Perfume 音楽の日・CDTVスペシャル!・THE MUSIC DAY

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


■06/27(土) 14:00~ TBS「TBSテレビ60周年特別企画 音楽の日」
■06/27(土) 23:45~ TBS「CDTVスペシャル!音楽の日朝までライブ」
■07/04(土) 12:00~ 日本テレビ「THE MUSIC DAY -音楽は太陽だ。-」

夏休み前の番組改編期。
Perfumeも音楽番組への出演が続いていましたね^^

「音楽の日」では『ポリリズム』とともに新曲『Pick Me Up』が披露されていました。
『Pick Me Up』は短縮されてもカッコ良さが伝わりやすくて良い感じです♪

こんな感じで「CDTVスペシャル!」や「THE MUSIC DAY」も
定番曲プラス新曲でくるのかな〜と思っていたら
今年のPerfumeは違いました!!!

「CDTVスペシャル!」でまず驚きました。
TVではやらない宣言で封印されていた『Spending all my time』をお披露目。
夏フェスや・・・と一人テレビに突っ込みました。
なぜ今、解禁する(笑)??と、
衝撃的でした。
ちなみに客席は女子が多かったためか(曲を知らないだけ?)縦ノリは見られず。
あ〜ちゃんが「信じてるキミのこと」の辺りで手拍子を求め
そこからずっと手拍子だったのが新鮮でした。
上品!!

そして驚きは「CDTVスペシャル!」に留まらず、本日の「THE MUSIC DAY」でも。
2008年のアルバムタイトル曲『GAME』をぶっこんできました!!
まさか、TV『GAME』を見る日が来ようとは・・・
だから衣装が黒っぽかったのかと後から妙なところで納得^^;
お立ち台にライトセーバーに『GAME』のshort ver.とネタのてんこ盛りです。
その後は『Dream Fighter』でキレイに締めましたが。

私としては、short ver.になるため魅力が半減してしまうものの、
決まった曲だけやるのはもったいないという思いが強いため
こういうTV解禁はもっとやって欲しいです^^♪

ちなみに最近、聞きたいのは『Hurly Burly』。
こちらはTVではなく是非ライブで!
よく考えたら、氷結ナイトでお披露目されて以来、ライブでやっていないのでは?

と思っていたら、あ〜クリオネさんから

> この曲は氷結サマーナイトの後、フェスを含めると2013年に(たぶん)3回披露されてます。

> ULTRA KOREA 2013
> SONICMANIA 2013
> LIVE at NHK

とのご指摘を頂きました!!
ありがとうございます^^♪


さてさて、次はどの曲がTV初披露となるのやら・・・
『FAKE IT』『いじわるなハロー』とかどうでしょう?

そして、こんな些細なことでPerfumeのTV出演が一層楽しみになるのでした^^

スポンサーサイト

Perfume 『Spending all my time』のDV&LM remix & Radio Mix #2

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

そうそう12日はPerfumeさん、韓国で対バンでしたね^^
きっとライブ明けは、ファンが街でふわふわしていたのでしょうw
対バンにご縁がない私は羨ましい限りです。

さてさて、例のリミックスのことをば少々。

[ボーナストラック]
15. Spending all my time (Radio Mix)

どこかのEDMで聴いたことがある旋律ですが、じわじわと不穏な始まり。
ねずみ色。こういうの嫌いじゃないです^^
湿り気のある閉塞的な雰囲気は
原曲のイメージにしっかり寄り添っている気がします。

そして、その上に聴き慣れた『Spending all my time』がのっかります。
サビから続く中間はやや軽く上向き、再び憂鬱へ。

リミックスとはいえ、原曲がかなりはっきり残っています。
原曲をなるべく残して、EDMを少しのせた印象です。
この作者は『Spending all my time』をあまりいじりたくなかったのではないか?
そんな印象さえ覚えてしまいます。


16. Spending all my time (DV&LM remix)

最初は違和感ありましたが、繰り返し聴いていたら
面白い!と感じるようになりました。
中田さん以外にリミックスしてもらうなら、
これくらい崩される方が、依頼した甲斐があるように思います。

歌が始まり"Spending all my time"が"いつも君を思うよ"
と繋がった途端フェードアウト。
日本語だけでなく英語詩も含めて、
歌詞の区切り方、音ののせ方が新鮮です。
言語文化の違いか・・・

そして、間奏が長い。
間奏も上品で嫌みのないリミックスです。

ともかく、原曲とは随分違う雰囲気になっていますΣ(‥ )!!
全体にカラッとして都会的。
日本海の曇り空の代わりに、ビルの隙間から見える星空をはめこんだような。

『Spending all my time』の一途さのなかに
前向きな明るさを感じるようになりました。

それにしても、こちらのリミックス、
日本語詩が本当に際立って感じますね。
『Spending all my time』に日本語詩があって良かった。
初めてそう思いました!!


『Spending all my time』が英語歌詞だということが
海外でのリミックスへの可能性を作った。

ユニバーサルさんは発注のときから
こういう可能性を狙っていたのだろうなと
今になって気づくのであります。

また、日本語詩をPerfumeが求め、
わずかながら強い意味を持つ歌詞が入った。
そしてその日本語詩が、非日本語圏のDJによるリミックスで
際立つとは、なんとも不思議な縁だなと思います。

改めて纏めると、

ユニバーサルが英語歌詞多めのEDMを発注→
中田さんによる全編英語Perfume版EDM作曲→
Perfumeによる日本語歌詞の希望→
『Spending all my time』完成

そんな流れだったのでしょうか。

この曲って色々と翻弄されたゆえに出来上がった
因果な曲なんだなと、しみじみ(*;_;*)
愛されて欲しいと願わずにはいられないのです。

リリース後も、カンヌ、WT2ndのオープニングと
重要なところで使われておりました。
やっぱりユニバーサルの戦略という色が濃い曲だったのかな。

いちファンとしては、夏フェスでの華麗なお披露目の方が
もっともっと印象に残っているのだけれど♪

あれを見ていると
MIKIKO先生、Perfume、そして観客のレスポンスを経て
名実共にPerfumeの曲になった気がするのです。

P121023-14.jpg
RIJ2012.jpg

ところでRadio Mixはどなたがリミックスされているのでしょうか?
公式に公開されておらず非常に気になります!


Perfume 『Spending all my time』のDV&LM remix & Radio Mix

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


10/22に日本でもリリースされる「LEVEL3 (Bonus Edition)」。
それまでのんびり待てば良いのですが、
どうも気になって仕様がないので早速dlしてみました^^

なんたって、中田さんじゃない!
これはゆゆしき事態なのです。

金沢生まれの金髪日本男児
nakata_yasutaka_new.jpg



広島生まれの黒髪大和撫子(のっちは福山だけど)
perfume_SAMT.jpg

が紡ぎだす"中田Perfume節"に慣れ親しんでいたら
ベルギーから黒船ならぬ兄弟舟が!

Dimitri Vegas & Like Mike
vegas_mike_google7.jpg

これぞ、ザ・DJといった出で立ち。
やっぱり今時のEDMっぽくなるのかしら???
ま、EDMの云々はさっぱり分からないのですが…^^;

曲はこれからゆっくり聴きます。

個人的に思うのは、中田さんがよくOKしたなということ。
自分の作品を他人に触られるのは嫌いなんだろうと思っていたので。
こらが米ユニバーサルの方針なのかなんなのか。

そして、もう一つ。

一人のファンとして大事なことは、
このお二人がランキング6位のDJかどうかよりも
Perfumeの良さを理解して大事にしてくれるのか?というところ。

Perfumeってそうやってできているものだと思うから。

では、おそるおそるiTunes音源を聴いてみます^^


Perfume シングルベスト3(自分版)#2

Posted by minotti on   8 comments   0 trackback


昨日の続きです。

Perfumeのシングル一覧をじーっと眺めて
まず最初に、絶対これは外したくない…と思ったのがこちら。

⑦love the world(2008)

 01. love the world / 02. edge


個人的に無敵の布陣だと思っています。
まずはA面「love the world」の絶妙なバランス。
J-POPのように聞きやすいけれど、音も音楽も繊細なところにこだわりがある。
甘過ぎない、爽やかでかっこいい、でもかわいらしさもある。
シングルチャート1位になり、多くの人を捉えたのも納得です。

そして、「edge」。
それまでの聞きやすい"Perfume"を大きく打ち破ったところ。
演出とPerfumeをさらに進化させるきっかけになったところ。
そして未だに、ファンの熱狂を誘うところ・・・
この曲の功績は数えきれません。

ということで、絶対に外せないと思ったシングルです。

そして、ここから随分悩みました^^;
が、ばしっと決めてみました!

③エレクトロ・ワールド(2006)

 01. エレクトロ・ワールド / 02. wonder2


「エレクトロ・ワールド」。
Perfumeと多くのファンがずっと愛してきた曲ですね。
個人的には、Perfumeと近未来が、カッコ良さとかわいらしさを
理想的なかたちで表現できた最初の曲のように思います。

そして、今ではあまり聴けなくなった「wonder2」。
今は無き青春のPerfumeですね^^

カッコイイSFのような世界と日常の小さなことを綴った歌、
それは今に続くPerfumeらしさだと思うので、
これはベスト3入りですね!

そしてラスト!!!
ほんとーに、困りました。。。

特に⑯Spending all my time(2012)

 1.Spending all my time / 2.ポイント
/ 3.Hurly Burly


にするか

⑰未来のミュージアム(2013)

 1.未来のミュージアム
 2.だいじょばない


にするか・・・

ということで、最後は自分の嗜好に寄り添って

⑯Spending all my time(2012)

 1.Spending all my time / 2.ポイント
/ 3.Hurly Burly


に決定です!!!

⑰も名曲「未来のミュージアム」に、
個人的に一押しの「だいじょばない」という
Perfumeじゃないとできない曲の組み合わせなので
ものすごーく捨てがたかったのですが、

Perfumeの持つ"J-POP"的な聴きやすさ、
20代半ばのPerfumeを表現したような曲調、
そしてEDMという禁じ手(?)から始まる昨今のPerfume…

3曲入のシングルなので、
1曲1曲のインパクトは軽いかもしれませんが、
Perfumeを凝縮した1枚として⑯をベストシングルに入れたいと思います。



ところで、このベストシングルの苦しさは半端じゃないですね^^;
でも、やってみると面白いので皆様も一度挑戦してみてください。

さてさて、三人が何を選んだのか、ロッキンを読むのが楽しみです!


Perfume 2012年のシングル第2弾を覚えていますか?

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

2012.08.15 on sale

[CD]
1.Spending all my time
2.ポイント ※「キリンチューハイ 氷結やさしい果実の3%」CMソング
3.Hurly Burly ※「キリンチューハイ 氷結」CMソング
4.Spending all my time -Original Instrumental-
5.ポイント -Original Instrumental-
6.Hurly Burly -Original Instrumental-


そう、なぜか唐突に3曲も新曲が入ったあの夏。
『Spending all my time』に色んな意味で踊らされた思い出…

今となっては、懐かしいですね(*´ω`*)

『Spending all my time』『ポイント』
アルバム「LEVEL3」の構成曲として組み込まれ
気づけばアルバムばかり聴いてしまっていた最近ですが、
私、本日またもやハッとしました。

皆様には、改めて

『Spending all my time』
『ポイント』
『Hurly Burly』


この三曲を一つの流れで聴くことをオススメ致します!!!

『Spending all my time』『ポイント』ではもの足りず、
『ポイント』『Hurly Burly』では落ち着き過ぎで、
『Spending all my time』『Hurly Burly』では暑すぎる…

このシングルは3曲でこそバランスが取れている!
シングルなのにこの満足感(> <)

歩きながら、思わず拳を握りしめました^^

日中は少し汗ばむ季節となりました。
ここらで昔のシングルと一杯。なんていかがでしょうか?

(ところで新曲4曲ってバランスとりやすいのかしら?
 緩急だけじゃ面白くないので、ぐっとくる変化球を期待^^)