Perfume "ほんとうの君を知りたいの"

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback

といったらPVのあのシーンが浮かびます。
かしゆかが前進してくるところ。

131121_シクシク_1

『シークレットシークレット』
東京ドーム2010のM00『GISHIKI』に続く曲。
実質的な1曲目。本当に幕が開ける演出に一気に引き込まれた。
(DVDしか知らないのだけどね。)
意味深な白い三角形の向こうには秘密があった。

あ「印象深く使う曲だから。マネキンっぽい感じだしね。」
 「これのイメージがPerfumeのイメージとして根付いている
  感じはある」

マネキンっぽい="DOLL-LIKE"はこの曲からなのかも。
でもPV全体では、人間的な温度をひしひしと感じます。
一つには、Perfumeの上京物語(by児玉監督)だからなんでしょう。
色々知った後で見ると、涙が出ちゃいそうになる…

もう一つは、一見柔らかな雰囲気ながら、その実は気概のある三人
という私のPerfume像が
マネキンに宿る人間性に投影されているからなのだと思います。

PVのクライマックス。
螺旋階段でつまづいた彼女が、何か吹っ切れたように
こちらを見据えて迫ってくるのは何を意味しているのか?

かしゆかが・・・というよりは、
Perfumeが腹をくくった瞬間を表しているのかなと思っています。

私はマネキンじゃない!と悩んでいたマネキンが、
それでもこの道を進むんだと決意した初めの一歩。
鋭く光る瞳は、意志があるってことだからね。

ところで、LIVEだとどんな表情をしているのかと思って
東京ドーム2010を見たら…引きの映像だった(´・_・`)

ところでこのシーン、ロキノンインタビューの
西脇家三姉弟妹とゼリーの話を思い出しました。
長女のお仕事。
131121_シクシク_2


スポンサーサイト

Perfume 『VOGUE JAPAN』2013/10

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

■8/28(水)「VOGUE JAPAN」2013年10月号
※FASHION'S NIGHT OUT
 オフィシャル・ガイドブック別冊内撮り下ろし


を見てましたら、

こう・・・横っ腹がむずがゆいような。
ちょっと気恥ずかしいような。

そんな気持ちになりました。

だってPerfumeがTIFFANYの広告をしてるんですよ〜
なんだか照れますね^^

と、思っていたら…

tumblr_mt9yqxXDtC1rc83u9o1_500.png
(画像は借り物です。)

あら、どこのハリウッド女優!?

Σ(‥ )!
ええ〜〜〜〜〜!!!!!
うちのPerfumeさんじゃないですか。
(あたしゃてっきりコラかと最初は思ってました。)

で、これを思い出したわけですよ。

ラン ラン・・・ ラン ラン・・・

20130919_1.png

「あれ、うちらじゃ!!
 すごい、すごい!夢みたいじゃね。」

たぶん今のPerfumeも、
同じようなことを言ったんじゃないでしょうか。

自分たちに起こることがいつも幸運で、いつまでも新鮮な。
そんなPerfumeらしさ。
ずっと持っていて欲しいな。

ちなみにのっちが珍しくスカートですよ!