スポンサーサイト

Posted by minotti on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume 「TV Bros.」 2014年12月20日号 

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


TV Bros.の連載"たちまち、語りんピックせん?"のSPに
同じくアミューズ所属のWEAVERさんとの対談がありました。

テーマは「三人でいるということ」。

WEAVERさん、BBQinつま恋でライブを見たことがあります。
ギターを背負ってピアノを弾いたり、弾きながら歌ったりと
三人男子でピアノを中心にしたバンドという異色なグループ。
曲&人柄ともに見た目の通りおっとり優しい感じでした^^

同じ事務所ということで、対談の文章から親しい空気が感じられます。
年齢も同じなんですね(*´∇`*)

ただ、Perfumeの方が活動開始も早く
両グループの出会いが2009年末のCOUNT DOWN JAPANということで
WEAVERさんからすると「大先輩」という感じだったみたいです。
そりゃ緊張しますよねぇ^^;

驚いたのはメンバーの河邉さんが高1のときに
『モノクローム・エフェクト』を知っていたということ!

Perfume+MONOCHROME+Effect.jpg
(2004年か。10年前ですが、なぜか時代を感じます。)

ブラウン管越しの出会いから5年後に同じ事務所で活動するわけだから
WEAVERさんもすごいです・・・

またWEAVERさんは、
『Baby cruising Love』『シークレットシークレット』
をライブ入場前のBGMで流していたとのこと^^縁ですねー。


その後、トークはピアノの話へ。これが面白かったです!!!
Perfumeは3人ともピアノを習っていたようですが・・・

あ〜ちゃん
・期間は、幼稚園年長〜中1。デビューを機にやめた。
・レッスン日は木曜日
・幼稚園の先生になりたくて習っていた。
・「ピアノの先生は苦手」だった。

のっち
・期間は、幼稚園〜小5。アクターズ入学を機にやめた。
・レッスン日は木曜日。「木曜日大っ嫌いだったー。
・「親が頑張って買ってくれたピアノだったので。
  一生続ける約束を親としたんですけど、アクターズ通うことに
  なったから"アクターズは頑張って続けるんで、
  ピアノやめさせてください"って(笑)

(これに対して
 かしゆか"お前の一生、何回あるんだ"って言われちゃうね(笑)」。
 秀逸な返しでございました。
 私なんぞは親の気持ちを汲んでいるのっち偉い!と思ったのですが)

かしゆか
・期間は、年長さんの1年未満。「木曜日が嫌すぎて
・レッスン日は木曜日。「木曜日ほんとやだったー。
 (この嫌がり様^^;)
・「行くたびに怒られ」、「好きな曲、全然弾かせてくれなかった」。

自分も含めて、ピアノの日が嫌だった話はよく聞きますね。
私も木曜日をどう回避するかいつも考えていました。
今思うと練習しない自分が悪いのですが^^;

こういうところを見ると、
3人とも特別に集中力や継続力があったわけではなくて、普通の子という印象。
あの根性は、ASHに入り揉まれる過程で身につけたのかなと思ってしまいます。


その後、話はアクターズでの出会いやPerfumeに対する考え方へ。
この辺りは既出の内容でした。

それから、あ〜ちゃんが、WEAVERさんのMCに感動して
MCの内容を聞き取って書き出したと言う話。

こういう一途なまでにストイックなところ、あ〜ちゃんの魅力ですね。

そして、"来年のアニバーサリーイヤーをお楽しみに!"ということで
ネタバレという程ではありませんが2015年の予告がありました。


「僕ら、Perfumeのライブが一番くやしく思うライブなんですよ。」
by WEAVER 河邉さん


今回の対談で一番しびれたことばです。

私はファンの目線でしかPerfumeを見ることが出来ないので
贔屓目もあるかもしれませんが、

Perfumeのライブはじわじわと楽しくなるというよりも
一瞬で引き込まれる感覚に近いように感じています。

MCの軽妙さ、楽曲の良さ、ダンスの素晴らしさなど
要因は色々と考えられます。

でも、それらだけでは説明のしようがない部分も多いのです。

彼女達の感覚が生み出す特有の"引力"、
私はその存在を思わずにはいられません。


スポンサーサイト

Perfume TV Bros.2014年10/11号を読んで

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


実はこの記事、昨夜書いたのですが
うっかり誤って削除してしまったのです^^;
ということで、リベンジ!



TV Bros.2014年10/11号はお読みになられましたか?
ぐるんぐるんツアーを終えた三人の思いが、
手書きで綴られていましたね。

何度も登場する"10年"の文字。
そして、三人に共通しているのは、
「10年前にはこんな日がくるなんて想像できなかった」という気持ちです。

彼女達にとってこの10年が一体どのようなものであったか。
それを感じずにはいられません。

そして、ぐるんぐるんツアーについて改めて考えてしまいます。

"昔の曲を沢山歌って、歴史を感じて、何度も初心に返って。
今の私に必要なツアーだったなと"

こちらはのっちのお言葉です。

ファンからの要望もあったかもしれませんが、
ぐるんぐるんツアーでは、昔の曲
それもあまりメジャーではない曲を多く取り入れていました。

曲を披露する時に感じることは、時とともに変化するかもしれません。
でも、そのとき感じたことはなかなか忘れないもの。

昔の曲を歌うPerfumeは、今を噛み締めながら
ささやかな思い出を一つ一つ大切に取り出していたのかなと
今更ながら気づいたのです。

舞台に立つ彼女達の心の中で、
メジャーデビューしたあの日からの思い出が
走馬灯のように"ぐるんぐるん"駆け巡っていたのでしょう。

そして、ツアーのオオトリは『願い』
もっさんに捧げられた一曲です。

メジャーデビューからの10年。
それは、MIKIKOさんの言葉を借りるなら
"ありがとう"の本当の意味を知っていく過程だったのですね。


Perfume ROCK IN JAPAN FES.2013ヘッドライナー

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback


2013年の夏、PerfumeRIJ2013で大トリを任された。
そのことについては、

RO69 クイックレポート
http://ro69.jp/quick/rijfes2013/detail/86272

Real Soundライヴレビュー
http://realsound.jp/2013/08/perfume.html

それから、TV Bros. 2013 vol18
そして、ROCK IN JAPAN FES. 2013特別増刊号

と色々なところで文章化されています。

フェスに出演する。舞台が段々大きくなる。時間がだんだん遅くなる。
そして大トリ。

「ついに」

こう思ったのは、実はPerfume本人達以上に
それをずっと見守ってきた大人だったのかな。

TV Bros.から拝借。

あ「自分たちは曲を作っているわけではないし、
 やっている音楽的にも本来は大トリをとる人ではないと
 思うんですよ


で、当初は『ジェニーはご機嫌ななめ』がラストの予定だったと。

あ「リハーサルしてみたら、何か違ったんだよね?
の「この曲で本当に大丈夫かな?って。

あ「最終的にフェスを仕切ってらっしゃる渋谷さん、
 山崎さんに相談したら、即答で「『DF』いいと思うよー」。


あの場を『Dream Fighter』で締めるのって、
Perfumeにしてはド直球だなと思ったのですが、
これを読んでちょっと分かったような気がしました。

あ「フェスの大トリとかは自分たちでは想像できない
 すごい偉大な舞台で。
 そこに立たせてもらえたことは自分たちのというよりは
 もっさんや石井さんの夢のひとつだったから、


あ「『ROKCIN' ON JAPAN』でいつも取材をしてくれた
 小松さんも目を真っ赤にされてて。
 今年からフェス事業部に異動されたんですけど、一番の心残りは
 Perfumeで表紙をやれなかったことと仰ってくれて。


チームPerfumeだけではなく、もっと大きな輪のなかで
Perfumeは大切にされ、愛されてきた。
あの日の『Dream Fighter』には、
Perfumeを近くから・遠くから応援してきた人達の笑顔があって
それを受け取った彼女達の気持ちが込められていたんだね。

Real Soundからの引用

アンコール最後の曲「Dream Fighter」の前に、あ〜ちゃん
(西脇綾香)はこんなことを語った。

「今のマネージャーは、私たちが売れなくてクビになって
 広島に帰る寸前に信じて繋ぎとめてくれた人で、
 そのマネージャーと一緒にここに来れて嬉しいです。
 誰よりもイモっ子だった私たちがこんなところまで来れる
 という曲をやります」



個人的には『Dream Fighter』はいい曲だけれど、
あのやるせない現実感とあんた今のままで良いの?と
こっちを見る真顔のヤスタカがたまにちらついて
酔いしれることができない難曲だなと思っているのですが。。。

でも、自分でもひどいことだと思いつつも
Perfumeにはあの歌詞を託したいのかもしれない。

『Dream Fighter』を歌うときのPerfumeは
そんな誰がしかから託された夢を
希望とか勇気みたいなものに変えて、私たちに届けてくれるから。

ただ、Perfumeをずっと守って育ててきてくれた人たち
彼らがいたから
今、幸せで愛されるグループとしてのPerfumeがある。

あ「そこまで大事に思ってもらえるようなアーティストに
 なれてたのも嬉しいし。だからこそ、私たちというよりは
 係ってくださっている皆さんに観てほしい夢だったなと思って。


彼女達があのステージに立つことを夢みていた人達。
係る人を幸せな気持ちにしてくれるPerfumeが経験した
いくつもの出会い。

ステージに立つPerfumeからは
係ってきた人達の存在が透けて見えるから。

Perfumeと彼女達を支えてきてくれた人に
ありがとう。そして、おめでとう。
そんな気持ちで拍手を送りたい。

良かったね、
Perfumeがいてくれて本当に良かった。



Perfume ×9nine @TV Bros.(2)

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

昨日に引き続きTV Bros.のことです。
内容に踏み込んでいるので
まだ読んでいない方は、ご注意願います(_ _)




◇p58〜
<ライブ前に必ずすること>
か「ライブ前に荷物片付けちゃう」
 「あらかじめ全部準備しとかないと気が済まない」

そういえば、東京ドーム公演番組のお参りのシーン、
かしゆかだけがGISHIKIの衣装を着ていて
ちょっと不思議だったんだけど、こういうことだったのかな。

か「ツアーが終わるとその勢いで食べちゃうから大変なことになる」
かしゆかは普段は3〜4食くらいなのか?
彼女の食生活は知りたいような、知ったら怖いような…(. . ;)

あ「(ライブが)終わった後「おなかしゅいた!」とか言ってるから
  ”ウソだろ?”と思って」

かしゆかの口調を真似るあ〜ちゃん
本当に普段からそんなかわいい感じの発音なのか!
この内容、刺激が強い。

あ「普段は音楽全然聴かんのよ」
ちょっと意外。でも、忙しいとそうなるものなのかも。

◇p59〜
<もしステージ本番でミスしてしまったら、どうやって助け合う?>
か「あんまり思いっきり助けはせんよね」
生番組とかLIVEでたまにミスやハプニングがあるが、
あら、やっちゃったね^^; これくらいなら何とかするじゃろ〜
そういう余裕というか、場慣れしている感はある。

の「”あ〜ちゃん、これっ、これっ”
 (親指と人差し指で作ったL字を強調)」

シンガポール公演でのハプニングにも言及していて、
「何かおかしいぞ?」と次の曲を間違えるあ〜ちゃん
必死でアピールするのっち、焦るゆかちゃん。
暗闇のなかでそんなやり取りがあったとはね(- -)!!!


その他、心に留まったこと。

p57 あ〜ちゃんとかんちゃん
Perfumeが好きすぎて、言葉につまるかんちゃん、
その気持ちを「わかるわかる。すごい観てくれとるんよね。
知っとるよ。ありがとう。」
と優しくくるんであげるあ〜ちゃん

ちゃあぽんはPerfumeを知り尽くしている。

ちゃあぽんが”かしゆか”を”ゆかちゃん”と呼んでいて
あ〜ちゃんや身近な人にはそう呼ばれているんだな、と。
なんとなくほっとした。

◇p59ありえ〜る・ろどん先生の占い
のっち:もともとの運勢が強い。
のっちらしい…ちょっと笑ってしまった。
しかもその運勢はお母さんから来ているそう。
のっちママとのっち。変わらず仲の良い親子であって欲しいな。
またおにぎり作ってあげてね、のっち


てな感じで、良いBros.でしたー。




Perfume ×9nine @TV Bros.(1)

Posted by minotti on   0 comments   0 trackback

TV Bros.の感想です(^ ^)
まだ読んでない方は、ネタばれあるのでご注意ください。





Perfume×9nine p57-59

Perfumeの連載“たちまち語リンピックせん?”に
9nineがゲストとして登場した設定ですが、
憧れの先輩をインタビューすると言った方がしっくりする。
9nineが質問したり感想を述べたりして、トークを引っ張ってます。
ただし、ちゃあぽんだけは家族目線でとても距離が近い。

◇p57〜
そんなちゃあぽんが、Perfumeを舞台上の人として
いつもとは異なって感じたのが、東京ドーム公演だったそうだ。
ち「家族以外の視点で初めて見た」
 「お姉ちゃん達の存在を大きく感じた」

いつもの舞台とは決定的に違う何かがあったのか…。
こういうところからも東京ドームの持つ特別な意味を感じる。

<3人が思うPerfumeとは?>
の「この3人、あ〜ちゃんかしゆかと私がやるのなら
 なんでもPerfumeになる」

ぶれないのっち。まっすぐな言葉。
Perfumeであることに一番幸せを感じてるのはのっちじゃなかろうか。

か「“等身大”。周りのことが変化しても常に同じでいられる」
あ「“奇跡”。運は持ってるんだよね」
自称、元雑種の二人。
のっちとは異なり他のグループとどこが違うか分析する。
こういうところに、”ほめられて成長”対”悔しさをばねに成長”
というアクターズ時代に端を発する育成され方の違いを感じてみた。

◇p58~
<ブレイクする前と後の心境の変化>
ここでPerfume号を買ってもらったときの話が出る。
それを思い出す場面がとても楽しそうで、
大きな出来事だったから今でも手に取るように思い出せるんだろう。
カタログを見て盛り上がる三人、容易に想像できるな。

<ブレイク前に心がけていたこと>
あ「マイナスなことがあっても嬉しい話だけを話して」
 「広島に帰らにゃいけん危機とかも大人たちがやんわり目の当たり
  にせんようにしてくれとったり」
 「ほんまに恵まれとった」

か「もっと人が集まってもらうにはどうしたらいいか考えて」
目の前の壁を越えようとするとき、
効率とか効果とかそういったことを議論して
それで終わってしまうことがあるけれど、
本当に必死になったらそんなことも考えずにひたすら行動する。
とりあえずやってみる。やり続けてみる。
たぶん“一生懸命”ってそういう人を言うんだろう。

Perfumeの三人がやってきたことって、どれも特別なことじゃない。
もっとささいでささやかな抵抗ばかりだ。
一つ一つを見たら「無駄だよ」と言ってもいいことばかりかもれない。

でも、そのささやかな抵抗はわずかなきっかけを掴み、
雪だるまのように次のささやかな力を呼び寄せ、
最後に奇跡を起こした。

抵抗を続けることはとても難しい。
三人の女の子に、人とは違う特別な能力があるとしたら
それはたぶん

「夢をみることを諦めない」

そういう強さだったんじゃなかろうか。
Prfm_2007bitter_3.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。