Perfume ちょっと思い出した2010年

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


ひさびさに本当のPerfume日記。

自分がPerfumeに初めてはっとしたのが『VOICE』
PerfumeカンガルーのCMです。
CMが映るたびに、洗い物やPCを眺めるのを止めて
テレビ画面に釘付けになったんだっけ。

そういえば、これは2010年でした。

当時はPerfumeの生い立ちも全く知らず。
数々の名曲があることも知らず。
『VOICE』が入ったアルバムは"借りよう"。
その程度でした^^;

そう、その程度。
それでも当時から、Perfumeには楽曲とは別の魅力も感じていました。
たぶん人柄と雰囲気。

媚びることも無く、虚勢を張ることも無く・・・
そんな無理のない佇まいと
いつも仲の良さそうな和やかな雰囲気に
Perfumeいいなぁ」と思っていたのは確か。

でも、テレビで見かけた記憶も無いので(音楽番組は見なかった)
何を見てそう感じたのかは謎です^^;


Perfume初の東京ドーム公演は2010年の11月。
Yahooニュースでそういうライブがあることは知っていた。

当時はライブに行くという発想が無かったので
行きたいなんてこれっぽっちも思わなかったけれど、
Perfumeが初のドーム公演というニュースに
「おお、頑張れ頑張れ」とひっそり応援していた。

だから[空席祭りか定員割れ]といった予測記事に
ちょっと寂しくなったりもしたんだっけ。
↑ この記事を久しぶりに探して読んだけど、
一体、これは何を予測したかったんだろうねー。

嬉しい予想外か当然の成り行きか。
「1234567891011」は5万人の目撃者を得ることになった。


それから3年後。
Perfumeにとって東京ドームは安心して帰って来れる舞台になり、
私は割と熱心なPerfumeファンになった。

たくさんの情報を経た分
あのときとはPerfumeに向ける想いは違うけれど、
Perfumeの纏う空気だけはいつも同じだな〜と
お皿を洗いながら思ったのであります。


スポンサーサイト