Perfume SXSW 2015 #3

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


今更ですがSXSWの演出について。
先日頂いたコメントを読みながら、ちょっと考えていたことです。

ライゾマ演出が全面に出てPerfumeが陰となると
ファンからの評価はちょっと分かれるようですね。

私としては、ライゾマ強めも全然ありなのですが
どうでしょうか(*´∇`*)?

とはいえ、今回の演出については色々思ったこともあります。


一つ目は、

"静"が強く、映像視点こそくるくる変わるものの
全体にかなり抑え気味だと思いました。

色も抑えめ。なんだか華がないなーなんて^^;

衣装はその辺りを意識してか
『STORY』では白・グレー・黒とモノトーン、一転して
『Spending all my time』では鮮やかなオレンジ×紫でしたね。


そして二つ目は、

Perfumeに投影される映像に、もう少し変化があって欲しいです。

翻訳歌詞では、『Spending all my time』のツイッターと
ぱっと見が同じような気がしてしまいます。
文字列なので当たり前かもしれませんが^^;

JPNツアーのパンフレットのような
有機的なマッピングも取り入れて欲しいな〜

こんなにマッピングが全面に出てきているのに
投影されている内容は印象がぼやけるのが寂しいところ(´・_・`)



演出全開といえば、LEVEL3 in DOMEは大好きで
強め演出がとても効果的に感じました。
かっちりしたテーマがあってこその演出なのでしょう。

SXSW2015はその辺りがもやもや。
でも、曲と演出、曲とPerfumeの相性は好きです!!

特に印象的だったのは曲、『STORY』
一番テーマを提示していると感じました。
また、Perfumeとライゾマ演出をこの曲がまとめ上げているようにも思いました。

強めの演出をどう見せるのか。
そういう意味で、チームPerfume(ライゾマも含め)が
試されていると感じることが最近あります。

おっと、いけません。喋り過ぎました(;^^A
ほんと観客とはうるさいものです。

というわけで、すごく面白い部分がいっぱいあるのに、

もったいない〜〜〜!!!

という気持ちです^^



お口直しに♪




Perfume-SXSW-2015-2.jpg

最近、ブログの仕様を変えてみました。
UPできる画像が大きくなって満足です^^♪


スポンサーサイト

Perfume SXSW 2015 #2

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


公式がきました。
Perfumeがこういうライブ映像を上げるなんて珍しいΣ(‥ )!!



ついつい何回も再生してしまいます(*´∇`*;)
曲も好きですし、映像も面白いです。

何が起きてるかはさっぱり分かりませんが^^;

私に分かることは、
三人が手動でパネルを移動させているということ。

今回の演出の核であるこのパネル。
おそらくは『1mm』MVのあれだと思うのですが。
三人が扱える重量なんですね(. . )!
もっと重いものかと思っていました〜。

とはいえ、今回の演出の性質上
パネルの位置設定、正確な移動は必須…
素人目にも手軽な演出じゃないと感じます(;^^A

でも、それを感じさせない滑らかな手技。

ツボだったのは、3:11のパネル内メンバー移動。
あ〜ちゃんからのっちに移動、三人の移動、またあ〜ちゃんに戻る。
こういうゼンマイ仕掛けな動きが良いですね^^

そして、「43546414」をじーっと見ていて
最初は「4」は全て同じポーズかと思いきや
3回目の4から少し違っていて・・・

ということで分かる範囲でまとめてみました。

63546414.jpg

手の先に数字が書いてあるポーズでは、
指で数字を示していました。

映像で確認できないだけで、全てのポーズで
指は数字を表しているのではないかと推測しています。

また、2回目「4」の右手は
パネル映像だと頭の上なんですが、
実際の三人は顔の前のようにも見えて正解が分かりません。

また、足もとは見えないときも多いので分かる範囲です^^;

これを描きながら、Perfumeって文字であり言葉であると
しみじみ感じました。象形文字みたいです。

これを作りながら見た映像では、
1巡目(0)→4→3の動きががのっちだけ違っていましたΣ(゚Д゚;)
これは仕様?それとも・・・。

実は間違えたんじゃないかと疑惑が残りますが、
とても美しくきまっていて、そこは流石のっちです。


Perfume SXSW 2015

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


皆様すでにご覧になったと思いますが
これまた、すごい作品でしたね。

ということで小市民による雑多な感想です^^

まず初めに。

Perfumeと演出どちらがメインなのかという論争はありましょうが、

カンヌライオンズ、SWSX2015といった場面で顕著になる
ライゾマテクノロジーの演出は、意図的なんだと改めて思ったのです。

メインに据えている物が、
国立競技場JAPAN NIGHT や ぐるんぐるんツアーとは
根本的に違うんでしょうね。

こういう海外アウェーライブは、
Perfumeに関わるクリエイターにとっても機会で
前のめりにならざるを得ないのかなと思っています。

そういう点で、Perfumeはまさに理想的。

たとえ演出が強く前に出たとしても、Perfumeがいないと成立しない。
素材としての存在感を強く感じるのです。

そうそう、素材としての^^

news_header_Perfume_SXSW_1.jpg

news_xlarge_Perfume_SXSW_3.jpg

そのせいか、衣装もものすごく地味な(おっと失礼)色合いでしたね。
裃を思い出したのは私だけでしょうか(‥ )??

そんな感じで、テクノロジー全開のイントロから
LEVEL3ツアー、WT3rdのオープニングのような流れを予想していたのですが

「STORY(SXSW-MIX)」が始まった時のおどろき!!

歌を聴いたとき、最初はCAPSULEの
『CAPS LOCK』『WAVE RUNNER』みたいだなと思いました。

音のせいか、声のせいか(. . )ゞ 個人的に好きです^^

特に数字を読み上げるところ(*´∇`*)

人間の声を、無機質に沈めることから感じる温度。

中田さんがPerfumeからくみ上げてくれる温度が、
演出とものすごい違和感なんです!!

Perfumeではなく、別な存在の声のようで。

まるでPerfumeはただ踊っているだけの装置にも思えて。

でも、感情のある装置。生きている装置。

しかもその声が、幼く聴こえるから
なんだか脳内の空想が広がる広がる・・・笑。

装置の中に童女がいてわらべうた唄ってます。みたいな。

(ところで、中田さんはPerfumeの声を幼く加工するのが
 最近のツボのなのでしょうか?)

そして、『STORY』の歌詞。
最初は気恥ずかしい印象を受けました^^;

でも、Perfumeが歌う"物語"という歌詞に
アルバム『LEVEL3』以降リリースしてきた曲に
通じるものを感じました。

Perfumeに託して歌われる、私たちの物語なのかなと。

とまあ次のアルバムリリースまで思いを馳せてしまいましたが、
SXSWへの注力が一体何を意味するのか
いずれ明らかになるときが来るのでしょう。

余談ですが、演出技術がPerfumeとどう親和するのかって本当に未知ですね。

クリエイター陣も、経験と感覚から
「これしかない!」と最高の答えを得ることは出来ても
結果は本当に分からないんだと思います。

新たな試みをするとき、演出をする側はもちろん
Perfumeもまた素材としての可能性を試されているのだと思いました。

ふふふ(*´ω`*)


Perfume GROBAL SITE Translyrics

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


また新しいニュースが来ましたね^^

「Perfume Translyrics Project」スタート!!

「Perfume Global Site」にて、世界に照準を合わせた
新しいプロジェクト
「Perfume Translyrics Project」がスタートしました。

Translyrics Projectは、Perfumeの楽曲の歌詞を
世界中のみんなの力で46の言語で翻訳し、投稿していく
参加型のプロジェクト。

Perfumeの楽曲の歌詞をそれぞれの解釈で
翻訳して投稿することが可能で、
SNSでログインして投稿された歌詞をシェアすることも出来ます。

翻訳では参加出来ない人も、
Perfumeのこれまでのビデオクリップを様々な
言語の歌詞付きで閲覧して楽しむことが出来ます。


翻訳ができない私にも朗報です("▽"*) ♪

Perfume Global Site
http://www.perfume-global.com/

久しぶりにGlobal Siteを訪れましたが、
今までのプロジェクトも見やすいように
インデックスになっていました^^ ありがたいw

ちなみに話題の"Translyrics"のページに行くと
色々な言語(46カ国語分あるのでしょうか。)で挨拶してくれます。

46の言語ってこれまた多いですねΣ(゚Д゚;)!!
参考までに、東京外国語大学の選考言語を数えてみたら
27でしたので、このことからも46がどれだけ多いのか分かります。

Perfumeの考えるグローバルの広さ。
その範囲は世界中のファンとつながりたいという思いの
表れのような気が致します。

そして、もう一つ気になるのが"Translyrics"の1曲目。
歌詞のみ公開されている
STORY(SXSW-MIX)でしょう!!!

いきなり歌詞が数字で、よんさんごーよん???
なんのことか気になって仕方ありません^^;

こちらがヴェールを脱ぐ3月17日まで後少し、ですね♪


Perfume 2015年はまだ水面下

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


いつの間にか逃げてしまった2月。
blog更新が随分空いてしまいましたが、私は元気です(. . )ゞ

さてさて、2015年のPerfumeの動向が気になる日々ですが、
今のところはSXSW、メトロック、テレビ出演が予定されているのみ。

Perfumeの2015年は沈黙のスタートといっても良いかもしれません。
おそらく、来るべき"何か"に備えてのことでしょうが。

ちなみに私が勝手に思い描いている2015年Perfumeは、

①新曲をリリースする。5月くらい?

②それをベースに15周年ツアーをする!
 
 ラストはドームか野外のどちらか。(願望)

 追加公演の発表は、色々ダメージもあるが
 なんだかんだで嬉しいので是非!!

 さらに、打ち上げ公演もあったら良いなと思っている。
 沖縄かアジアのどこか。
 
 そのまま海外にも行くと喜ぶ人が増えてさらに素晴らしいが
 (打ち上げしたのにね。)メンバーとスタッフの体力が心配される^^;

OK Goと海外で対バンをする。
 というか、対バンツアーが海外も巻き込むようになる。

④年末にアルバムがリリースされる。

⑤そうそう、忘れちゃいけないWT3rdDVD/BDリリース★

などが予定されています^^ ええ、ただの想像です。

とはいえ、まずは今月のSXSWがどうなるか。
今、一番注目していることです。

海外公演を成功させたとはいえ、まだまだ海外では
知る人ぞ知るグループだと思うので。

Perfume_cars2_2.jpg

この頃とはもう違うステージにいるけれど、
きっと舞台袖で手を重ねる姿は変わらないのでしょうね。