Perfume 『Perfume WORLD TOUR 3rd』Blu-ray感想①

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

WT3rdジャケット

WORLD TOUR三部作の最後。
WT1st、2ndにあったメイキングの代わりに"世界ご当地ダイジェスト"が入ってます。

これがまた面白かったです^^

おおまかな内容は、LVで感想を書いたので割愛して、ここでは
あのときは気づかなかったことをちらほら・・・


●本編

・『Cling Cling』のかしゆか

LVでは『Cling Cling』そのものは印象に残っていましたが、
メンバーごとのインパクトはそれほどありませんでした。

が、

かしゆかがすごく良かった・・・(よく映ってたというのも一因でしょう^^)

かわいくて色っぽい。

自然に踊り子になっているといいましょうか。
最初の間奏とか、"月のように"の部分とかとか。
彼女の魅力とダンスがすごくはまっていました!

あれ、優しくてかわいい曲だなーとも初めて感じました。
今まではそういうイメージじゃなかったんですよ。
そういう意味で、『Cling Cling』の新たな見方も発見させてもらいました。

あ〜ちゃんの『待たせてごめんね』

これはLVでの感想にも書きましたが、一番心に刺さった言葉です。

Perfumeも海外のファンもずっと会いたかった。
でも、海外ライブは、思った以上に(特に、興行的な成功を前提とすると)大変・・・
それがPerfumeのWORLD TOURを通して感じたことでしょうか。

"会いたい"という気持ちだけでは、簡単にできないこと。

Perfumeの海外公演を成功させるために、日本のみならず海外も含めて
どれだけのスタッフが汗を流したかと思うと、熱いものがこみ上げてきます。

そして、あ〜ちゃんの言葉は
海外が苦手、というご本人の素直な一言なのでしょうが、同時に
海外公演に尽力した全ての方達
・・・Perfumeを是非ライブで見せてあげたい、会わせてあげたい、
そういう思いを持った人達の思いの丈のようにも感じます。

「やっと会えたね。」と画面を見つめて、涙腺崩壊です。

PerfumePerfumeらしかったこと

実は、WT2ndから連続でWT3rdを鑑賞しました。

3つのWORLD TOURそれぞれに代え様のない思い出ですが、
WORLD TOUR 3rd in N.Y.は一番いいWTライブだったと思います。

Perfumeが一番Perfumeらしかった。
ライブの緊張感もほころぶ笑顔も、三人らしいなと思えるものでした。
テンションも終始高かったですしね(笑)

・徳間ジャパンのこと

婉曲ながら言及されていた徳間ジャパンさん^^

改めて、徳間ジャパンからユニバーサルへの移籍と言う2012に立ち返り、
そういえばWT1stは2012年だったから移籍後すぐだったなー
そういえば『Cars2』で移籍を決意したなんて話しもあったなーと昔を思い出すのでした。

海外公演の話を遡れば『GAME』の頃には海外ファンからの要望があったそうですから
6年越しの話しでもあり、それはPerfumeのメジャー化と同時期ですから、
徳間ジャパンさんの存在なしではWORLD TOURは語れないなと思うのです。

あ〜ちゃん、ゆかちゃんの涙とED『Dream Land』

のっちが心の中で涙している隣で、涙を隠しきれないあ〜ちゃん、ゆかちゃん。
三人のやりきった感のある表情は、初武道館や初ドームに匹敵するんじゃ
なかろうか…。

そして、そこで流れる曲がどうしてこうして『Dream Land』なわけです。
全然、セットリストにも入っていなかったのに、ね^^

それはもちろん、この公演のあとでファンが歌った曲が
『Dream Land』だからなのでしょうが
これはWT1st、WT2ndの映像化ではしていなかったこと。

いいんですよ、この『Dream Land』がまた。

Perfumeは夢の国


その他些末なことですが、

・『ねぇ』がセットリストに入ったのは、WT2ndでアンコール3択で
 『GLITTER』と並んでお客さんの反応が良かったから、なのかな?

・エンドロールのスポンサーに、DELTA、Panasonic、そしてYKKが入っていてびっくり。
 YKK!! 単発的な契約かと思いきや、こんなところで支えていただいていたとは。


そして最後になりましたが、



  To the memory of Fumi Sassa
  You will always be in our hearts

      Team Perfume
                   」


Team Perfumeだけでなく、世界中のいちファン達もまた
佐々ふみさんを決して忘れることはないでしょう。


スポンサーサイト

Perfume 4th Tour in DOME LEVEL3 #5 京セラ2日目MC

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


ちょっと楽しかったダンゴムシの下り。

あ:エーザイCM撮影が楽しかった。
  チョコラBBを飲んだらついおいしいって言っちゃう。
  普通においしいから行っているのに、エーザイさんに
  リップサービスと思われて、営業上手い人みたいになって。
  もうなんも言えん。
  "ダンゴムシ"。(の真似をする。)

か:(一人だけめちゃうける)だって、ダンゴムシよ!?面白くない?

後半でもダンゴムシをやるあ~ちゃん。

あ:ゆかちゃんに受けたのが嬉しい。
か:お気に入り。

ここでダンゴムシが出てくるあ〜ちゃんの思考回路がすごいw
そして一人で大ウケするかしゆか。のっちは割と普通で。

こういうところを見ると、かしゆかもマイペースな人なのかなと思う。
後半でサービスしちゃう辺りは何とも言えない和みに包まれました。
二人ともかわいいな...。
それを羨ましそうに眺め(ているように見え)るのっちもかわいいよ。


それから金縛りトーク。
だいじょばないはオカルトソング、なのか^^;
あ〜ちゃんの金縛り再現。

あ:背中の羽
の:羽はえとん?
あ:羽みたいなやつ
のか:肩甲骨
あ:それが、くっと布団に繋がれとる感じ

このあとで鎖に繋がれた感じの説明。
お客さんに金縛り経験の有無を尋ねる。経験者の方が少数。
かしゆかも経験なし。

か:自分が少数派なのかと思ってた。
あ:(金縛り経験したことがない人は)貴重な話が聞けるということ

ところで、のっちも金縛り経験あるということなのかな?
そういえば、よく寝付きが悪くて悩んでたよね。


その他ざっと覚え書き。
・あ~ちゃんの息イントロ。かしゆか正解。
 あ「かしゆかが答える前からずっとBcL踊っとる人がおる」
 →アメリカから来たマットさん。あ「イケメン、きれいな顔立ち」
  どうもダンコン出場者だったみたいですね。
・GAMEのTシャツを着たお兄さんに、
 あ「ションションメドレー分かる?」
 お兄さん放心状態^^;(そりゃそうだ。)
 解答権は、かしゆかサイドの代々木コスの20歳へ。
 この答えが本当に完璧。彼女の記憶力と度胸はすごい!
 あ「その頃小学生だったんじゃろ、何で知っとん?」
 20歳「大好きだから」
 愛の告白。いいものを見せてもらいました*^^*


以下うろ覚え書き。
・あ~ちゃんGLAYのものまね
・ベストアーティスト?音楽番組で、エグザイルを裏で踊って息切れた。
 のっちがエグザイルの最初のダンスが好きと踊る。
 (腕で波を表現するやつ。)
 その後も踊っていたら、の「疲れた。」あ「遊びで疲れんなやw」
・組み分けおにぎりの解釈。
 の「私たちがお米?」あ「そこはおのおのにお任せします」
・あ「伊勢丹の海苔、かおりが違う」
・の「(かしゆかを示して)かしゆかですよ」「髪の毛きれいだね」
  「あ、私じゃなくてかしゆか映して」
 か「のっちも昔は髪の毛長かったんですよ」「美人系」
 の「え、今は!?」
 か「今は、、、カタチのきれいなおにぎりじゃ」
 の「嬉しい。海苔が伊勢丹の」

のっちおにぎり定着ですね。
見た目は麗しいけれど、飾らない性格だから
"伊勢丹の海苔をまとったおにぎり"は良い得て妙。


PerfumeのMCは和むねぇ。


Perfume 4th Tour in DOME 『LEVEL3』#3 彼女の声

Posted by minotti on   4 comments   0 trackback

予想外の嬉しい出来事の一つ。
東京ドームで初めて聴こえた生の声。

かしゆかの「あ~ちゃ~ん」
あ~ちゃんの「ゆかちゃ~ん(※1)」
そして、のっちの「ばあちゃ~ん(※2)」

3人の肉声のなんときれいなこと・・・
"鈴を転がすような"とは正しくこのこと。

それまでマイクから聴こえていた声とは全然印象が違いました。
不思議なことに。

澄んだ可憐な声。
それがメンバーへの呼びかけだったこともあり(のっち以外)、
すごく優しい音に聴こえました。
(おばあちゃんを呼ぶのっちもかわいい声でした。孫の彩乃ちゃん。)

喉を酷使するという宿命を逃れることで守られた
貴重な貴重な彼女たちの声。



私声フェチでも何でもないんですけど、
それでもPerfumeの声だけは別みたいです^^;

PerfumeのVOICE

それが直接鼓膜を震わせる感覚。
あのときの声は、今でも耳の奥に鮮明に残っています。



※1 「かしゆか~」だったかも。
※2 1日目はみんなを呼んだんだっけか?