Perfume との出会い『ポリリズム』#2

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

ACのCMのあ〜ちゃんはちょっとおばちゃんっぽかった。
のっちはかわいいけど、あまり印象に残らなかった。
かしゆかは、まるで眼中に入らなかった。
(こんなことを書いてショックを受けらた方がいらしたら、
 本当にごめんなさい。)

もうちょっと服がシュッとした感じだったら良かったんじゃないかな?
3人とも甘いかわいい顔立ちじゃないから、あの近未来メイド喫茶?を
想像させる衣装はいまいち似合わないと思うのです…。

昔、飼っていたうちの犬。
雑種だったけれど子犬のころはめちゃくちゃかわいくて、
大人になったらやけにハンサムになった。
でも、その間の1歳の頃はどっちつかずの中途半端で変な感じだった。
新入社員よりも高校生の方がおじさんぽく見えることありますよね。
そんな感じ。

当時の芋っぽいPerfumeはそういう現象の中にいたんじゃなかろうか。

身近に感じるほど、一緒にいるほど、
色々な表情に気付いてかわいく思えてくる。
決して美人ではないからこそ愛着が湧くというか何と言うか。
あの頃に始まる三人の「かわいさ」はちょっと味わい深い。

あの衝動は まるで恋だね♪


スポンサーサイト

Perfume との出会い『ポリリズム』#1

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

アジアツアー1公演目が終わって、Perfume周辺は
一旦通常運転に戻った感じですね。

ちょっと腰を据えて、過去のmemoをもとに
Perfumeにはまった経緯のまとめでもちまちま始めようかな。


-----------------------------------------------------------------

2007年『ポリリズム』
ACとNHKのリサイクルキャンペーンの曲。
「ポリ新参」の言葉があるように、私にとってもPerfumeの存在を
知るきっかけになった曲です。

CMで見たPerfumeの第一印象は「また秋葉系アイドルか?」
「でもアイドルっぽくない曲だな。」という感じです。
サブカルとか秋葉原等には割と好意を持っていたので、
ギラギラしてなくて良いんじゃないの(^ ^)と軽く流してました。
(流行のアーティストとか新しいものが苦手なので
初見のものを好意的に聞き流すのは、ちょっと珍しい。)
ただ、そのときはそれだけで終わりました。
"Perfume"というグループ名もたぶんすぐに忘れてしまったはず。
本格的に、その存在を認知して「嫌いじゃない」が「好き」に
なったのは2010年と大分後になります。

ただ、そのときのCMで見た三人の印象はなんとなく覚えていて、
失礼ながら「かわいい!」とは思わず。
あえて言えば、なんか中途半端で芋っぽい。
(地方から都会の大学に進学してきた
大学1、2回生の頃を思い出しました。)
でも、流行のメイクで作り上げられた大人の雰囲気もなければ、
アイドル好きのお兄さんが好みそうな変な子供っぽい雰囲気もない、
”その辺にいそう”で、それゆえに”親しみやすい”感じだったと
思います。

それからすると、今は大分とあか抜けたよな〜。
当時は、まさか自分がここまではまるとも、
こんな人気のグループになるとも、全然思いませんでした。