Perfume 2015年紅白歌合戦、速報?

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


Perfume紅白でやりたい放題!
Perfume演出でお茶の間ポカーン‼
Perfume、紅白でも攻めの姿勢変わらず!!!

とかいう新聞見出しが出そうでした(笑)
Perfumeをあまり知らない層にどう映るのか。
面白いけど、ちょっとハラハラ(・・;)

NHKさんとは懇意にさせて貰っていますが、
こういう自由ができるのはありがたいですね。
まさか紅白で今年の集大成が見られるとはw

あの短時間であれだけのものを
完璧に見せられるのが、Perfumeの強み。



スポンサーサイト

Perfume WHITE SCREEN 2015.05.01

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


投稿したつもりが下書き状態でしたorz
Mv『Pick Me Up』について児玉監督のインタビューが公開されていたようです。

------------------------------------------------------------------------------------------------

誰か私を連れ出して!
児玉裕一監督によるPerfume最新MV「Pick Me Up」!
児玉裕一監督、VFXの格内俊輔、プロデューサーの加島貴彦のインタビュー!


http://white-screen.jp/?p=54074

児玉監督からのネタばらしです♪
以下、自分用のメモ。

●5年ぶり4回目のPerfume MV監督について
・児玉監督のPerfume MVは、4本とも撮影は同じスタッフ
 撮影は内田将二さん、美術は山村一智さん

●ストーリーMV作成の経緯
・伊勢丹のキャンペーンJAPAN NEW POWERで紹介しているデザイナーの服を
 MV内に登場させるという約束事はあった。
・洋服とPerfumeを魅せて欲しい、というのを言われていた。

・児玉監督が思うPerfumeの魅力の1つに“切ない”というキーワード
・“Perfumeが持つ、テクノロジー感と商品を結びつけるストーリーを考えた時に、
 物欲って引力みたいなものなんじゃないかって。
 実はそこに公式めいたものがある、科学的な何かが潜んでいるんじゃないかって仮定して、
 そういうことを表現したいなって思いました。 ”
・“このMVは、やっぱり全てPerfumeによって表現するべきですからね。全部Perfumeです!”

「全部Perfumeです!」だそうで^^
児玉監督は、被写体としてのPerfumeを見ているのでしょうか。
関監督とはまた違うPerfumeの魅力があるような気がします。

『Pick Me Up』MV
・自分がマネキンとして中にいて、そこに吸い寄せられるように
 運命的な出会いを果たす。
・他の洋服には一切目がいかなくなる。1対1の関係の世界
PMU_MV_cap_15.png
PMU_MV_cap_16.png
PMU_MV_cap_17.png
だから一人に一つの世界になっていたんですね。
PMU_MV_cap_21.png
のっちの奥に見える、本来ならかしゆかがいるはずのショーウィンドーに
誰もいない理由もここにあるようですね^^!

・洋服“Pick me up 私をここから連れ出して”
・暗いラビリンスをくぐり抜けてでも、運命の相手をお家に連れて帰るんだっていう心境

あの真っ暗な世界が描かれる理由がやっとわかりました。
こんな意図があったんですね~。

・ダンスをしている3役目のPerfume;買い物引力の磁場を司っている女神
PMU_MV_cap_13.png
なるほど、神!?
PMU_MV_cap_23.png
え、もしかしてのっちが重要な役割を任された理由って・・・噛みだから!?
もしかして、もしかしないか・・・^^;

その他、『Pick Me Up』の歌い分けについても書かれていました。
なんとなく予想?とあっていて嬉しい^^♪

その他、撮影裏話などもありまして読み応え十分でした!!


Perfume シングル『Relax In The City/Pick Me Up』

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


おととい、やっとシングルを入手しました^^
ということで今のところの雑感をば。

『Relax In The City』

全体の流れがすごーく心地良いなぁ。というのが一番感じたことでしょうか^^
さらっと書いていますが、個人的に重要なポイントです。

曲はふわっとしていますが、さーっと駆け抜けるような疾走感があります。
いい意味で右から左です(笑)。

あと、フィンガー・スナップ音がものすごーく気持ちいいwww
すっごくいいタイミングで来るんですよ!!
間奏部分とかもうね・・・ずっと聴いていたい感じです。

音とリズムが自然体。かわいくて透明感のある音。しっくりきますねー。
特に発音といいますか、音の切り方、歌い方が気持ちいいです。
そういえば、「WHAT’S IN」インタビューで、
中田さんから音の切り方、スタッカート、レガートで色々言われたとありましたが、
そのこだわりも良い感じに出ていると思います!!

メロディからサビにいくところで、ぶわぁっと視界が開ける感じも◎。
空を飛んでいる気分になりました。

ところで、波の音は楽曲にはないんですね。
てっきり標準装備と思ってました^^;

聴いていて心地よい。はい、すっごくいい感じです^^
つい歌ってしまいます♪


『Pick Me Up』

随分聴いてしまった曲なので、改めて何を書きましょうか^^;

まずは『Relax In The City』からの『Pick Me Up』の良さでしょうか。
ガラッと色が変わって、勢いが際立ちます。
それが気持ちいいです♪

小室さんっぽい?という印象も以前は抱えたのですが、
なんだか聴きこむほどに小室さんの香りは消えて行ってしまいました。
今はもう、中田ヤスタカとPerfumeの曲にしか聞こえません。

超ライトファンの夫は、これがA面とばかり思っていたようです。
これが流れると足がリズムをとるので、3曲の中ではお気に入りと推測。

『レーザービーム』のような、ライト層に訴えかける勢いがある楽曲なのかな?

ダンスミュージックなんでしょうが、しっかり歌もの、勢いもある。
そのあたりが聴きやすさを出しているのでしょうか。

しのごの言わずに、この勢いにのっとけ。
そういうパワーがありますね。

乗せられるまま、気持ちよくなっておきましょう(笑)


『透明人間』

来ましたねーーー。
ヤスタカがつい電話しちゃったという渾身の?
(いや、狙ってなかったのに良いの出来ちゃった?)一曲。

暗い。
もどかしい。
苦しい。

好きですよwww

EDMっぽいんでしょうが、全体にウエット。

ええ、そういうPerfumeの曲好きですよwww

だって他にこういうのありませんから!!!

ダンスミュージックだけど「イェーイ!!!」じゃないんですよ、
村上春樹さんとか読んで"現代の喪失感や孤独"とやらを感じながら
「嗚呼・・・」とか言いながら聴く曲です。

なんのこっちゃ^^;

加速する虚無感。

自分の手が透明になるのを見つめて、
透明になって誰にも気づいてもらえなくなるのは怖いんだけど、
自分が消えても何も変わらないと達観しつつ、
でも、気づいて気づいて気づいて・・・と心の中で叫んでいる。

そんなことを想像してしまいました。いいですね、自分の想像が広がる曲^^


という感じで、シングル3曲はどれも聴きやすい!!
それでいて3曲ともぐーっと引き込まれるところがあります。

また、毛色の違う3曲ですが、どれもしっかり"歌もの"なところも良かったです♪

この先感想も変わるかもしれませんが、聞き込み2日目の感想でした(^^)/



追記。

3曲通して聴くのがお気に入り^^♪


Perfume 『Pick Me Up』#3 フルMV その3

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


リリースが間近に迫って情報更新が半端ないこの頃ですが、
そのあたりのことはさておきマイペースな内容を更新したいと思います^^

ということで『Pick Me Up』のキャプチャを粛々と。笑



2番のAメロに合わせてのっち登場。
PMU_MV_cap_14.png
なんだかちょっとだけジャパニーズホラー?美人な雪女にも見えます。
色が白くて顔立ちがあっさりしているせいでしょうか。

2:15不思議な部屋に入ると、それぞれのマネキンのもとへ行きます。
実は同じ部屋にいたのΣ(‥ )!?と思わせるシーン。

その後、それぞれのマネキンと見つめ合います。
PMU_MV_cap_15.png
のっちのっちってあんまり切なくないですね。
むしろ、楽しそう^^;

PMU_MV_cap_16.png
あ〜ちゃんあ〜ちゃん。こちらは切ないというか苦しいというか。
お互いの気持ちが分かり過ぎて、胸が痛い感じです(> <)

PMU_MV_cap_17.png
かしゆかかしゆかはしっとり。
どこからか漂う諦観。「ここからは出られないの…」とか言ってそうです。

PMU_MV_cap_18.png
個人的にはマネキンを見上げるかしゆかがツボですw
ちょっとぽわんとして。この歯がゆい情感が良いんですよ(*´ω`*)

と、不思議なことに気づきます。
のっちのっちと向かい合っていると見せかけて、実は相手はただのマネキンなんですね。
PMU_MV_cap_20.png

そしてもう一つ不思議なことに、
PMU_MV_cap_21.png
のっちの後ろには、かしゆか世界のマネキンがあるのですが、
向かい合っているはずのかしゆかの姿はありません。
実は同じ部屋に見せかけて、別な世界にいるみたいです。監督の設定の細やかさ!

0:27 「321」"0"のタイミングで手と手をギュッとつなぐところ。
この一瞬の映像が素敵!!!です。

PMU_MV_cap_22.png
そして後半の見所のひとつが、抱きしめるあ〜ちゃんではないでしょうか^^♪
リアリティがありますね〜。

とまあ、三人とも見所たっぷりですが、この曲はMVにおいてもメインはおそらくのっち。
後半もかなりおいしいところを持って行きます。

3:19 一人だけ見栄(?)を切るのっちもそうですが、
何よりラストの「自由になれるわ」。
PMU_MV_cap_23.png
どうですか、この貫禄!エース感!!

そして個人的に大事なポイントは、このラストの歌詞で初めて
ダンスをするのみだったPerfumeが歌うんですよね。

つまり、それだけ重要なシーンだったということでしょう。
(でも、のっちマネキンが一番そのまんまでも大丈夫そうでしたが。笑)

ワクワクするし、Perfumeはかわいいしでとっても美味しいMVですが、
設定がかなーり細かいんですね^^
それもまたツボなのです♪


その他、気づいたこと。

・「Pick Me Up」部分を歌うのはマネキン。
 0:161:291:353:05

1:41「甘えたいの」はマネキン。一方、
 3:10「自由になれるわ」3:25「無邪気になれるわ」はマネキンじゃない方の
 のっち、あ〜ちゃん

どうも、マネキンと人間の対話という設定を守っている様です。


とまあ、『シークレットシークレット』でも披露された
児玉監督の細かな設定が今回も炸裂しているな〜と思いました。

4:12「あれっ うそぉっ」が〆の一品ということで
MVの壷(?)は一旦終了でございます。

お付き合いありがとうございました^^


Perfume 『Pick Me Up』#2 フルMV その2

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback




何度見ても素敵ですね。このMV^^

このMV、個人的には歴代MVのトップ3には食い込んできます!!
それくらい好きです(*´∇`*)
少なくともユニバ移籍後の作品では、ダントツ一位でございます。

何よりも見ていてワクワクします!
どの場面を切り取っても物語が見えてきそうなところも素敵♪
そして何より、Perfumeがかわいく美しい・・・ため息物です^^

PMU_MV_cap_01.png

23:59とは結構な深夜ですね。笑

のっちのスタイル、すごく好きです♪
きれいな紫のアウターとパンツの丈が絶妙!!

0:05のっち「お腹いっぱい」はアドリブ??
あ〜ちゃんのツッコミもお見事です。

PMU_MV_cap_02.png

OK Goさんのマネキン登場。目だけ動くのがちょっと怖い^^;

PMU_MV_cap_03.png

振り返って辺りを伺うゆかちゃん(*´∇`*)www
かしゆかの声に反応するかしゆか。設定が細かいのです。

PMU_MV_cap_04.png

あ〜ちゃんもきれいですね〜(*´ω`*)♪
三人とも良い感じなのです。

0:49画面が溶けて世界が切り替わります。この演出がニクい!
Bメロの始まりと相俟って良い感じ^^

PMU_MV_cap_05.png
PMU_MV_cap_06.png
PMU_MV_cap_08.png

Perfumeマネキンは3つの世界があるようです。

PMU_MV_cap_07.png

そして、のっちマネキンはなぜか幸せそう。

PMU_MV_cap_09.png
PMU_MV_cap_10.png
PMU_MV_cap_11.png

三人ともカラコンが似合います。正にお人形さん!!
一番合うのは、顔立ちのはっきりしたあ〜ちゃんかな^^

1:27 かしゆかの髪の毛がきれいです・・・w
1:42 あ〜ちゃんの動きもいいですね!

PMU_MV_cap_12.png

ちょっと見上げる角度。
三人の脚がばっちり決まっています(`・ω・´)!!

PMU_MV_cap_13.png

なんだか魔法をかけているようにも見えます。



という感じでキャプしきらないくらい良いシーンが多いのです!!
やっぱりきれいなPerfumeを見られるのは良いものですね^^

Perfumeの美しさと洗練されたダンス
それに加えてストーリー仕立てのMVが、普段は見られない三人の魅力を
引き出してくれているように思います。

今日はここまでです^^