナと違って、ハコが狭く感じました。
急斜面の八角形のすり鉢といった感じ。
密集している感がよかったです。会場の熱気が伝わりやすい。

上を見上げると、日の丸。
ああ、武道館じゃもんな(‥ )
なぜかとても感慨深い気持ちになりました。
Perfumeのツアー名も「JPN」だったので。

先に座席に着いているはずの同行者を探してアリーナをうろうろ。
列が一桁だったので、気づいたら結構前の方に。

前の方、前の方。。。
あ、発見!

ん!?
えええ!!!

どっしぇ〜Σ(゚Д゚;)))

出島の最前列でした^^;
この瞬間は本当に心臓がやばかった・・・
一生の運を、人生の前半で使い切ったかと思いました。
出勤したら私の席無くなってるんじゃないか。
そんな想像が頭をかすめます。

m「・・・あんた何てとこに座っとるん(゚Д゚;)」
同「どうしよう・・・申し訳ない。」

二人で呆然。
ライブ前だというのに、既に何かが抜けていました(笑)

ということで、人生初ライブから4ヶ月にして
間近でPerfumeを見ることが出来るという
身に余り余る幸運に恵まれました。

目の前で歌って踊るPerfumeは圧倒的でした。
汗とか目の輝きとか、衣装のしわとか・・・
後れ毛とか背中のラインとか足のカタチとか・・・
ライティングで描き出された三人の陰影とかね。
至高。天国。
んで、このときの見上げる三人がずっと印象に残っていて
Perfumeは圧倒的で強さを秘めた存在として
私のなかにインプットされてしまったようです。

もちろん、三人ともキラッキラでかわいかった(T T)

のっちは 
しなやかで伸び伸びとしたのっちだった。
身体のライン、特に背中が美しい。あと横から見るおでこ。
背も高いし舞台に立つ姿がきれい。
あと、立っているだけでそこの空気が澄んでいく感じ。
一番圧倒されるものを感じた人でも有ります。

あ〜ちゃん
シャープな切れ味と愛嬌ある表情がかわいいかった。
声と表情の魔術師ですよ。で、笑うとぱあっと華やかになる。
女性らしさと同時に鍛えられたメリハリのあるスタイルがきれい。
フレアワンピースがすっごく合ってました。
で、こんなにかわいいのに喋っているときの堂々っぷり。
水を得た魚のように空間を手中に収める。そんなときの
自信満々のいたずらっ子みたいな表情が結構好き。

かしゆか
大人しそうに頷いてたかと思いきや
急にカウンターパンチをくらわされまして・・・
かしゆかの「楽しい!」ってときの笑顔が      
色々ふっとぶくらいかわいかった。しかも仕草がいちいち
(*´∇`*)
あと、顔がちっちゃい。上半身がちっちゃい。
そんな華奢な背中から腰にかけての曲線美がすごく女らしい。
ダンスのせいでボサッっとした黒髪がライトを浴びて
それがまた雰囲気あった。

ちなみに同行者は、当初「のっちかな」と言っていたのですが
ライブの帰りには「やっぱあ〜ちゃんかな」と呟いておりました。
かしゆかはどうだった?と尋ねると「エロかった」とのこと。
もっと他に感想がありそうなものを…まぁ正直な回答です^^;

とまあこんな奇跡のようなライブでしたが、
間近で見るPerfumeに必死であまり内容は覚えていません。
強いて上げれば、『コミュニケーション』お披露目と
『Spring of Life』で衣装が光ったときの観客の雄叫びは
思い出せるかな。
とにかく照明のなかで踊るPerfumeの表情とダンスの輪郭ばかり
記憶に残ってます。

それで十分過ぎるほど幸せです。

ちなみに、終演後アリーナからはけるとき
初めてMIKIKO先生を見ました。
凝視してはいけないと思いつつ、つい見入っていました。
だって、MIKIKO先生よ!
すぐ分かったよ!
小柄で芯がぴっと通った雰囲気の人でした。

そんなこんなでやっと書けましたJPNツアー振り返りの続き。
約1年半前。
そこから今があって、ついに次のアルバムが出ます。
あの日、間近で見たPerfumeの輝きをこれからも色んな人に
見せていって欲しいなと思います。

というわけで、2012年5月8日のJPN追加公演の感想、
またの名を「まじで希席」なお話でした^^


Perfume JPNツアーを振り返る。#1

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

2012年1月14日に、Perfume 3rd tour「JPN」が神戸からスタート。

私の人生初LIVE、初Perfume。

広島追加からの参戦だったので、ちょうど1年前、
神戸初日はネットでひたすら情報収集していたなあ。

ということで、昔の記録をもとにJPNを振り返る。


●JPN広島追加 2012/4/1

初めてのLIVE、Perfumeなもんで
広島駅やグリーンアリーナ周辺でPerfumeTやシャカシャカの人を
見かけては喜んでいた。

物販で黒のJPN Tシャツとツアーパンフを購入。
とりあえず時間があったので運動公園横の百貨店?でお茶しながら
ツアーパンフを眺める。

会場に戻って、氷結を買いTシャツに着替え、いざアリーナへ。
席が2階席の後方だった。…ステージが遠い。

氷結CMがずっと爆音で流れていてそわそわと緊張が高まりだす。

定時を過ぎた頃、会場のFANが手拍子を始める。
そわそわがさらに高まる。

ん〜でも、なかなか始まらない。
そういうもんか、と状況に慣れて来た頃に何の前触れもなく暗転。

観客の興奮した声と、真っ暗なアリーナで自分の緊張感が高まる。

ああ、いよいよ…

そして閃光とともに謎の折りたたみ式三角形が出現。

UFOから伸びる階段みたいでちょっと怖い。

「J, P, N」の声、

そしてPerfumeのシルエットが浮かび上がる。

「the Opening」とともに階段を降りる三人。

あれが本物か。本当にいたんだな…

感動というか隠された真実を知ってしまった感、
完全に“未知との遭遇”状態(笑)

一緒に行った人には「私を止めないで」とだけ言っていた。
割と落ち着いて聴いている横でLIVE中はひたすら跳んでいた。
汗だく。
MC中はちょっと寒くなることを知る。
実は『エレクトロ・ワールド』だけ分からなかった。
でも、周りに合わせてのってみた。

LIVEのあ〜ちゃんはやっぱりすごかった。
あ〜ちゃんの声や表情はダイレクトに伝わって来る。
煽られればこれでもかとノリたくなるし、
昔語りの涙を見ればこちらもじんわりと胸が熱くなる。
才能の塊、神がかったアイドルだと思った。

のっちについては「本当によく分からん」と日記に記載あり。
最初のMC、の「かかってこんかい広島ー!」
からの照れながらのえへへ(^^)
におっとっと。最後まで煽ってくれよ〜と心でつっこんだ。
これが「残念」っていわれる所以かと妙に納得。
あと、お子さんをMCでいじっているときに
の「とりあえず何が不安?」
のっち…(^^:)それどういう質問よ。
面白いけど、分かんない、謎な人がのっちの初LIVEでの印象。

かしゆかかしゆかはね。
なんだろう…めちゃくちゃかわいかった。
強く煽ることもないし、
つい笑っちゃうトークをするわけでもないのに。
スクリーン越しのあの微笑みと話し方だけで、やっぱりかっしかしになった。

そういえば、4月1日はかしゆかママの誕生日で
バースデーパーティーをしたとあ〜ちゃんが話していた。
ケーキを持って登場したかしゆか
涙ぐむかしママを熱演するあ〜ちゃん
あと顔がすっごい小さいとか言っていたような。

『Dream Fighter』の音だしミスもあった。
それすらも上手いこと話のネタにしてしまうあ〜ちゃん
本当にすごいと感じた。

とりあえず、終わったあとは海パーンじゃなくて
頭ぽかーんな状態だった。

楽しかったものの、席の都合で三人が小さかったのが心残りになる。
普段はDVDで思う存分間近で見ていただけにね。
OLYMPUSの双眼鏡を購入はしていたけど、それでも三人の表情は分からず。

でも、もっと近くで見たい!!!と切に願ったら、
追加公演で奇跡が起きた(> <)