Perfume 中田ヤスタカとChangemaker#1

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

ちょっと古い記事。

http://special.nikkeibp.co.jp/as/201201/changemakers2012/changemaker03.html



最近思ったことと絡めて、ちょっと抜粋。

●シンセサイザーを新しい楽器ととらえよう

シンセサイザーは生楽器の代用品として
開発されてきた側面もあります。
結果、軽んじられていた。ほんものじゃない、と。

つくる側が「ほんもの」の楽器の代わりとしてつくった。
それは事実かもしれないけれど、使う側までもが、
「ほんものの代わりに使うもの」として、
当初はシンセサイザーを扱っていた。
その発想では、たしかに代用品以外のなにものでもありません。

そんな新しく生まれた楽器の、新しい魅力を、新しい使い方を考えて、
実現して、まわりになじませていく。
それって、すごく楽しい仕事だと思いませんか?


ちょっと前に話題になったテレビ局による
音楽番組の口パク禁止路線。

つまり、Perfume生歌可能な曲でしか出られない!?
(あ、でもジェニーをやるのは楽しそう^^♪)

確かに、生歌には生の良さ、力があるし
発端のプロデューサーとしては、ちゃんと練習した
歌唱力のある人を出したいが故なのでしょう。

ただ、これが生歌至上主義みたいになるともったいない。
生歌じゃなくても、いい音楽あるよって
気付いている人はいっぱいいると思うのです。



中田さん風に言うなら
歌唱力がない歌手の「かわり」として利用するなら、
確かに「ほんもの」の生歌には適わないのかもしれません。

大事なのは、「ほんもの」になると信じて
真っ向から作ったものならば「ほんもの」になるということ。

だから胸張って歌ったらいいんだよ。



Perfumeが加工された声に涙した後に
気付いたのは、そういうことだったのかな・・・。



『GAME』を聴きながら。


スポンサーサイト

Perfume 恋のうた〜初恋編

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

アルバム『GAME』辺りの恋愛の曲は、かわいらしい名曲が多い。

『SEVENTH HEAVEN』
『plastic smile』
『Twinkle Snow Powdery Snow』
『Puppy Love』

聴いていて思い浮かべるのは、高校生のときに好きだった人とか
high teenの頃の自分(*´ `*)
片思い専門。恋の原動力は初々しい妄想。
あの人とこうなってああなって、きゃー("▽"*) ♪って
一人で、もしくは友達と盛り上がってた。
それから年月とともに老成していき、今では『スパイス』の歌詞に
共感できるようになってしまった。

ちなみに
第七天は片思いの切なさに気付いたとき。
相手は割ともてる人じゃなかろうか。もしくは先輩。
plastic smileは初恋に落ちる瞬間。小悪魔にきゅんとした少年。
TSPSとパピラはつきあって1年未満、いい時期、
歌詞がかなりのろけている。

自分の場合、今聴くから更にいいんだと思う。
十代真っ最中のときは、自分を甘酸っぱいなんて思う余裕は無かった。
今だからこそ片思いも脳内お花畑の当時の自分も、かわいく思える。

少女漫画のような歌詞が、大人になった私をくすぐる。


Perfume 今月の雑誌購入予定

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

『音楽と人』は入手した。
『WHAT's IN』も写真がちょっと良かったのでつい買ってしまった。

通勤時はかなり適当な格好をしている。
音楽雑誌を買うような人には見えないと思う。
それゆえ、雑誌だけの購入がなんだが気恥ずかしくなって
つい文庫本やムック本を一緒にレジへ持って行くことがある。

今回は各々、島泰三『孫の力』、『TRANSIT 美しき北欧』でした。
TRANSIT(旧NEWTRAL)は写真が素敵でたまに買っている。
一枚のヴェールを通したような色合いで、日差しや光のあたりが
柔らかい。
こういう写真を何と言うのか知らないのだけども、
ちょっと『マカロニ』のPVのような感じ。

ついでにMUSIC MAGAZINE増刊号"定盤1000"を眺めていたら
Perfume『GAME』が載っていた。
解説はそう多くないのですが、"定盤"として載っているので
ちょっと嬉しい。
ちなみに、高橋修さんという方が選者でした。

今月は、『TV Bros.』と『ROCKIN'ON JAPAN』がまだ控えている。
ブロスはお手頃価格なので買う予定です。
ロキノンは高いけど…きっと買ってしまうんでしょう。

また蔵書が増えるわ…(. . ;)