Perfume WT3rd以来思うこと

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


突然ですが、私ディズニーリゾートに行ったことのない少数派でした。
今日までは。

ですが、
「男もすなる日記というものを女もしてみんとてするなり」

ということで、土佐日記ではございませんが
今日初めて皆が訪れるというディズニーシーに行ってきました^^♪

最初は慣れない空気にどぎまぎしていましたが、そこは流石の夢の国。
段々と楽しくなってきて久しぶりの遊園地を堪能しましたよ。

さてさて、Perfumeとディズニーと言えば記憶に新しいのが
こちらBIG BAND BEATとのコラボです。

NHK130814_red_2.png

この本物を(Perfumeはいません^^;)今日は鑑賞しました!!
プロの演奏。そしてダンス。ずっと舞台に釘付けでした。
歌も演奏もダンスもすばらしく、とても良かったです(*´∇`*)

キャラクターの作るディズニーの世界と
BIG BAND BEATの音楽が相俟って完成されていて、
初めてミッキー・ミニーらのキャラクターを良いなと思えました。

そして舞台を見ながら
Perfumeから感じるものと同じ部分と違う部分があるなと思いました。
(ディズニー見ながらこんなことを考えるってアレですが…)

同じだなと感じたのは、質や完成度といった部分。
長年積み重ねたところから生まれる上質さ、
小手先では決して対抗できないところ。

Perfumeの精緻で芸術的な面、
しっかりとした基礎があることを感じさせる表現…
私はいつもそれに魅了されてやまないということ。
そのことを改めて感じました。

その一方、Perfumeのライヴは
芸術を鑑賞するときの感覚とはまた違う部分もあります。

World Tour 3rdのLV鑑賞以来ずっと思っているのが、
Perfumeのライブは
"Perfumeというエネルギー溢れる存在との出会い"であるということです。

そこには、Perfumeでないといけない理由があり、
同じ表現ができる他の存在ではダメなのです。

そして、このことを考えるとき
Perfumeはアイドルなんだと改めて思うのです。

Perfumeとその表現は現実的には不可分です。
ひっくるめて"Perfume"ということになるのだと思います。

でも、BIG BAND BEATの素晴らしいエンターテインメントを
目の前にしながら、私はこの人達を追いかけることはしないだろうと
確信を持って感じました。

なかには人間性や魅力ある存在として賞賛される方々もいますが、
芸術家というのは本来、表現という作品そのもので評価されるものだと思います。

でも、私にとってPerfumeは、存在そのものにも価値がある。
決して表現だけに魅了されているのではありません。

今日はそんなことを考えながら、舞台を眺めたのでした。

スポンサーサイト

Perfume みんなをつなぐ魔法のメロディー#2

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

で、後半は噂の画像通りのメイド服。
もちろん、安定の短いやつ。

ビッグバンドのときと違って、三人とも声がかわいい!
大人な雰囲気とはがらりと趣が変わります。

薄暗がりに、メイド姿の三人が出てきたと思ったら、
陽気音楽が始まって!

「よぉー」「こぉー」「そ♪」
「どうぞ、大事なおっきゃくサマ♪」

がめちゃくちゃ楽しくてカワイイ(T T)
ちゃんと演出に合わせて、表情や振り付けもコミカルに。

の「首にナプキンをかけて」
 「ごゆっくり♪」

こののっちが、かわいかったです。
こっちが恥ずかしくなるくらい。
(家族・親戚の前で、楽しそうになりきって歌う
少女彩乃ちゃんが見え隠れするんですよね。本当かわいい。)
いつもの鬼気迫るのっちとはえらい違い^^;
そこに歌と踊りがあれば、色んな引き出しを持ってるんですね。

あ「どれもお味は天下一品!」

あ〜ちゃんの表情が完璧!
というかノリノリ(笑)
メイドというか、人気者の町娘っぽい。おきゃんな感じ。
見てるだけでこっちも楽しく幸せな気持ちになります。

か「お疑いなら、お皿に聞いて」

あの役割配分はずるい・・・
首の傾げ具合とか、腕の組み方とか!
ちょっと強気な感じとか!!
ゆかちゃんにやらせたら、あか〜ん(*>艸<)刺激が強過ぎです。
めっちゃかわいい("▽"*) ♪

いかん、楽しすぎる。。。
もうこのままPerfumeワンマンショウが見たい。
まさに、夢の国。ディスニーっぽいです。(行ったこと無いけど。)

と思ったら、いきなりリアル人間がピアノを弾いてます。
ここの演出もいいですね〜。
去り際に手を振るあ〜ちゃんがまたかわいいw
彼はきっとブルーレイ6作品を買うでしょう。

そしてラストは、豪華なコーラスとダンス。
Perfumeのラインダンス初めて見ました。
安定のそろいっぷり^^

そしてフィナーレへ。

HNK130814_maiden_last.png

もちろん、拍手喝采!

ということで、いいもん見させてもらいました。
Perfumeはもちろん、一緒に踊るダンサーやバンドマン、
そしてロウソクの精に至るまで
夢の国を完璧に演出されていました^^
流石はプロの集団です。

紅白に続き、ディズニーとのコラボは
Perfumeが培ってきたものや可能性を新たに知ることができて
とても良かったです。

何より、三人が楽しそう!
やっぱりこれが一番でしょ^^


Perfume みんなをつなぐ魔法のメロディー#1

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

見ました!
聴きました!!
惚れ直しました!!!

当初は、あのメイド服画像にやきもきしてました。
今や大人のPerfumeにミニスカートのメイド服って
ちょっと恥ずかしいんじゃないかと…(‥ *)

でも、蓋を開けたらそんな心配はどこへやら^^
素晴らしいショウを見ることができました〜。
こんなん見られるなら、一度くらいはディズニーに行っても良いかも!

最初は、赤い衣装でビッグバンドとの共演。
NHK130814_red_1.png

NHK130814_red_2.png

『右から2番目の星』
『ララルー』

●安定のダンス

ちょっとした振り付けもきれいで揃っています。
繊細な手先の表情とか、しっかり揃う角度とか…ため息ものです。

長年の訓練のたまもの!
美しい動きが身体に染み付いてるんですよね。
簡単な振り付けだからって適当に流さない。
だから完成度が高いんです!

あ「その世界を完璧に演じるのが基盤にある」(『Switch』)
だからいつもハイクオリティなんですよね。

●未加工のPerfumeの声

中田さんがいつもこれを好きなだけ聴けるのか。
…そうか。

独占禁止法じゃ〜〜〜〜〜!!!

それくらい良かったです。
ちょっと緊張してる印象もありましたが、
三人のハーモニーがバンドに合ってました。
意外!

『右から2番目の星』ではソロを披露。

のっちの歌声は柔らかくて軽い。高い音も柔らかい。
音の運びも自然な感じ。
そのせいか、10代の少女の声のような印象を受けます。
のっちのこういうギャップは結構好きです。

あとは、とにかく歌うときに楽しそうなところがかわいい(*´ω`*)
嬉しい楽しい気持ちが全開で。
舞台に立つことが天職なんですよね、きっと。

それからかしゆかの歌声…
正直、初めはヒヤヒヤしてたんです!
ジェニー歌っているとき、芯の無い声で頑張ってる感じがして
いつも少ししんどそうなんだもん。

だから、今回一番の衝撃でした!
アルバム『JPN』の加工の少ないかしゆかの声とは違う。
奥行きがあって甘くて優しい。
大人の声です。
あえて挙げるなら、LOCKSでぼそっと呟くときの声。
それに近いでしょうか?(音域が低かったからかな。)

やばい〜〜〜〜〜めっちゃいい!!!!!
何度もリピートしてしまって先に進めないよー。

個人的には、あの声で子守歌等歌って頂きたいです。
語りかけるように優しく。そんで、背中トントンとかしてね。
全然、寝られそうにありませんが^^;

あ〜ちゃんの歌声も、いつもと違う印象。
芯があって強くて温かい声。うん、あったかい。
人となりに繋がりそうな安定した歌声です。

のっちと同様に歌が上手いあ〜ちゃんですが、
あ〜ちゃんの方が歌い方に技がある気がします。
ちょっとしたところに抑揚がある。

aikoさんの歌とかたくさん歌って、
どうしたら歌が上手くなれるのか考えて…
Perfumeで生かしきることは難しいのでしょうが
あの歌唱力は、歌が好きで努力を怠らなかった彼女の一番の強みです。

そんな三者三様の声が合わさった"VOICE"
これが一番良かったです。
まっすぐでキラキラしてて純粋で。
Perfumeの"VOICE"に対する明確なイメージを共有している。
長年一緒にいて、一緒に作ってきた音。
それに対するプライドみたいなもんも感じました。

三人とも全く異なる音を持っている上、
ともすれば声量で不利になるかしゆかがいます。
(声が通りやすく、ともすれば力強い響きになるあ〜ちゃん
 特に気を使っているのかなと思います。)
それだけに、繊細なバランスを常に取っているんでしょう。
一人じゃ生まれない響きがあるから、Perfumeの声は美しい。
だからあの三人じゃないとダメなんだな。。。


Perfume 2012年紅白歌合戦 第一幕

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

おばあちゃん「あんたの好きな三人組がぬいぐるみと踊りよったよ」
私「?」

完全にノーマークでした。
お家TVで録画はしてあるのですが、リアルタイムでは見逃し、
とりあえず動画サイトへ。

…生きててよかった。(*TωT*)

紅白さん、歌唱部分以外には全く期待していなかった
私が浅はかでした。

『Bibbidi-Bobbidi-Boo』


めちゃくちゃかわいいじゃないですか!!!素敵すぎる~。
階段から降りるシーンから、3人ともいきいきしてる。
かちっとした色合いの衣装も舞台映えしてイイ。

生歌!
久しぶりに聴けた。まさか紅白のこんな場面でお披露目とは!
Perfumeの加工されていない声、やっぱりすごくかわいい。
のっちのクリアボイスが曲調に良く合う。
かしゆか、あ~ちゃんの歌声もいいね〜。

そして、ダンス!
鍛えられた3人にはお手の物?
振り付け自体は難しくなさそうだけれど、
細かい動きが洗練されているからすっごくきれい!


でもってあんな笑顔なもんだから、

かわいい〜

かわいい〜

かわいい〜


Perfumeの新たな可能性を見た気がします。
子供向け路線『未来のミュージアム』への伏線かな?

この爽やかなかわいらしさ(> <)
でも、かわいいだけじゃない!磨かれたスキルも持ってます!
それを全面に押し出さず、さらっと決めるとこがまたいいんですよ。

これが、射抜くような目線で『edge』を踊る三人と同じなんだから
Perfumeの幅の広さには本当感動します。
まだまだ拡げてくるねー。

全国の皆さま、これがPerfumeなんです。
名前だけでも覚えてくれたかな?

でも、おばあちゃんはよく「バキューム」と言っている。
…それ違うよ。
(顔は覚えてるみたいなんですが^^;)