Perfume シングルベスト3(自分版)#2

Posted by minotti on   8 comments   0 trackback


昨日の続きです。

Perfumeのシングル一覧をじーっと眺めて
まず最初に、絶対これは外したくない…と思ったのがこちら。

⑦love the world(2008)

 01. love the world / 02. edge


個人的に無敵の布陣だと思っています。
まずはA面「love the world」の絶妙なバランス。
J-POPのように聞きやすいけれど、音も音楽も繊細なところにこだわりがある。
甘過ぎない、爽やかでかっこいい、でもかわいらしさもある。
シングルチャート1位になり、多くの人を捉えたのも納得です。

そして、「edge」。
それまでの聞きやすい"Perfume"を大きく打ち破ったところ。
演出とPerfumeをさらに進化させるきっかけになったところ。
そして未だに、ファンの熱狂を誘うところ・・・
この曲の功績は数えきれません。

ということで、絶対に外せないと思ったシングルです。

そして、ここから随分悩みました^^;
が、ばしっと決めてみました!

③エレクトロ・ワールド(2006)

 01. エレクトロ・ワールド / 02. wonder2


「エレクトロ・ワールド」。
Perfumeと多くのファンがずっと愛してきた曲ですね。
個人的には、Perfumeと近未来が、カッコ良さとかわいらしさを
理想的なかたちで表現できた最初の曲のように思います。

そして、今ではあまり聴けなくなった「wonder2」。
今は無き青春のPerfumeですね^^

カッコイイSFのような世界と日常の小さなことを綴った歌、
それは今に続くPerfumeらしさだと思うので、
これはベスト3入りですね!

そしてラスト!!!
ほんとーに、困りました。。。

特に⑯Spending all my time(2012)

 1.Spending all my time / 2.ポイント
/ 3.Hurly Burly


にするか

⑰未来のミュージアム(2013)

 1.未来のミュージアム
 2.だいじょばない


にするか・・・

ということで、最後は自分の嗜好に寄り添って

⑯Spending all my time(2012)

 1.Spending all my time / 2.ポイント
/ 3.Hurly Burly


に決定です!!!

⑰も名曲「未来のミュージアム」に、
個人的に一押しの「だいじょばない」という
Perfumeじゃないとできない曲の組み合わせなので
ものすごーく捨てがたかったのですが、

Perfumeの持つ"J-POP"的な聴きやすさ、
20代半ばのPerfumeを表現したような曲調、
そしてEDMという禁じ手(?)から始まる昨今のPerfume…

3曲入のシングルなので、
1曲1曲のインパクトは軽いかもしれませんが、
Perfumeを凝縮した1枚として⑯をベストシングルに入れたいと思います。



ところで、このベストシングルの苦しさは半端じゃないですね^^;
でも、やってみると面白いので皆様も一度挑戦してみてください。

さてさて、三人が何を選んだのか、ロッキンを読むのが楽しみです!


スポンサーサイト

Perfume のっち先頭

Posted by minotti on   3 comments   0 trackback

"君の腕を僕が引くから"

のっちの歌詞。
いざというときに本領を発揮するのっちらしい。
かわいい少女彩乃ちゃんが覚醒すると現れる一面、
少年漫画の主人公のように真っ直ぐな瞳のひと。

のっちの主人公イメージといえば『エレクトロ・ワールド』。

リアリティーのない世界、偽りの世界でも
進むべき道をを見失わないのだろう・・・
なぜかそんな強い存在感。

そのせいか、エレクトロワールドとDreamLandは
繋がっている世界のような気がしています。
Perfumeの作り出す架空の空間。

Perfume electro word

近未来って仮想空間のことなのかもしれない。
だとしたら意外とすぐ隣にある。

エレクトロワールドは消えてしまったけれど
Perfumeという残り香が再びカタチを取り戻した。
そして近未来が再構築される。


131202.png

振り返るといるよ。

助けて、のっち


Perfume のDVD『World Tour 1st』などなど

Posted by minotti on   2 comments   0 trackback


最近、PerfumeのDVDを色々見ました^^
お休みを利用してじっくりとPerfume WORLDに浸る。

ちょっと昔のものから、PTA DVD、最新WT 1stまで。
2日間で集中して!

見てる間は本当にキモい人。

LIVEのopeningでドキドキ(←もう何度も見ているのに。)
3人が出てきて歓喜(("▽")) (←もう何度も見ているのに!)
・・・この辺りまではまだ良いのですが、

曲が始まってからは、テレビに穴を開ける勢いでかじりつき。
細部まで気を抜かないダンス、を一瞬たりとも見逃すまい!
と集中力MAXで挑みます。

もちろんMCでは、満面の笑顔にノックアウト。
なんでこんなにかわいいの〜〜〜!!!と机をばしばし、
そして毎度ながら涙を浮かべるメンバーの姿にもらい泣き。

ひたすらこれを繰り返すので結構消耗します。
体力、気力ともに…^^;
その分、充電もされますが。

我が事ながら、結構暑苦しいな〜なんて思ったりします。



今回のDVDは時系列で鑑賞したので、ラストはもちろんWT 1st。
曲の構成が過去〜2012年と幅広い。

『コンピューターシティ』『エレクトロワールド』そして『edge』
この辺りの曲、なぜか涙なしには見られないんですよね。
Perfumeファンになったのは、ここ2年くらいの出来事なので
映像でしか見たことがないはずなのに。

『コンピューターシティ』『エレクトロワールド』
その歌詞に崖っぷちだった頃の不安な気持ちを重ねてみたり、
「初めて自分たちの曲を好きになれた」という台詞を思い出したり、
Perfumeの生い立ちみたいなものを感じるから。
なんですが。

『edge』の場合はまたちょっと違って。
ずっと直角二等辺三角形tour『edge』が最高で
完成されてしまったから、あれ以上はない…そう思ってたんです。
だから、もうやることはないだろうし、
一生で一度は見てみたい反面、もしかしたら
直角を越えられないんじゃないか、
がっかりしちゃうんじゃないか、なんて心配もあった。

で、それをあっさり覆されたのがWT 1st。
演出?いや、演出がいいからじゃない。
Perfumeの存在感とダンスがあるからなんだ。
そう言い切れるくらいの圧倒的な何かがありました。

Perfumeはあの日からずっと進み続けている。
そのことに心を鷲掴みにされました。

あれ以上はない…なんて思った私が浅はかだった。


---------- ---------- ---------- ---------- ----------

そういえば、global siteが新しくなっています。
のっちblogも更新。
今回は色々書いてくれたのっち。ありがとう^^

global siteのシルエット、
マウス操作で近寄ったり、見る角度を変えたりできました。
3Dスキャナーすごいです。どの角度もぬかりなし!
三人のおみ足の形もよく分かります。
http://wt2.perfume-global.com/
後ろからのシルエットも乙なものでした^^

MacBook Proだとすんなり見れる〜(*´∇`*)