スポンサーサイト

Posted by minotti on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」wowow #4

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


M10. SEVENTH HEAVEN

永らく忘れられていたかと思いっていたら、
World Tour 1stの際にリリースされた
「Perfume Grobal Cpmpilation"LOVE THE WORLD"」で急浮上、
(LOCKSだったか、中田さんのこの選択に、三人も驚いていたはず。)
World Tour 2ndでもお披露目されていて
今や名実共に代表曲ですね^^

この曲のライブ映像といえば、直角二等辺三角形か代々木2009。
最近よくお披露目されているから、ということよりも
"代々木のリベンジ"的なセットリストと捉える方が素直なのでしょうか。

リベンジ・・・あのときと今のPerfumeじゃあ違い過ぎるというのが
代々木2014の『SEVENTH HEAVEN』の感想です。

思春期のような一瞬のきらめきではなく、
もっと安定していて幸福感に満ちた三人の表情に
2009年とは全く異なるかわいらしさを感じます。

他の曲と違って、ダンスがシンクロしていないのも良いな、なんて。
伸びやかに自分を表現しているように思うのです。

おてんば娘も、ボーイッシュな女の子も、小悪魔も
それぞれに本当に素敵な女性になったなぁとしみじみしてしまいました(;;)


MC2

ここであ〜ちゃんの「もう上がって行くばかりです!」投入。
これを聞くと私はいつも後半戦の寂しさと
今盛り上がらねばいつ盛り上がる!?という闘志で燃えます。笑


P.T.A.のコーナー

「ぐるんぐるん」のかけ声!?
16日にはなかった〜〜〜。いいなぁ(> <)

ときどき映る客席のびっくりするほど真剣な表情。
きっと私もあんな感じなんでしょうね^^;

あ「頑張ってって言ったら、頑張りますって」
の「素直!」
あ「まるでのっちのようだ」

稲穂。
ひたすら稲穂。
タメがあっても稲穂。

録画を見ながら初めて思ったのですが、この筋肉運動、
普段から鍛えていない多くの人はもちろん辛いはずですが、
想像するに主催者であるあ〜ちゃんも結構辛いのでは!?

実は自分もそろそろ限界、を感じながらも
それを微塵も感じさせず
笑顔でいたぶって(!?)いるのかもしれません。
ううむ、恐るべしあ〜ちゃん。

栗拾い。

か「見てるよ〜。拾って〜〜」
・・・見られてる。もっと見てほしい(*´ω`*)

後の『Hold Your Hand』の伏線"とん右とん左とんとん(以下略)"
ちょっとどんくさい私はわたわたしていました。


M11. Party Maker

この盛り上がりで望む『Party Maker』がいいんです!
フル音源じゃないのが悔やまれます(‥ )

LEVEL3ライブの重ね着した羽根つき衣装と違って、
ぐるんぐるんではうろこ衣装一枚という軽装のおかげで
身体のラインや手足がすごくきれいに見えるんですよね♪

のっちのソロ見せ場。手足が長いんだわ・・・

あ〜ちゃんかしゆか、のっちかしゆか、のっちあ〜ちゃんなど
二人で画面に抜かれる瞬間もビシッと揃っていて痺れます(T T)


M12. GLITTER

ひっさびさ。本当にひっさびさ。
私、ライブは2012年の海パーン以来?

緑のレーザーがGLITTERらしいです♪

この曲のサビと三人の笑顔のパワーがすごくて
自然と笑顔になれて前向きな気持ちになれるんですよね。

"きらきらの夢の中で僕たちは約束をしたね"

いい曲。本当、いい曲。

ラスト、ぶれないかしゆかに拍手!!!


スポンサーサイト

Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」wowow #3

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


実はこっそり続いています。このシリーズ^^



舞台転換

Music by 中田ヤスタカ(CAPSULE)です。
映画音楽のような曲。異次元に迷い込んだ気分です。
舞台では、先ほどまでのPerfumeの踊りが再現され映ります。
時間が巻き戻って繰り返されるということ?
それとも、これもPerfume Worldの一部ということ?

そして曲が攻撃的なものに一転し、
映像はPerfume Worldで遊ぶ三人に。



M08. エレクトロ・ワールド

衣装は、『DISPLAY』動画の青いやつでしょうか?

ここからの流れがすばらしく好きです!
Perfume World→エレクトロ・ワールド・・・
今回は、"掟"のようなコーナーはなかったですが、
その代わりこの硬質な流れが印象的でした。


M09. DISPLAY

ライブでも予想が的中してしまった『DISPLAY』。
曲の流れって本当に大事ですね。
いつやるの?今、でしょう!(笑)

『DISPLAY』はPerfumeらしい止めの多いダンス。
ピタッと合う瞬間が涙が出るくらいかっこいいです。
("蘇るあの時ならplay now"とかめちゃくちゃかっこいい…)

そして、フォーメーション移動が多い!
ということにwowowを見て気づきました。

ところで、"DISPLAY"のかけ合い
のっち、あ〜ちゃん、かしゆかの順でほっとしました。
私の耳、まだ使えるぞ!


Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」wowow #2

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


M04. レーザービーム

ここで衣装が白×薄紫に変わりました。

ここへ来てのレーザー光線と
あ〜ちゃんの「代々木!!!」で盛り上がります!

久々の『レーザービーム』(*´∇`*)
これはオリジナルではなく、『JPN』の方のやつですね。

この曲から見上げる視点のカメラワークが
ちょいちょいあるのですが、かしゆかはいつものこと
あ〜ちゃんも結構スカートが短いのですね(;^^A

丈はさて置いて、はためく細かなプリーツがきれいです^^


MC1

これが千秋楽であり、記念日のMCΣ(‥ )!!
生で聞きたかったな〜。

のっちとかしゆか。種田陽平さんの話。
ここであ〜ちゃん登場!

グループ分けは「り」、「に」。

あ「手、天上つくん?」「あんまついちゃおえんよ」と脱線。

そしてアリーナは「あ」。

某曲の名誉挽回か(^^)


M.05 いじわるなハロー

実はのっちが終始にっこにこです。

かわいい系の曲となると、
あ〜ちゃんかしゆかに軍配が上がりそうですが、
こののっちの抑えきれない乙女感がかわいかったです。

この曲、よく見ると寸劇調なんですね。
口紅をつける動作とか。

それにしても、かしゆかはキック役なんでしょうか^^

"いじわるなハロー"のステップもいいですねぇw

間奏のカンフーに若干の違和感を感じつつも、
(やまねこさんのおっしゃていた
 ゲーム音楽はこれと関係があるのでしょうか。)

笑顔で踊るPerfumeがかわいくて堪りません!!!

スキップで出島に出てくるところ、アイドルです♪


M06. I still love U

イントロがかっこいいですよね〜。

『1053』はさておき、公式に映像が残っているのは『⊿』。
そのときから5年経っているので、大人の『I still love U』です^^

歌いだしのあ〜ちゃんがすごく嬉しそう♪
アイドル歌謡な曲調があ〜ちゃんに似合いますね。

ボーイッシュで中性的な印象だったのっちも大人です(*´ω`*)

そして、アウトロもかっこいい!!!

このかっこいいとかわいいのバランスが
アイドル的なPerfumeの黄金比な気がします。


Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」wowow #1

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


今回も、10月24日という直前にwowowに入りました。
毎度、お世話になっていますm(_ _)m

ライブには参加しましたが、映像はまた別物です。
何より遠くて見えなかったところや、
展開についていくのに必死で覚えていないことが多々あるので
ライブ映像を見ると発見が多いです^^



そうそう。まず思ったのが拍手のこと。
そういえば、代々木初日もタンタンタタンの拍手でした。
あれはいつから始まったのでしょうか?
ちょっと気になります^^;

千秋楽だからかお客さんもかなり気合い入っていますね。

そして、舞台が暗転。
力強い声、声。


白いスクリーンに映された映像は、[ Perfume World ]を検索。

そして、見慣れた家の映ったPerfume WorldのHPへ。
架空の街を進み、"ENTER"すると、

そこは『Cling Cling』の世界。

現実に戻り、幕が開けると


M01. 『Cling Cling』

カメラ越し(間近)で見るとまた印象が変わります。
改めて、照明が凝っていたことに気づきました。
ライブ中はそんな余裕もなく^^;

『Cling Cling』は赤衣装がやっぱり好きですね(*´ω`*)
曲がぐっと聴きやすくなるような気がします。

Perfumeのなめらかダンスが印象的です。
そして、サビで上がりますね!
テレビではあまりピンと来なかったのに、
ライブ映像になった途端なぜこうも変貌するのでしょうか!?

間奏部分のダンスが良いですね^^

"I will cling to your chest"を歌いながら
人差し指を立てて曲線を描く振り付け、
会話をしているみたいで好きです!

いやぁ、こんな振り付けあったのね。
(もう全然気づいていなかったよ・・・)

背景×衣装×曲×ダンス。
これがようやく初めて揃ったのですね。
つま恋でも見ましたが、全て揃った『Cling Cling』は
インパクトありますね!


02. Handy Man

Perfumeの2013年を代表する(?)変わった曲。
ついにこのぐるんぐるんツアーで初対面となりました。

曲の印象はそう変わらないのですが、ダンスによって、
『Handy Man』が以前よりも
生き生きして聴こえるようになりました。

からくり人形のような振り付けや、
細かな手の動きも曲に合っているように思います^^

2番に入るとき、のっちが後ろからさらっと
ダンスに加わってくるところもいいな・・・。

それから、かしゆかに目がハートの私は、
"ほら見てあのこみたいになれば" の部分にノックアウトされました。

"あのこみたいに" のところの
上半身の動きがつぼなんですよ!!!

照明が暗いので表情は読み取れませんが、
仕草が小悪魔と言いますか
いやきっとグッとくる表情をしているでしょう!!

・・・嗚呼(*´∇`*)
かっしかし。とても幸せな病です。

『Cling Cling』『Handy Man』の不思議なエキゾチック感
Perfumeの新しい流れを感じる流れでした^^


03. Clockwork

三人が別のステージで踊ります。
ご存知かと思いますが、『Clockwork』大好きなので
ただひたすら音楽に身を任せるのみ・・・。

途中、あ〜ちゃんが何かを見つけたかのように笑っていますね!
一体誰がいたの?
確信犯的な笑みですΣ(‥ )!?

そうそう。
『Clockwork』は間奏の振り付けもいいんですよ(*´∇`*)
何かを投げるような振り付けや
後ろに引く動作・・・何もかもがベストマッチ!!!!!

最後に、それぞれ別のステージにいた三人がセンターに集まりますが、
ここの破壊力の凄さ。

三人の揃ったダンスが生み出すエネルギーが
心を惹き付けてやまないのです。

別々に視認するのもいいのですが、
個人的には三人一緒に踊って頂けるとなお引き込まれるのであります^^


Perfume 4th Tour in DOME LEVEL3 @wowow140201 追記

Posted by minotti on   4 comments   0 trackback

追記1。

『Spring of Life』ダンスが変わっていて、
よく考えたら超かっこいいイントロの初披露じゃないですか!

あ〜、すっごい惜しいことした。
何も考えずに、ライブに夢中になってたわ・・・。

見直すと(また見たの^^;)
メインのイントロに入る前、人差し指を使ったダンスがすごい良い!
そうそう、この感じ!
ずっと抑えていた高揚感が弾ける前のじれったさ。
のっちのニヤリとした表情にね、煽られますね。



追記2。

『Magic of Love』
ハートを作る成分をちょっと味見するゆかちゃん・・・(*´ω`*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。