Perfume 『パーフェクトスター・パーフェクトスタイル』

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


公式で2010年の東京ドーム公演が上がっていました。
5年前のPerfume。
なんだか懐かしく感じますね。それにしてもかわいい・・・



この公演の『パーフェクトスター・パーフェクトスタイル』は1番が歌唱のみ。
なんでこれがデモムービーになったのかな?

この映像にはありませんが、
「後ずさりなんてできない♪」のマイムのような振り付けや
「そっと抱えたあのまま♪」のちょっとカッコイイ手振りが結構好きです^^

でも、全編通じて『パーフェクトスター・パーフェクトスタイル』はステップがキュートwww
Perfumeが振り付けを考えていたとは(全てか一部かは知らないのですが)驚きでした。

ちなみに、このドームの映像・・・

0:40辺りも良いのですが、0:49のかしゆか(スクリーンの方の)がやけにかわいい。
最近はあまり見なくなったキャピキャピした雰囲気が懐かしいです。
アイドルっぽい仕草が今よりも多かったんだなぁと思います。

逆にあ〜ちゃんは結構大人っぽく見えます。
きれいなお姉さん。
これから増々大人の女性の魅力が出てくるのを予感させる美しさです。
でも、溌剌とした感じがイイ!!

のっちは今とあまり変わらないかな?
舞台映えするのと、大物のオーラ。こればっかりは天性のものだからか。

そんな私の一押しは1:42です。
結局かっしかしな内容になってしましました(. . ;)


スポンサーサイト

Perfume 高嶺星『パーフェクトスター・パーフェクトスタイル』

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


「高嶺星」

今や、本当に高みに登ってしまった感のあるPerfumeですが、
この曲が「Perfume〜Complete Best〜」に入ったのは
もう8年も前のことなのですね。

アルバム中唯一の新曲として。
一説には、解散が予想されたPerfumeへの
中田さんからの餞とも・・・。

その辺りはさておき、大好きな曲の一つです!

DVDに収められた直角二等辺三角形ツアーのアンコールが、
私の『パーフェクトスター・パーフェクトスタイル』との出会い。

ああ、"パーフェクトスター"ってこれのことか・・・。
そう思いましたよ。

そこにあるのは、まばゆいような三人の表情。
『パーフェクトスター・パーフェクトスタイル』を歌うときのこぼれる笑み。

宇宙にまたたく星のように、きらめいていました。

ファン・サービス[bitter]。

"パーフェクトスター"と呼ばれる立ち位置とは違ったけれども、
この曲を貰った2006年の三人のなかにも
今も変わらない"輝き"があります。

この曲を聴くと、"パーフェクトスター"って
Perfumeの持つ星の光そのもののような気がするんですよね。

そうだ。でも、"手を伸ばしても 届かない"んだった。
幸せなのに切ないですね。



以下、LOCKSの感想です。



Perfume LOCKS! 2014.12.1
「台湾公演もあったということで、
 Perfumeの曲のタイトルを漢字に直す事が出来るか?
 を研究せよ!」

面白かったです^^

20141201_p09.jpg

『edge』の「崖」はさておき
(これはPerfumeじゃないと通らない解釈です。笑)

「直射光線」は、歌詞"ストレイト"や曲名の伸ばし音を感じて、
曲のイメージそのままで小気味良く

『FAKE IT』の「嘘本当」もお見事^^
「嘘、本当。」ああ、三人に言ってみてもらいたい!

LOCKSの研究、
適当な結果報告や、リスナー置いてけぼりの
フィーリング回答が多い印象っだったので(笑)

珍しく「おお!」と思いました^^