スポンサーサイト

Posted by minotti on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume 『edge』の呪い

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


国立競技場での記憶が新しい『edge』
まさかの選曲、野外でも変わらぬ完成された演出がすばらしく、
他アーティストのファンもたくさんいるなかでしたが
良いものは観客の心を一瞬で掴むのだということを改めて感じた瞬間でした。



今やキラーチューンとなった『edge』
今日ふと、この曲との出会いを思い出しました。

たしか初めて聴いたのはCMで。

"だんだんすきになーるきになるすきになーる"

が呪文に聴こえました^^;
化粧品のCMだったので尚更。



あくまで上戸彩さんがメインのCM
Perfumeはクレジットに出演です。

とはいえ、このシングル『love the world』はA面B面ともに
CM曲として使われていましたね。

全然方向性の違う2曲なのに^^

その間もない後、auショップで流れていました。

「あ、あの曲だ」

その瞬間はその程度にしか思わなかったのですが、
家に帰っても"だんだんすきになーる"が頭に残っているんです!

((( お前はこの曲を好きになーる )))

まさに呪文。

そして取り付かれるように曲を検索して
Perfumeに辿り着いたように思います。

Youtubeでフル音源を聞いて、やっと落ちつきました。
呪文が解けた〜(*´∇`*)と。

でも、今思えばそれは間違いでした。

Perfumeにはまった今となっては
『edge』の呪いは聴く程に深まるようです。
もちろんPerfumeの魅力と一体になって。

私にかけられた呪いは相当強かったようです^^


スポンサーサイト

Perfume シングルベスト3(自分版)#2

Posted by minotti on   8 comments   0 trackback


昨日の続きです。

Perfumeのシングル一覧をじーっと眺めて
まず最初に、絶対これは外したくない…と思ったのがこちら。

⑦love the world(2008)

 01. love the world / 02. edge


個人的に無敵の布陣だと思っています。
まずはA面「love the world」の絶妙なバランス。
J-POPのように聞きやすいけれど、音も音楽も繊細なところにこだわりがある。
甘過ぎない、爽やかでかっこいい、でもかわいらしさもある。
シングルチャート1位になり、多くの人を捉えたのも納得です。

そして、「edge」。
それまでの聞きやすい"Perfume"を大きく打ち破ったところ。
演出とPerfumeをさらに進化させるきっかけになったところ。
そして未だに、ファンの熱狂を誘うところ・・・
この曲の功績は数えきれません。

ということで、絶対に外せないと思ったシングルです。

そして、ここから随分悩みました^^;
が、ばしっと決めてみました!

③エレクトロ・ワールド(2006)

 01. エレクトロ・ワールド / 02. wonder2


「エレクトロ・ワールド」。
Perfumeと多くのファンがずっと愛してきた曲ですね。
個人的には、Perfumeと近未来が、カッコ良さとかわいらしさを
理想的なかたちで表現できた最初の曲のように思います。

そして、今ではあまり聴けなくなった「wonder2」。
今は無き青春のPerfumeですね^^

カッコイイSFのような世界と日常の小さなことを綴った歌、
それは今に続くPerfumeらしさだと思うので、
これはベスト3入りですね!

そしてラスト!!!
ほんとーに、困りました。。。

特に⑯Spending all my time(2012)

 1.Spending all my time / 2.ポイント
/ 3.Hurly Burly


にするか

⑰未来のミュージアム(2013)

 1.未来のミュージアム
 2.だいじょばない


にするか・・・

ということで、最後は自分の嗜好に寄り添って

⑯Spending all my time(2012)

 1.Spending all my time / 2.ポイント
/ 3.Hurly Burly


に決定です!!!

⑰も名曲「未来のミュージアム」に、
個人的に一押しの「だいじょばない」という
Perfumeじゃないとできない曲の組み合わせなので
ものすごーく捨てがたかったのですが、

Perfumeの持つ"J-POP"的な聴きやすさ、
20代半ばのPerfumeを表現したような曲調、
そしてEDMという禁じ手(?)から始まる昨今のPerfume…

3曲入のシングルなので、
1曲1曲のインパクトは軽いかもしれませんが、
Perfumeを凝縮した1枚として⑯をベストシングルに入れたいと思います。



ところで、このベストシングルの苦しさは半端じゃないですね^^;
でも、やってみると面白いので皆様も一度挑戦してみてください。

さてさて、三人が何を選んだのか、ロッキンを読むのが楽しみです!


Perfume LOCKS 2014/06/16

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

時事ネタが中心。
自分の記事を補完する目的で、ちょっとまとめてみました^^

●「DISPLAY」PVの髪型

"あ〜ちゃんとかしゆかの髪型が変わってる〜"

の:いや、のっちも変わってんねん

  真ん中分け、ちょっと横分け、あと少しふわっとした

  よ〜く見てください


ちょっと横分けしか気づかなかったわ、私。
少しふわっとしてたかな(‥ )ン? 赤衣装? 青衣装?
よーく見直してみよう。

● SAYONARA国立 JAPAN NIGHT

か 初めてがいっぱいだったんだよね

あ いや、もうだから本気ってことよね

  まず「edge」から始まるっていうところが、挑戦

  私たちの曲の中でも、あんな7分、8分とかある曲をやるってこと自体

  ワンマンでしか絶対やらない


か 30分だったんだよ、持ち時間
  
あ LEDのでっかい装置で

  今までで一番大きかった

  海外のツアーでまわったときよりも、国立のときが一番大きい

  なんだけど自動じゃなくて手動

  チョコとポリリズム

  これでもか!っていうくらい知ってる曲やりましょうってことで


ファンには嬉しい攻めの選曲だとは思っていたけど、
ご本人達にとっても"攻め"のプログラムだったみたいです。

今までで一番大きいLEDボックスだった上、
それを手動で動かしていたとは・・・Σ(‥ )!?

相当準備が必要なことじゃないかと思うんですが、
それをワンマンじゃなくてフェスでやるってすごいですね。

後半も休みなしの連続攻撃の嵐。

どうやら、こちらが思っていた以上にチームPerfumeは
攻めの姿勢だったようです。


か それで、ペンライトね

  一面ね、みんな持ってくれて
  
  しかも大度さん達が入って制御してくれてね


あ あれってこっち側もテンション上がるんじゃね

  で、細かいんよ光も
  
  一小節とか二小節とかで変える人っていないんだって


そんなに細かく調整されていたとは知りませんでした!
相変わらずすごい!
その技術が、熱意が!!

確かに、真鍋さんは計算して構成を練りまくって挑みそうですよね。
Perfume愛は高まる程に、緻密になる傾向がありますね^^

そうそう、ペンライトなんてあまり持ったことがないから
自動制御方式があることも知らなくて、
最初スイッチ入れても全然光らないから、壊れてるのか?
って思いましたっけ。

大度さんが制御されていたことを知るのはライブ後。

そんなに細かく制御されていたならもっとよく見ておけば良かった。
Perfume、Perfumeで自分の手元を見る余裕はなかったな(;^^A



そういえば「Hold Your Hand」の写真募集が今日まででしたね。
私も一応投稿しました。

22れ22

"れ"(これは手のみ。)
運良く使われたら嬉しいですね。


Perfume SAYONARA国立 2014/05/29

Posted by minotti on   4 comments   0 trackback

SAYONARA 国立競技場FINAL WEEK『JAPAN NIGHT』

に行きました^^

直前まで新宿伊勢丹にいたため、PerfumeTシャツではなく
もっぱら普通の恰好で千駄ヶ谷へ。←後で後悔

電車のなかはそれほど混んでなかったのですが、
ホームから改札に向かうにつれ、人、人、人…
6万人の大移動ですΣ(゚Д゚;)
この時点で17時くらいでした。

それからお手洗いに並んでいたら、案の定
オープニングとMAN WITH A MISSIONの最初の曲を聞き逃しました。
うーん、残念(T T)

ちなみに私はアリーナのかしゆかサイドでした^^

ライブ2日目は" JAPAN to the World "がテーマということで
パンフレットには出演アーティストの海外ライブ暦が記載されています。



今日のPerfumeは、
MAN WITH A MISSION、SEKAI NO OWARIに続く三番手。
今日の出演者のなかでは唯一、楽器を演奏しないので
舞台がきれいさっぱりになった時点でPerfumeの出番と分かります^^

舞台のセッティングが終わると
手拍子を始める人が現れて、私もそわそわ・・・
(あの手拍子、昂る気持ちを運動エネルギーで
 発散しているのじゃないかと思っています。
 というか、自分がするときはそういう一面があります^^;
 しないと、落ち着かなくって多弁になるのよ。)

そしてSEが止まって、来るか!まだか!来るか!まだ〜〜〜
と思ったら、

まずは 

● ライゾマ仕様の映像 

見たことのあるような部分(たぶんドームのオープニング)
もありましたが、たぶん初出の映像だったと思います。

この映像がかっこよかった(> <)

ラスト、3人の3Dスキャンデータがヒール、足…
と徐々に形成されて、完成した3人の胸に赤く光る鼓動。

そこから驚きの

● 01. edge(ASIA ver)

驚きと喜びで、今日一番テンションが上がった瞬間です!
まさかフェスで『edge』やるの!?!?

news_large__IG32659.jpg

自分の位置からの死角だったのか、むしろ
『edge』なんてやらんだろうという精神的な死角だったのか
3台のハコには全く気づきませんでした。

最初から飛ばします!
何をって、自分の気合いです!!あと、身体。
そして、レーザーも飛ぶ飛ぶ。

Perfumeファンはもちろん歓喜の声。
ちなみに私の後ろにL'Arc-en-Cielファンと思われる
女の子2人組がいらしたのですが、

「Perfumeかわいい!」「すごくない?」

という話し声は、興奮の真っ最中とはいえ
しっかりキャッチしました。

曲、ダンス、演出のスクラムで
観客の掴みは間違いなくばっちりだったとおもわれます。

● 02. Spring of Life(国立 ver)

国立Ver.???
最初はてっきりアルバムVer.かと思ったのですが、
言われてみれば、イントロとアウトロが無かったような。
(アルバムVer.の0:30から始まったはず。
 で、最後の「恋しようよ〜」からシングルVer.の終わり方。)

『Spring of Life』はリミックスの方が
勢いがあるので、フェスには持ってこいな気がします。
というか、Perfumeがすでに汗だく。
やっぱり、M01のせいか・・・^^;

私の後悔は、かしゆかの見せ場を見逃したこと。
うーん失敗。

● 03. Magic of Love(Album-mix)

そして、畳み掛けるようにこの曲へ。

news_large_IMG_1121.jpg

news_large__IG20631.jpg

アルバムを聞き慣れているせいもあるかもしれませんが、
テンションを保ったままの強力な流れ。

M01からの勢いあるムードが持続しているところがすごい!

ちなみに後ろの女の子2人の

「(周りを見渡しながら)すごくない!」
「ここにいるのってPerfumeファンだけじゃないのにね」

からも、ファンでないお客さんにも
しっかり楽しんでもらえているのが伝わりました。

Perfumeの一元のお客さんを掴む力は安定のようです。
曲とダンスの力を実感しますね。

● MC1

ここでやっとMC。
当たり前ですが、三人とも汗だく。

お決まりの「Perfumeです!よろしくお願いします!」。
そして安定と信頼のあ〜ちゃんのトーク^^
場の空気が完全にコントロール下に。

こういう風に淀みなく、話のオチもつけつつ喋れるのは
ライトファンも多いフェスでは本当に強みですね。

あ ライブも後半戦に差しかかってきました
  持ち時間30分
  なのに最初の曲で7分使いました!

そういえばそういう曲だったな。これは笑うしか無い^^♪

一旦、給水。(この辺りの流れからちょっと曖昧)

まずはのっちが出てきます。

の こくりつぅっ!!!
客 いえーい!

満面の笑顔でくねっとして

の もっかいやって貰ってもいい?

で、「こくりつぅっ!!!」「いえーい!」をリピート。

追いかけるように、かしゆかもトトト・・・と出てきたと思ったら
慌ててクルッと来た道を戻る。
再度、トトト・・・と小走りに出てきて、

か マイク忘れてきちゃった(照)。

歩く度、効果音が聞こえそうなかしゆかに悶える私。

か 私もやりたい!
  こくりつぅーっ!!!(←ああ、かわいい…)
客 いえーい!

そして、ラストはあ〜ちゃん

あ こーくりつぅ!!!
客 いえーい!!!

あ〜ちゃんの声の魔法は健在。煽られます!
それから、今日のライブの出演者がすごいよね!という内容へ。

の 次のラルクさんとかね!

に反応するかのようにスタンドから黄色い声援。

の 黄色い声援いいね〜〜〜!!

最近はのっちのMCも安定しています。

● P.T.A.のコーナー

あ 声を出していきたいと思います!

から始まったサバイバルダンス、ウルトラソウル。

あ これ全部人の曲なんだけどね!

こういうオチの持っていき方は流石のあ〜ちゃん。
そして、演技指導ののっちも良いのです^^

の 飛ぶよ〜!
  次は、4回飛ぶからね〜!

これで一見さんも迷いません。

ちなみに、のっち、かしゆか共にこのときはサイドに移動。
かしゆかサイドの私は、ゆかちゃんを堪能w

ちなみに、今日のゆかちゃんは、
前髪が少し短く、軽くなっていましたよ!
早めの段階からパラパラっと乱れておりました。

そして、声出しの最後は「チョコレイト・ディスコ!」

● 04. チョコレイト・ディスコ(2012-Mix)

news_large__TK35005.jpg

知っている曲で、且つノリが分かりやすいというのは
一見さんには重要だな〜とフェスに行くと実感します。

私の場合、うっすら知っている曲でもノリ方が分からないと
上手く盛り上げられずにわたわたしてしまいます(. . )ゞ

● 05. ポリリズム

あ 最後の曲です。

ここで観客の「え〜」という声が入ります。
国立への感謝とともに、

あ 私たちにとっては最初で最後の国立ですが、
  また7年後に新しくなったときも
  同じように代表として呼ばれるように、
  ちゃんと活動をがんばります

というファンにとっては
ちょっと食い付きたくなるメッセージを残しました。

そして「思いは巡り巡るよ」ということで『ポリリズム』。

news_large__IG10500.jpg

国立競技場という場所でPerfumeを見られるのは最初で最後。
そう思うと、非常に貴重な機会でした。

でも、また新たになったこの場所で
再びPerfumeが見られることを期待していいということですよね…

最後に、ツアーと今後の活動についての宣伝もしっかりしつつ
Perfumeの舞台は終わりました。



Perfumeの次は大御所、L'Arc-en-Ciel。
のっちの言う通り、あちこちから黄色い声援!!!

私が中学生のときには、既にメジャーなグループとして
J-POP界にいらしたわけですが
未だに勢力的に活動しているのは本当にすごいと思います。
そして、今も女性ファンを魅了し続けていることも。
(もちろん、男性のファンもいらっしゃいました。
 が、声援は圧倒的に女性が多かったです。)

ボーカルのhydeさん。
声にオーラがあるというのか、言葉数は少ないものの
しっかりお客さんを引きつけていたと思います。
歌っているときはもちろん、一言喋るだけでカリスマオーラ、
歩いてもカリスマオーラ・・・(適切な表現が出てこない^^;)
圧倒的でした。

また、Perfumeの前に出演された
MAN WITH A MISSION、SEKAI NO OWARIも良かったです!
マンウィズさんは楽しいロックバンド♪
SEKAI NO OWARIはフェスでも独特の雰囲気でした。



ちなみに私、国立競技場に行くのは今回が初めてでした。
もともとスポーツ観戦はあまりしないので
Perfumeが出なければ、一度も訪れることはなかったであろう場所です。

縁遠かったとはいえ、もう無くなると思うと寂しいものですね。
東京オリンピックに始まり、幾多の選手の思いを見届け、
またライブ会場としても多くの人に愛された建物です。

そんな国立に足を踏み入れる最初で最後のチャンス、
それが得られて本当に良かったなと思います。

これで私にも国立競技場との思い出ができましたよ^^


Perfume のDVD『World Tour 1st』などなど

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


最近、PerfumeのDVDを色々見ました^^
お休みを利用してじっくりとPerfume WORLDに浸る。

ちょっと昔のものから、PTA DVD、最新WT 1stまで。
2日間で集中して!

見てる間は本当にキモい人。

LIVEのopeningでドキドキ(←もう何度も見ているのに。)
3人が出てきて歓喜(("▽")) (←もう何度も見ているのに!)
・・・この辺りまではまだ良いのですが、

曲が始まってからは、テレビに穴を開ける勢いでかじりつき。
細部まで気を抜かないダンス、を一瞬たりとも見逃すまい!
と集中力MAXで挑みます。

もちろんMCでは、満面の笑顔にノックアウト。
なんでこんなにかわいいの〜〜〜!!!と机をばしばし、
そして毎度ながら涙を浮かべるメンバーの姿にもらい泣き。

ひたすらこれを繰り返すので結構消耗します。
体力、気力ともに…^^;
その分、充電もされますが。

我が事ながら、結構暑苦しいな〜なんて思ったりします。



今回のDVDは時系列で鑑賞したので、ラストはもちろんWT 1st。
曲の構成が過去〜2012年と幅広い。

『コンピューターシティ』『エレクトロワールド』そして『edge』
この辺りの曲、なぜか涙なしには見られないんですよね。
Perfumeファンになったのは、ここ2年くらいの出来事なので
映像でしか見たことがないはずなのに。

『コンピューターシティ』『エレクトロワールド』
その歌詞に崖っぷちだった頃の不安な気持ちを重ねてみたり、
「初めて自分たちの曲を好きになれた」という台詞を思い出したり、
Perfumeの生い立ちみたいなものを感じるから。
なんですが。

『edge』の場合はまたちょっと違って。
ずっと直角二等辺三角形tour『edge』が最高で
完成されてしまったから、あれ以上はない…そう思ってたんです。
だから、もうやることはないだろうし、
一生で一度は見てみたい反面、もしかしたら
直角を越えられないんじゃないか、
がっかりしちゃうんじゃないか、なんて心配もあった。

で、それをあっさり覆されたのがWT 1st。
演出?いや、演出がいいからじゃない。
Perfumeの存在感とダンスがあるからなんだ。
そう言い切れるくらいの圧倒的な何かがありました。

Perfumeはあの日からずっと進み続けている。
そのことに心を鷲掴みにされました。

あれ以上はない…なんて思った私が浅はかだった。


---------- ---------- ---------- ---------- ----------

そういえば、global siteが新しくなっています。
のっちblogも更新。
今回は色々書いてくれたのっち。ありがとう^^

global siteのシルエット、
マウス操作で近寄ったり、見る角度を変えたりできました。
3Dスキャナーすごいです。どの角度もぬかりなし!
三人のおみ足の形もよく分かります。
http://wt2.perfume-global.com/
後ろからのシルエットも乙なものでした^^

MacBook Proだとすんなり見れる〜(*´∇`*)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。