Perfume シングル『Relax In The City/Pick Me Up』

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


おととい、やっとシングルを入手しました^^
ということで今のところの雑感をば。

『Relax In The City』

全体の流れがすごーく心地良いなぁ。というのが一番感じたことでしょうか^^
さらっと書いていますが、個人的に重要なポイントです。

曲はふわっとしていますが、さーっと駆け抜けるような疾走感があります。
いい意味で右から左です(笑)。

あと、フィンガー・スナップ音がものすごーく気持ちいいwww
すっごくいいタイミングで来るんですよ!!
間奏部分とかもうね・・・ずっと聴いていたい感じです。

音とリズムが自然体。かわいくて透明感のある音。しっくりきますねー。
特に発音といいますか、音の切り方、歌い方が気持ちいいです。
そういえば、「WHAT’S IN」インタビューで、
中田さんから音の切り方、スタッカート、レガートで色々言われたとありましたが、
そのこだわりも良い感じに出ていると思います!!

メロディからサビにいくところで、ぶわぁっと視界が開ける感じも◎。
空を飛んでいる気分になりました。

ところで、波の音は楽曲にはないんですね。
てっきり標準装備と思ってました^^;

聴いていて心地よい。はい、すっごくいい感じです^^
つい歌ってしまいます♪


『Pick Me Up』

随分聴いてしまった曲なので、改めて何を書きましょうか^^;

まずは『Relax In The City』からの『Pick Me Up』の良さでしょうか。
ガラッと色が変わって、勢いが際立ちます。
それが気持ちいいです♪

小室さんっぽい?という印象も以前は抱えたのですが、
なんだか聴きこむほどに小室さんの香りは消えて行ってしまいました。
今はもう、中田ヤスタカとPerfumeの曲にしか聞こえません。

超ライトファンの夫は、これがA面とばかり思っていたようです。
これが流れると足がリズムをとるので、3曲の中ではお気に入りと推測。

『レーザービーム』のような、ライト層に訴えかける勢いがある楽曲なのかな?

ダンスミュージックなんでしょうが、しっかり歌もの、勢いもある。
そのあたりが聴きやすさを出しているのでしょうか。

しのごの言わずに、この勢いにのっとけ。
そういうパワーがありますね。

乗せられるまま、気持ちよくなっておきましょう(笑)


『透明人間』

来ましたねーーー。
ヤスタカがつい電話しちゃったという渾身の?
(いや、狙ってなかったのに良いの出来ちゃった?)一曲。

暗い。
もどかしい。
苦しい。

好きですよwww

EDMっぽいんでしょうが、全体にウエット。

ええ、そういうPerfumeの曲好きですよwww

だって他にこういうのありませんから!!!

ダンスミュージックだけど「イェーイ!!!」じゃないんですよ、
村上春樹さんとか読んで"現代の喪失感や孤独"とやらを感じながら
「嗚呼・・・」とか言いながら聴く曲です。

なんのこっちゃ^^;

加速する虚無感。

自分の手が透明になるのを見つめて、
透明になって誰にも気づいてもらえなくなるのは怖いんだけど、
自分が消えても何も変わらないと達観しつつ、
でも、気づいて気づいて気づいて・・・と心の中で叫んでいる。

そんなことを想像してしまいました。いいですね、自分の想像が広がる曲^^


という感じで、シングル3曲はどれも聴きやすい!!
それでいて3曲ともぐーっと引き込まれるところがあります。

また、毛色の違う3曲ですが、どれもしっかり"歌もの"なところも良かったです♪

この先感想も変わるかもしれませんが、聞き込み2日目の感想でした(^^)/



追記。

3曲通して聴くのがお気に入り^^♪


スポンサーサイト

Perfume 「Cling Cling」最初の雑感&追記

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

「Cling Cling」

イントロ〜最初のゆったりめのサビが良いです。

テレビだと、"Cling Cling"の歌部分が突出して聴こえて
うむむ(. . )だったのですが、
CDではちゃんと音にとけ込んでいて良い感じ^^

1:15からオルゴールのような音が聞こえて、それが良いなぁ。

"I will cling to your chest"で高まる!

間奏がすごく良い!!! これはツボ。
声の加工が「CAPS LOCK」風味?
こういうの好きですね〜。

きゃりーっぽさは最初よく分からなかったのですが、
言われてみればポップでかわいい音が多いような気がします。
その所以かな。
特に、"この空をこえる着物"の辺り。

かしゆかの幼い発音"いたいから"が最後の〆。

全体で聴くと、歌詞の年齢不詳感は全く気にならず。

バックの音とPerfume三人の声の合わさった感じが
やっぱり大事なんじゃないかな。



「Hold Your Hand」

これは、癒し。ひたすら癒し。

メロディーが三人と声と合わさるとね、
なんだろうか、すごく涙腺が刺激さるんだよね。

間奏の音(ずっとバックで鳴ってるやつ)もすごくいい(*;_;*)
なんてことないのに音の運びなんですが
なんだろうこれ、もの凄く懐かしい。

全体に優しいなか、のっちのクリアな
"I wanna hold your hand"がアクセントになっていて
良いですね。

ハーモニーについては、言われてみれば…
という程度にしか違いが分かりません(;^^A
今までが自然過ぎたんじゃないか…特に最近。

ただ、気のせいか生々しさは感じるかな。
後半の四方から三人の声が降ってくるところ、
なんとなくですが声が重なるときにゆらぎがある気がします。
とはいえ、耳に自信がない。笑。

あと、全体にシンプルな印象です。



「DISPLAY」

え、ピアノ?
と思ったら、貫禄のある三人の声が入ってくる。
でも、思っていたより軽め。
ちょっと印象と違うなと思っていたら、
奇妙な四つの音で場面転換。

展開が早い!

そして「わたくしテクノです」と言いそうなあのメロディー。
これがカッコイイ!すごく好き!!
振り返りながら歩いて行く三人が浮かぶ。

それで、このメロディーが引っ張る引っ張る。

「Fu uu」「Feeling true my world」
これがめっちゃ良いんですよ!
ここはダンスもエレガントだし、本当に大好き!!
「Fu」はかしゆか?

あ〜ちゃん、のっちの強めの
"蘇るあの時ならplay now"がいい(> <)
特に"play now"の低くなるところ。グッとくる。

"連れて行ってその奥にDISPLAY"もですが、
あ〜ちゃんの強めの声は好きですね^^
Perfumeらしくないのかもしれませんが、
抑揚があるのがすごくハマっていてカッコイイ。

かしゆかの"このまま飛び込みたいgood day"で少しゆるむ。

三人の声が対比的に生きていてグッと来ます。
単純かもしれませんが、こういう分かりやすい対比は
個人的にものすごく大事です。

そして「DISPLAY」繰り返し。
のっち あ〜ちゃん かしゆか の順で合ってますか?

テクノな間奏、「Fu uu」「Feeling true my world」再び。
最後フェードアウト。
この曲は構成も素敵。

余談ですが、エレガントでカッコイイが
たぶん今のPerfumeに求めているものなんじゃないかな
ということに最近気づきました。



「いじわるなハロー」

イントロからしてワクワクします!
これはすっごく良いの来るなって予兆(笑)
これを出し惜しみするなんてずるいわぁ。とにやり。

なんだろう、かわいいけど、切ない。
でもそれ毎回言ってる・・・。

この曲、今までにもあったような、なかったような。
何かのカップリングになってそうな、
でもPerfumeらしくB面がめっちゃ良いやん!ってなるあれ。

歌詞は「JPN」のような女の子なんですが、
曲の印象としては「⊿」です。
「⊿」の人が大人になった感じ。
かわいいんだけれど、冷たい印象。

そう、冷たい感じ。涼しい。

この冷たさがすごく良い!
ちょっと突き放している感じね。

この曲も、テクノとオリエンタルな音が入ってます。
でも、"Cling Cling"と違って民族っぽさはない。
きっちり"J-POP"の枠に収めている。

すごい隠し球。

ところで、こんな曲を書きながら
女の子のことを考えている(と思われる)中田さんって
本当にすごいですね・・・。



以上、最初の感想でした。

色んな情報とかイベントがありますが、
やっぱり新曲と出会う瞬間が一番ドキドキワクワクしますね。
曲って大事。

この感想を書きながら、本当に楽しかったです^^

全然方向の違う4曲が、本当に面白くって仕方ない。
すごいシングルが出ましたね。



追記

「Cling Cling」はインストが良い!!
音のお祭りですね。

「Hold Your Hand」もずっと鳴ってる音は
爽やかで楽しい。

三人の声がのったときの印象と違うんだなぁ…(. . )!


Perfume 『LEVEL3』3巡目

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


ダンスアルバム!?
いやいやそんな一言じゃ表せません!

振り切っちゃった。
売れるとか売れないとか、
そういうのあんまり意識してないのかな。
だって、そういうこと考えてたらこうはならない。
全然、無難がない。

アルバムはシングルの詰め合わせじゃありません。別物。
シングルで女子のふりして、アルバム聴いたら魔女だった。
相当いろんな魔法使えそうな。
そんな作品です。

きゃりーじゃない、CAPSULEでもない。
ただコンセプトが明確なところはCAPSULEのアルバムっぽい。
中田さんが一番気合い入れるとことでもあるのかも。
アルバムを通した作品作り。

音の量が多い。毎度ながら、毎度以上に。
大盤振る舞い過ぎて、ずっと聴いているとちょっと疲れる。
と思ったら、『未来のミュージアム』が来て、ほっとする。
さらっと聴く『未来のミュージアム』がいい。

曲単位だと強めが多い。
それをアルバムでバランス取った感じ。

苦手な人もいるんじゃないか。
『JPN』にあった安心できる落ち着いた感じがお好みなら
『LEVEL3』はそれよりもずっと毒気が多い。
ふわっとした曲もあるけれど、それすら旅情とか夕暮れの印象が強い。
きゅんきゅんはしなかった。
内向的。自分のなかを覗く感じ。

でもね、失礼な言い方で申し訳ないけれど
ちょっと思いついた鼻歌を引き延ばして一曲にしたような
またか…って感じの曲ばっかりのJ-POPの閉塞感を
打ち破るエネルギーがあります。

・今の音楽に飽きている。
Perfumeの曲はほとんど知らない。
 (何なら、Perfumeを知らないくらいでも)
・音楽に関わらず、作り手の愛情と気合いが感じられる作品が見たい。

そういう方にこそ強くおすすめします。



再生環境がまだ整っていないので、上澄みでできた感想文です。
流石にこのままじゃあかん気がしてきた。
早々になんとかせねば・・・


Perfume 『1mm』LOCKS初聴

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

『マカロニ』っぽく柔らかくなる予定だったのね。
わかるわかる。
時間帯かな。『23:30』みたいな、おわりの空気。
でも『だいじょばない』と『Handy Man』の成分も感じる。
音のせい?
イントロがかっこいい。で、長い。
サビは今までにない感じ。
これ、毎回言ってるような・・・「今までに無い感じ(`・ω・´)キリッ」

アルバムらしい一曲。

でもまだ、ピンときていない。・・・これも毎度のこと。



追伸

あ、ピンときた・・・
音と歌が沁みてきた。


追伸 2

前奏でうるっとくる。
このテンポがいい。

いい曲きかせるねぇ。


Perfume 『だいじょばない』初聴

Posted by minotti on   4 comments   0 trackback

1周目

!!!?

いやいや 全然だいじょばない (*´ω`*)

なぜだろう、ちょっと笑える。

・・・それにしても変わった曲やな。


2周目

君にもできるはずさ♪ キラキラ(*´-`*).。:*+゜

さっきまでキラキラしてたのに

・・・涙が引っ込んだ。


3周目

三人の声がインスト版みたい。

歌になってるところは良い。

・・・とにかく音の粒がいい。


4周目

ystk「だいじょうぶ?」 あのか「だいじょばない」
あのか「だいじょうぶ?」 ファン「だいじょばない」
ファン(自問)「だいじょうぶ?」
ファン(自答1)「だいじょばない」

ファン(自答2)「ぜんぜん だいじょばない けど」

・・・だんだん丁度良くなってきた。あれ。


5周目

んー、インスト版じゃもの足りないわ。

声、声、声。声をくれ。

あーこれこれ。これがないとねー。



王道ミュージアムからの尋常じゃない振り切れ具合で
"Perfumeが歌う意義"論争を呼びそうですが
(でも、きゃりーじゃない。そこは間違いない。)
そんなことはさて置いて『だいじょばない』を一言で表すなら
   けっこう”変な曲”

最早、Perfumeとかcapsuleとかきゃりーとかの問題ではない。
誰の歌だとしても「えええっ???」でしょう。

刺激的

でも、なによこのグルーヴ感。
声がかわいいんだよ、なんか悔しいな。
やっぱりPerfumeの曲なんだよね、と10周目で至る。
間奏部の展開がいい。
全体にかしゆかの声が強く聞こえる。
特に「だいじょばな〜い」リフレイン。

そして全てをかっさらう。

ぜんぜん だいじょばない けど