Perfume 『Perfume WORLD TOUR 3rd』Blu-ray感想①

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

WT3rdジャケット

WORLD TOUR三部作の最後。
WT1st、2ndにあったメイキングの代わりに"世界ご当地ダイジェスト"が入ってます。

これがまた面白かったです^^

おおまかな内容は、LVで感想を書いたので割愛して、ここでは
あのときは気づかなかったことをちらほら・・・


●本編

・『Cling Cling』のかしゆか

LVでは『Cling Cling』そのものは印象に残っていましたが、
メンバーごとのインパクトはそれほどありませんでした。

が、

かしゆかがすごく良かった・・・(よく映ってたというのも一因でしょう^^)

かわいくて色っぽい。

自然に踊り子になっているといいましょうか。
最初の間奏とか、"月のように"の部分とかとか。
彼女の魅力とダンスがすごくはまっていました!

あれ、優しくてかわいい曲だなーとも初めて感じました。
今まではそういうイメージじゃなかったんですよ。
そういう意味で、『Cling Cling』の新たな見方も発見させてもらいました。

あ〜ちゃんの『待たせてごめんね』

これはLVでの感想にも書きましたが、一番心に刺さった言葉です。

Perfumeも海外のファンもずっと会いたかった。
でも、海外ライブは、思った以上に(特に、興行的な成功を前提とすると)大変・・・
それがPerfumeのWORLD TOURを通して感じたことでしょうか。

"会いたい"という気持ちだけでは、簡単にできないこと。

Perfumeの海外公演を成功させるために、日本のみならず海外も含めて
どれだけのスタッフが汗を流したかと思うと、熱いものがこみ上げてきます。

そして、あ〜ちゃんの言葉は
海外が苦手、というご本人の素直な一言なのでしょうが、同時に
海外公演に尽力した全ての方達
・・・Perfumeを是非ライブで見せてあげたい、会わせてあげたい、
そういう思いを持った人達の思いの丈のようにも感じます。

「やっと会えたね。」と画面を見つめて、涙腺崩壊です。

PerfumePerfumeらしかったこと

実は、WT2ndから連続でWT3rdを鑑賞しました。

3つのWORLD TOURそれぞれに代え様のない思い出ですが、
WORLD TOUR 3rd in N.Y.は一番いいWTライブだったと思います。

Perfumeが一番Perfumeらしかった。
ライブの緊張感もほころぶ笑顔も、三人らしいなと思えるものでした。
テンションも終始高かったですしね(笑)

・徳間ジャパンのこと

婉曲ながら言及されていた徳間ジャパンさん^^

改めて、徳間ジャパンからユニバーサルへの移籍と言う2012に立ち返り、
そういえばWT1stは2012年だったから移籍後すぐだったなー
そういえば『Cars2』で移籍を決意したなんて話しもあったなーと昔を思い出すのでした。

海外公演の話を遡れば『GAME』の頃には海外ファンからの要望があったそうですから
6年越しの話しでもあり、それはPerfumeのメジャー化と同時期ですから、
徳間ジャパンさんの存在なしではWORLD TOURは語れないなと思うのです。

あ〜ちゃん、ゆかちゃんの涙とED『Dream Land』

のっちが心の中で涙している隣で、涙を隠しきれないあ〜ちゃん、ゆかちゃん。
三人のやりきった感のある表情は、初武道館や初ドームに匹敵するんじゃ
なかろうか…。

そして、そこで流れる曲がどうしてこうして『Dream Land』なわけです。
全然、セットリストにも入っていなかったのに、ね^^

それはもちろん、この公演のあとでファンが歌った曲が
『Dream Land』だからなのでしょうが
これはWT1st、WT2ndの映像化ではしていなかったこと。

いいんですよ、この『Dream Land』がまた。

Perfumeは夢の国


その他些末なことですが、

・『ねぇ』がセットリストに入ったのは、WT2ndでアンコール3択で
 『GLITTER』と並んでお客さんの反応が良かったから、なのかな?

・エンドロールのスポンサーに、DELTA、Panasonic、そしてYKKが入っていてびっくり。
 YKK!! 単発的な契約かと思いきや、こんなところで支えていただいていたとは。


そして最後になりましたが、



  To the memory of Fumi Sassa
  You will always be in our hearts

      Team Perfume
                   」


Team Perfumeだけでなく、世界中のいちファン達もまた
佐々ふみさんを決して忘れることはないでしょう。


スポンサーサイト

Perfume WT3rdDVD/Blue-rayのジャケ写は?

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


もう皆様、予約はお済みですか^^

Perfume WORLD TOUR 3rd」
2015/07/22 (水) Blu-ray & DVD 同時Release 決定!!

ライブ初上陸となったアメリカ公演の中から、
ニューヨーク・HAMMERSTEIN BALLROOM公演の模様を収録した、
Blu-ray & DVDを同時Releaseいたします。

WT3rdジャケット

【収録内容】
OPENING
Enter the Sphere
Spring of Life
Cling Cling
ワンルーム・ディスコ
ねぇ
SEVENTH HEAVEN
Hold Your Hand
Spending all my time
GAME
Dream Fighter
「P.T.A.」のコーナー
Party Maker
GLITTER
チョコレイト・ディスコ
ポリリズム

-ENCORE-
FAKE IT
MY COLOR


ところで、お題にもありますが、このジャケ写の曲
何かすぐに分かりましたでしょうか?

お恥ずかしながら私はさっぱり分かりませんで(;^^A

衣装はシルエットからして最後のペールグリーンのもの。
自分のブログを見ると、最後の衣装に着替えたのは『Party Maker』なので、
それ以降の曲と推測。

あとの判断材料は、レーザーが飛んでいること!
ただ、『Party Maker』以降の曲はほぼレーザーの印象があるので候補は絞られず(. . )ゞ
(『MY COLOR』以外はたぶんレーザー・・・のはず。)

なんとなく定番曲?ということで、こんな振り付けあったかなぁ…と思いつつ
『チョコレイト・ディスコ』『ポリリズム』を確認。

違います。割と記憶は正しく、やっぱり何度見てもありませんorz

次に、なんだか違う気もするけれど、ラストの一曲ということで
『MY COLOR』を確認。

これも違います。

半ばやけになりながら、Perfumeに癒されつつ
『FAKE IT』『GLITTER』の動画を確認。

ここにもない!!!!!

どういうこと???

これ一体何の曲???

実はMC???P.T.A.のコーナーとか???

と行き詰まっていたところ、お世話になっているPitBさんのブログ
答えを見つけました!!!
(ぐるんぐるんツアーからの確認写真?をご覧下さい^^♪)

答えは『GLITTER』でした。
これに気づかれるPitBさん流石ですm(_ _ )m

あれ、じゃあ私の見た『GLITTER』は何だったんだろう?と思ったのですが、
私が見たのは『GLITTER(Album-Ver.)』のJPNツアーの映像でした。

そうなんです、JPNツアーのの『GLITTER(Album-Ver.)』にはこのシーンがないんです!!!
代わりにレーザーを操るかっこいい三人が見られます♪

Ver.の違いは無視しちゃいけませんね(*´∇`*;)

ということで、謎が解決してスッキリしました〜〜〜。
PitBさんありがとうございます!

それにしても良いシーンですねw

WT1stは『NIGHT FLIGHT』、WT2ndは『Spending all my time』と
カッコつけている一瞬でしたが、WT3rdは笑顔で向き合う三人^^

どんなライブでも最後にはこの笑顔が見られる。
そして、Perfumeの輪の根源はここなんだな、と。

そんなことを思いました。


Perfume 『Relax In The City』#白いドレス

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


Prfm_RITC_photobooklet_p17.jpg

あ 今回は白い衣装なんですけど、『ポリリズム』以降、
  原点回帰みたいな瞬間って私たち白を着るんですよ。
(TV Bros. )

そういえば、Perfumeの白衣装は印象的なものが多いかも^^
特に記憶に残るのは、直角二等辺三角形とWorldTour1st。

そして何より、10年目のGISHIKIの白衣装でしょうか。

dm3.jpg

モードなスタイルでありつつ、Perfumeの良さが際立つ一着です。
透明感があって神秘的。

そして、『GISHIKI』の演出もあり、Perfumeの節目と覚悟を感じました。

『GISHIKI』がPerfumeとの結婚を意味するならば・・・
15年目の白い衣装は、あ〜ちゃんかしゆかのっちに戻る瞬間にも思えました。

纏っていたPerfumeという装甲から解き放たれて、自分自身になる瞬間のように見えて。

今少し、三人でいて欲しいと。そんなことも思ったのでした。



かたや黒い衣装と言えば・・・

か 「衣装どんなんだろうねー? 楽しみだね!
   やっぱりさ、白いワンピースとかが良いよね!真っ白がいいよね!」
  って話してたところい真っ黒が来たんで「なんで?本当にこれ?」ってなりました。
(QJ vol.74)

LMG_.jpg

原点というならばこちらのはずですが、やっぱり白が良いよね^^;


Perfume 『Relax In The City』#印象

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback




『Relax In The City』の印象的なシーン

一つ目は、眠りから目覚めるのっち

のっち、今までなら勇者とか言われていそうですが、今回は趣が違う。

私が感じたのは、Perfumeのっちとしての朝を迎えた大本彩乃さん。
まるで旅立ちのような。のっちの背中を見送る気持ちになった。

二つ目は、かしゆかあ〜ちゃんのいる部屋にのっちがやってくるシーン。

笑顔で迎えるあ〜ちゃんと、そこにいるかしゆか

"キミの場所がある"
これは15年前のPerfumeなのかもしれない。

そして、三つ目はかしゆかあ〜ちゃんのっちを渡るコップ。
あ〜ちゃんから受け取ったコップに口をつけるのっち。

同じ釜の飯を食う。杯を交わす。これはPerfumeになった瞬間?



おまけ。好きな3人の表情を集めてみました。

RITC_MV_cap1.png
遠くを見つめるのっち

RITC_MV_cap2.png
あ〜ちゃんあ〜ちゃん

RITC_MV_cap3.png
素に近い?かしゆか 白いかしゆか

彼女達とお付き合いしたらこういう表情を見れるのかしら???
なんちゃって。


おまけのおまけ。
RITC_MV_cap4.png



Perfume の背中を追って

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


Perfumeを後ろから撮った写真が好きですw

彼女達の背中が語るものがあるからでしょうか?

言葉ではなく佇まいで。


PV_マカロニ_screenshot

Perfume_spirits0807_4.jpeg

『マカロニ』とスピリッツ誌はどちらも2008年のものです。まだ10代のあの頃。

大きく降った手がかわいらしい。仕草が若いねー。



そして、2015年の『Relax In The City』のブックレット。

Prfm_RITC_photobooklet_p18.jpg

優雅ですね。

そして、ちゃんと大人になっています。年月を重ねた背中。


実は、3枚とも先頭はあ〜ちゃん。背中から見るあ〜ちゃんは自由人。


あ〜ちゃんとかしゆかとのっち。
三人は一体どんな未来を見ているのでしょうか・・・

そして、相変わらず追いかけている私。

どうかもう少し今のままで。最近はそんな感慨を抱えています。



ところで、アニバーサリーイヤーの特別なライブ&イベントが告知されましたね。

Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP」

メジャーデビュー記念日の9/21(月・祝)を皮切りに、9/30(水)までの期間で東京8日間、
そして出身地である広島で、10/6(火)、10/7(水)の2日間、合わせて10日間


さてさて、どれに行けますでしょうか^^